ファースト・マンの作品情報・感想・評価

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

GinziStars

GinziStarsの感想・評価

3.2
機内鑑賞。
殆ど見た事ないけど、今まで数々取り上げられた「アポロ11号」関連映画。違うのは、実際にアポロに乗る前までがメインである事(らしい)。SFあまり見ないのでよく分からない…
前記の通りなので、この映画はジャンルとしてSFでは無い。
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
ライアン・ゴズリングが主演と聞いて映画館で鑑賞。憂いのある表情や演技際立ってて好きだった。

起承転結あるわけではないしハラハラはしないけど、アームストロング船長やその周りの沢山の方の努力やストーリーがあってアポロの月面着陸があるんだなあと思った。
なかなかあんなすごいニュースの裏にどんなことがあったかというところまでは分からないので色々知れて、考えられてよかった。
リタ

リタの感想・評価

3.8
アポロ計画の成功以降、
20世紀のアメリカの子供達にとって
宇宙飛行士はヒーローそのものだったが

21世紀になって撮られたこの映画を見ていて、
そんなヒーロー達の「本当のところ」に
はっとさせられた。
輝かしいばかりじゃないよな。

仲間が次々死んで、自身も訓練で危険な目に遭って
それでも国のためにって気持ちもあるだろうに
批判にすら晒されて、ギリギリだよね。
でも自分のことだけじゃなくて家族も護らなきゃだし…


ゼロ・グラビティ見た時衝撃だったんだけど
最近の宇宙映画ってリアル怖い切り口が上手いね。
この映画も息苦しい。
グラグラしたカメラワークに冷や汗かきながら見たよ
アポロ13とかのファミリー映画と違うんだな。


最初からずっと辛さが伝わってきたし、
ラストシーンも好き。

でもな…奥さんもギリギリなのわかるけど
あそこまでライアン・ゴズリング怒鳴り倒して
お別れしなくても。。怖かったよぅ。


というかあんなに手動で操作してたんだね。
飛行士が現地でするのは緊急時の機内管理くらいで
他は殆どオートか
ヒューストンがやってくれるとと思い込んでた!
すご!
candy

candyの感想・評価

4.5
映画館で観たかったな

何となく 断片的に 何処かで 観た事あるような映像 と 情報
の中での
人間 アームストロング氏


私にとって月 は 寂しさの象徴
見ると寂しくなる と お月様嫌いだった
違う
夜 闇 私の気持ちが寂しいから

月も地球も 私達も 奇跡 の産物

映画だからこそ アームストロング氏が見た踏んだ月を共有できた素晴らしさ

あの静寂な
荘厳な
ワンショット



お月様に 資源無くてよかったよね

大丈夫
今は 月礼拝 大好き
dg4

dg4の感想・評価

3.3
アームストロングの自伝的な。
歴史とか経緯を映画で学ぶシリーズ。


コロンブスは母船から離れて
小型船で上陸した…

確かに、今は当たり前だけど
母船から離れて
月に着陸して
また土台を残して月から出発、母船へのドッキング

って、工程多いからリスク高くなるし、
遠回りって判断されてもおかしくない…
豆晴

豆晴の感想・評価

4.1
テルミンって音そのものもだが
その名の響きだけでかわい💠
テールミン♪なんって♪

宇宙と小さな小さなコクピット

アラート音と無音

偉業を成し遂げた真面目なひとを真面目に描いていて評価が低いのですがわたしは寧ろ好感を持ちました。

スミスの回転計と速度計を車に付けていたので計器のブレブレにはお互い様ですねと肝を冷やされました。
挑戦と栄光の華々しいサクセスストーリーではないのはいいが、家族の死、仲間の死、孤独、葛藤と重かった。
アカデミー視覚効果賞もあまり感じられなかった。
十一

十一の感想・評価

3.5
神格化された月面着陸の偉業の変奏。先駆者の孤独を含め、テーマとしての目新しさはない。繰り返しこの出来事を反芻せざるをえないのは、それに匹敵するわかりやすい成功のイコンをアメリカが持ち得ていないという反証でもある。もしくは、現在進行形のITの成長は、格差と新たな管理社会出現への不安とセットになっているので、何の憂いもなく語ることができないのかもしれない。とはいえ、ラストシーンの最新技術で描かれた月面着陸の再現は素晴らしく、自分自身を超えた偉大な使命に殉じ、未踏の大地に一歩を記すことがどういうことなのか、十分な説得力のある絵面ではあった。
まきこ

まきこの感想・評価

3.0
うーーん、長い。

これは映画館で見るべき映画だったんだろうなあ。



2019年 114本目
naonaohr

naonaohrの感想・評価

3.8
題材はキャッチーだけど映画は地味なくらい。
極端なクローズアップの多用で窮屈な感じ、閉塞感がある。
>|