ファースト・マンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(1館)

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

ティモ

ティモの感想・評価

3.8
んー、なんだろ可もなく不可もなくって感じかな。
この世にはライアン・ゴズリングにしか演じられないキャラクターというのが居ましてね。
どらこ

どらこの感想・評価

2.9
ありのままの史実を描いているため、仕方ないんだけど普通につまらない。

当たり前だけど実際の映像見た方が断然感動できる。



あれだけの犠牲と思考、実行力があったからこそ、人類は大きな一歩を踏み出すことができた。

そういう意味では、月に行く上でのバックグラウンドを知れてよかった。

でもなんか、やっぱ映画としては微妙。
かなり退屈だったし。

月に到達するまでの過程をよく描いたのは良いものの、
帰還するまでの描写がほとんどないのは凄く雑だと思った。

実際、到達と帰還は同レベルで高難度なので、そこを省くのはどうかと思った。


ここでもソ連とアメリカが水面下で争っており、どっちが先に月に到達するかを競っていたみたい。
やはり「人類初の月に降り立った国」というのは未来永劫語り継がれるものだし、
世界中にその国の権威を示す事ができるからなんだろうね。

月に降り立つ事が、それくらい意義のある成果なのでしょう。

しかしまぁ、アメリカももっとゆっくり開発・テストしていれば、
あそこまでの死者を出す事はなかったのであろう。あんなに間抜けな事故も起きなかったはず。

まぁソ連が焦らせたから仕方ない感はあるけれど。


月に降り立った時、あの無音状態が凄く臨場感あった。
神秘的だった。


「一時的に通信を切った理由」と、アームストロング博士が目視した「未確認飛行物体」についての都市伝説が一切触れられていないのが個人的に残念だった。
おもしろくない
Nana

Nanaの感想・評価

3.0
「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督という事もあり、気になって何も知識のないまま鑑賞。
月面着陸に成功するまで、数多くの犠牲者を出しながらも、同僚の死や、訓練を乗り越え最も危険なミッションに挑む。

当時は今と比べて制能も良くなく、今で言うiphone7の何万分の一だったかな。それか何十万分の一(あまり覚えてない…笑、映画館に置いてあるfreeの冊子で見た)そのくらいの制能しかない時代。
そりゃそうだよね。犠牲者も出る。
月面着陸がどれだけ危険で、どれだけ凄いことなのか。

月面に降り立つシーン、無音、見る側まで息を飲みます。緊張感と圧迫感と、何ていうか複雑な気持ち。
もう少し勉強してから見たら、また違った見方が出来たんじゃないかな。と思う作品でした。
鴨狩

鴨狩の感想・評価

3.8
人類初の月面着陸に至るまでの、宇宙飛行士の葛藤を描いた作品。
シリアスな展開が、より描写をリアルに感じました😊
様々な問題を抱え、且つ国を抱え、家族を抱え…。実際、そういう境遇の中やり遂げた事を考えると想像を絶します😣😣😣

感情移入でき、考えさせられる。
そんな映画が好きな私は、とても楽しめました😌
シリアス展開8割程の映画なので、
ゆっくり時間があり心に余裕がある時に鑑賞する事をオススメします😎

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観れば良かった・・
小さいテレビ画面では、世界観に没入できず、なんとも退屈に感じ、正当な評価がくだせず・・
娘の名前の入ったブレスレットを月に置いてったの、本当の話なら1点プラスしちゃうけど、迷宮入りかな。
ゼログラビティでも感じたけど、やっぱ宇宙怖いわ。宇宙飛行士になりたいって子どもがこれ観たら、やめよってなるレベルの過酷さでしょ。
jumo

jumoの感想・評価

3.6
無音も含めて音にこだわっているのが伝わってきた
あと失敗してた時はめちゃめちゃ批判してたのに、月面着陸した瞬間に熱狂してるの人間らしくていいよなあ

子供の頃に車の中やホームセンターにいるのがすごく苦痛で、きっと無機質で飾り気のない空間に居続けるのが苦手だったのだけども、この映画を見ている間そういう逃げ出したいような気持ちがずっとしてて、ジェミニやアポロの緊迫した空気や狭さが怖かった〜
MK

MKの感想・評価

3.9
Memory

アポロ11号
世界初の月面着陸
宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生をライアン・ゴズリングが演じている。

死と常に隣り合わせという緊張感が漂う。

月面に行くまでの、男の想いを描いたヒューマンドラマ。

誰も成し遂げてなかった月面に行くって、どれだけ怖いことなのか、本当に偉大な事を成し遂げたんだなと感じる。


『宇宙』『地球』『生と死』『父』『母』
『緊迫』『孤独』『喪失感』『疑』『答』
『轟音』『静寂』『有と無』『静』『動』
『勤勉』『仲間』『ロマン』『涙』『月』

『宇宙飛行士』『宇宙飛行士の妻』『役』
『ブレスレット』『数字』『振動』『男』
『決意』『転機』『覚悟』『仲間』『息』
『偉業』『歴史』『未知』『月面着陸』

『行く人』『待つ人』『信じる人』
『壮大なスケール』『ミュージック』
『無重力』『無力』『冷静』『美』『美』


『解放』


笑顔が恋しくなる



成し遂げる前にどれだけの犠牲があったのか。
成し遂げるために、どれだけの犠牲を払ったのか。

なぜ、
彼は『死』と隣合わせの事業にのめり込んでいたのか。

何を求めていたのか
何を見たかったのか


とても感慨深い作品。

頑張ろう。


ライアン・ゴズリングはかっこいい
えー好き
しんどいからあんま繰り返し観られなそうだけど