ファースト・マンの作品情報・感想・評価

上映館(5館)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

kayo

kayoの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーを見ているようでした。
すごいです。
家族の間にできた目には見えない溝のようなものが、少しずつ心を蝕んでいくようでした。
アポロ計画に没頭する様子は、使命なのか、挑戦なのか、逃げ道なのか。
ライアン、ゴズリングはなんとも言えない表情を見せてくれます。
焦るほどに失敗を繰り返すNASA。
その過程も丁寧に描かれていました。
月に到着した瞬間、なんとも言えない「静寂」の瞬間です。
そして降り立つのです。あの名言とともに。
自分もそこにいるような感覚にさせてくれます。
人類が見たことのない世界がそこにある。しかしそこは無の空間のようにも思える。
そこでフラッシュバックする家族との暖かなシーン。
ニールはあの行動をする事で、ようやく彼の中の時間が動き出したような気がしました。涙が溢れました。
帰還後の夫婦の言葉のないシーンもまた新たな愛の形を見せてくれましたね。
チャゼル監督の新作で
かなり期待して行きました

宇宙飛行士ってみんなが憧れる
夢の世界ってイメージだけどそうじゃない

宇宙の美しさよりも
不気味さや闇が伝わってくる

そして普通に酔いそうになる
お腹を空かせたまま観るべき
adm

admの感想・評価

4.2
ララランドを金ローで見て死ぬほど感動したので鑑賞。

ライアンゴズリングの顔が好きなので見に行ったのもあります。

チャゼル監督は凄まじく音にこだわる監督なんですね…全編に渡って無音、無言のシーンが多く、その分宇宙飛行の恐怖が引き立っているように感じました。

特にそれを感じたのはラスト、月に向かうシーンで失敗した場合の原稿が読まれながらアポロへと向かって行き、発射される…という一連のシーンですね。恐らく最も大きな音量が出たシーンだったのですが、そこに勇猛さは無く、ただただ宇宙の闇に圧倒されました。

人類にとっては偉大なる一歩だったのかも知れないがその実、一人の男にとっては失った者達への決着をつけただけであった…という一種の寂寥感も感じられるアポロ計画の一側面を描き切ったチャゼル監督、ゴズリングさんの無言の演技、他スタッフの技は素晴らしいものだったと思います。
9oo9le

9oo9leの感想・評価

4.0
デイミアン・チャゼル!
「セッション」「ラ・ラ・ランド」と来て、これ!

前半はめちゃめちゃ眠くなるし、ブラックアウトしてる画面が長かったり、顔のどアップばっかりでもう何が何だかわかんないんだけど、後半の展開から目が離せなくなる。

映画館、IMAXで観ることが出来て良かった。

「インセプション」のトーテムを思い出した。(褒め言葉)
reitengo

reitengoの感想・評価

3.4
途中からニール・アームストロングの歩みの再現(めちゃ忠実)映像って感じでスポーツ動画のようだった。映像も美術も美しいし演技も素晴らしい。でもそれだけ....といった感じ。着いて行けず残念。
はる

はるの感想・評価

-
喜劇感は一切なく、常に切ない感じで進んでいった
体力がちょっと必要

ライアンゴズリングの表情は流石としか言いようがない。
ノブ

ノブの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

デイミアンチャゼルだし期待していったが、全然だった
913

913の感想・評価

4.0
月に初めて行ったニールアームストロングはなんとなく聞いたことあったけど、この映画を観て改めてすごい人だなぁと思った。

どんな偉業にもかなりの努力、苦節がいるもんだねぇ。
mmk

mmkの感想・評価

3.3
記録
>|