ファースト・マンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

映画館で観たかった作品!
パイロット目線や月面着陸のシーン
やはり映画館で観たかったな〜とおもってしまった(*´Д`*)
けど、こんなに何気ない家の中がたくさん映る宇宙モノは無かったんちゃうかなー?

英雄の誕生というより
娘の死を乗り越えようとするお父さん

その姿が2時間しっかり観れました

一人になりたがる姿が他人に思えなくて

仕事に打ち込みながら家族や奥さん
そして自らに課す目標

その為にはあの一人の距離必要なんやろなーと

また娘さんが可愛くて
息子が普通過ぎて
ゴズリンパパに感情移入しっかりさせてもらいました。

けど…月はアメリカの勝ちやけど
なんでソビエトがこのアメリカから先に宇宙に行けたんやー??
やはりそこが観たい!
静かに進む映画。
宇宙に行くことの難しさ、任務をする事の難しさを物語っていてリアルさを感じた。

全編を通して緊迫した空気が漂っていてこっちまで緊張感が感じられた。

ただ、好みは別れる映画だと思う。
インターステラーやゼロ・グラビティが好きならこの作品も好きになれると思う。
shisei

shiseiの感想・評価

4.5
映像の視点、リアリズム、息苦しい映画。娘の死からの再生とも取れるけど、難しい。
感動した。
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

3.3
煌びやかな歴史的史実より、政治的な宇宙船の閉塞感、不安感。小さな窓から見えるのは、美しい地球の青さより、薄くこぼれる頼りない月光。ハッピー馬鹿野郎は宇宙へは行けない。
アポロ13みたいな感じを求めると肩透かしに合うかもしれないです。
藤さん

藤さんの感想・評価

2.6
チャゼル作のSF。
どんな内容かと思ったがまさかのアームストロングの自伝。前作の「ララランド」の様な音楽は全くなく、淡々とアポロ計画の内容が進んでいく。淡々とし過ぎて終わってしまった...
チャゼルの次作に期待かな...
TKR

TKRの感想・評価

4.0
さすがデイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングなだけあって一定以上の面白さは十分に担保されているのだけど、「なぜそれでもニールは月を目指すのか」があまり自分のなかで消化できなかったなあ。「悲しい出来事を忘れるために無心になって」ともちょっと違う感じがしたし。ただ、そういう非合理的な人間の行いってのは十分にありうると思うので、またいつか原作も読んでみようと思う。
ニール・アームストロング視点から描かれる宇宙開発、アポロ計画。


ケネディ大統領が演説のなかで、何故、我々はもっとも高い山に登るのか、何故、我々は月を目指すのかという問いに対して、困難な道だからという一つの答えを述べています。
アメリカの、人類の発展と謳う大統領とは対照的に、ニール・アームストロングが月を目指した理由は、とても個人的な悲しい理由であったことをこの映画で知りました。

人類の大きな飛躍を描いた本作は、そのテーマとはうらはらに、リアルでとても暗く、重い雰囲気が終始漂っていました。しかし、最後の月面着陸のシーンで映る月の映像は、何とも言いがたいほど美しく、本作が醸し出す暗い演出とマッチしていたように感じました。

夜空に佇む月をみあげたとき、あそこに人類が降り立ったと思うと、ロマンを感じるし、夢を感じるし、人類の科学技術の発展に誇りを感じます。
より一層、そうした感情を助長できる作品だと思います。
BANAMIYA

BANAMIYAの感想・評価

3.0
映画館で見たけどいつものようにポップコーンをむさぼるのすらはばかられるほど静かな映画。ひと息つけるシーンがほぼなく、ずっと緊張感がある。ちゃんと伝記にのっとってるぽく、映画的な脚色はあまりなかったが別に気にならなかった。