ファースト・マンの作品情報・感想・評価

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

Ryo

Ryoの感想・評価

3.8
人類史上、初めて月に降りたニール・アームストロングのロマンある映画。

セッション、ラ・ラ・ランドどきて今作はあんまり衝撃とか新しい要素なかった。でも手堅く面白い作品。

初期のロケットのネジむき出し仕様が怖すぎる。そしてやっぱり月に降り立った直後の名言はアツい。
tsugu

tsuguの感想・評価

3.8
映像が主人公目線な感じで
宇宙のとことか酔った。
けどリアルに体験できて入り込む

あんまセリフとかはなく
表情と空気とで
緊迫感を感じる作品でした。
えーこ

えーこの感想・評価

3.8
『ラ・ラ・ランド』の主演&監督コンビふたたび♪
人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール·アームストロングの半生を描く伝記映画。

どんなときも動じず、冷静沈着、
寡黙であまり感情を露にしないニールを
ゴズリングが抑えた演技で見せる。
宇宙飛行士としての非日常、
父として夫としての日常を織り交ぜ、
一人の男としての彼を露にする。
お星さまとなった娘を想い、
より宇宙に想いを馳せ、
彼は死を恐れることなく、
むしろ死に取り憑かれていく…

これはやっぱり映画館で観るべきだったなー
コクピットの閉塞感ったら、、
宇宙飛行士擬似体験!?
ガタガタグルグル気持ち悪っ(笑)
垣間見る大気圏の青さ、
月の暗闇と静寂に息をのむ。
彼方に地球が輝いている。

「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」
あまりにも有名なニールの言葉。
この偉業の裏には、愛娘を亡くした絶望から一歩前に踏み出した彼自身の飛躍があった。
死に行くもの、生かされるもの、
生かされたからには生きなければと、
そんな使命感を感じたのではないだろうか。
彼の魂もようやく今、家族のもとへ帰還した。
なーち

なーちの感想・評価

3.4
んー、宇宙もののノンフィクションを描いたものはあんましやなって実感した作品。なんとなく宇宙ものってハプニングありきの話っていう印象があって、今回みたいなノンフィクションやと驚くような展開が少なく物足りなさを感じてしまった。あと人類としての大きな1歩として歴史の勉強では欠かせない内容だし、忠実に描かれてるのはよかったけど、あまりにも主人公が何を考えているのかが分からない点は少し難しかったなあ。
はいじ

はいじの感想・評価

2.8
途中で寝ちゃった
何の為に月に行くの?
Meeny

Meenyの感想・評価

3.6
初めて「好み」ではなく「監督が誰か」と言う選び方で見た映画だったけど前作までの雰囲気とは大きく変わってシリアスなシーンもたくさんあって楽しいばっかりの映画ではなかった。
当時の宇宙開発はまだまだわかっていないことが多い中、有人の月面探査と言うのはやはり一筋縄では行かなかったんだなぁと言うことが勉強になった。
自分が見たかった前作までの雰囲気も少しあって宇宙を背景に船内でジャズが流れたシーンは本当にオシャレで大好きだった。
着陸の瞬間は本当に感動的でかのアームストロングの名言であったり足をつける瞬間の映像を当時の本物の映像を引用してたりして楽しめた。

それとライアン本当に演技上手かった、今回で結構好きになった。
専門用語バリバリ、日本語字幕監修は毛利さんでした
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
ライアン・ゴズリングが主演と聞いて映画館で鑑賞。憂いのある表情や演技際立ってて好きだった。

起承転結あるわけではないしハラハラはしないけど、アームストロング船長やその周りの沢山の方の努力やストーリーがあってアポロの月面着陸があるんだなあと思った。
なかなかあんなすごいニュースの裏にどんなことがあったかというところまでは分からないので色々知れて、考えられてよかった。
リタ

リタの感想・評価

3.8
アポロ計画の成功以降、
20世紀のアメリカの子供達にとって
宇宙飛行士はヒーローそのものだったが

21世紀になって撮られたこの映画を見ていて、
そんなヒーロー達の「本当のところ」に
はっとさせられた。
輝かしいばかりじゃないよな。

仲間が次々死んで、自身も訓練で危険な目に遭って
それでも国のためにって気持ちもあるだろうに
批判にすら晒されて、ギリギリだよね。
でも自分のことだけじゃなくて家族も護らなきゃだし…


ゼロ・グラビティ見た時衝撃だったんだけど
最近の宇宙映画ってリアル怖い切り口が上手いね。
この映画も息苦しい。
グラグラしたカメラワークに冷や汗かきながら見たよ
アポロ13とかのファミリー映画と違うんだな。


最初からずっと辛さが伝わってきたし、
ラストシーンも好き。

でもな…奥さんもギリギリなのわかるけど
あそこまでライアン・ゴズリング怒鳴り倒して
お別れしなくても。。怖かったよぅ。


というかあんなに手動で操作してたんだね。
飛行士が現地でするのは緊急時の機内管理くらいで
他は殆どオートか
ヒューストンがやってくれると思い込んでた!
すご!
>|