ロスト・マネー 偽りの報酬の作品情報・感想・評価 - 11ページ目

「ロスト・マネー 偽りの報酬」に投稿された感想・評価

うーむ、The会話劇過ぎて英語だけだと理解出来んかった。また日本公開されてタイミングあえばまた観たい。
2019/1/23 GSC Cinemas Pavilion KL,Malaysiaにて鑑賞
sukekiyov

sukekiyovの感想・評価

3.9
偏執的なカメラワークや構図で、丹念な状況&心理描写を積み重ねたがゆえのカタルシス。
主演の4人も、脇の名優たちも、キャストもまた素晴らしい。
翔一

翔一の感想・評価

4.7
オーシャンズ8みたいのを想像してたんですが、いい意味で裏切られました。詳しくは書けないですがこのロジックを考えた監督にビガップ
まじでこのラストは予想できないと思う。

ちょくちょく笑えるシーンもあってバランスのとれた良作です。是非見て欲しいです。

例の如く邦題がダサい
MN88

MN88の感想・評価

-
記録用。
2019年8本目。
ストーリーが複雑。画面が暗いから尚更難しい感じがした。
1回観ただけでは???って感じになる。
観ている最中いろんな場面で「知らぬが仏」のことわざが浮かんだ。
女の人がみんなタフで素敵だった。

コリンファレルの眉毛の強さと、デビッキさんの白さと長さがすごかった。綺麗だったな〜
ポイント
・特になし

これは2018年観た中で最悪だったかな。ストーリーもガタガタで演技もわざとらしい。時々入るギャグも寒すぎて観てられない。

この映画、世間の評価は割と高いんだけど、その理由って、監督が黒人、キャストがほぼ女性と黒人だからだと思う。

今はリベラルな時代だし、マイノリティと女性のパワーの台頭ってのは間違いなく描く価値のあるテーマだと思うけど、単に黒人と女性たくさん出せばそれだけで優れた作品になるわけではない。

個人的には、黒人にも女性にも失礼な酷い作品だと思った。
Production Designer: Adam Stockhausen ウェスアンダーソン作品で有名な美術監督。というのも納得!な色使いの美しさ。
ヴィオラの家は白基調に青、紫をポイントで、アジトでは緑、青にポイントで黄色など。とにかく主人公ヴィオラの肌の色が映えまくって美しいし、彼女の力強さと優雅さと格調高さが見事に表現されていた。
あえて他の登場人物の周りは色味を抑え気味に表現しているので彼女のリーダーっぷりがピリピリするほど伝わってきます。

正直、お話は解せないところが多くて今ひとつですが、役者陣全員かっこよすぎでした。
Maiko

Maikoの感想・評価

4.0
(2018/11/7 アイルランドにて鑑賞)
クライムサスペンスものとして完成度が高い。
二転三転する展開に驚き、話が進むにつれて緊迫感が高まってきた。
終盤の強盗シーンは特に見応えがあった。
ヴィオラ・デイヴィスを始めキャストによるアンサンブル演技も見事だった‼️
いろんなサイトで結構評価いいのですが、私的にはそれほど。
どの辺がそんなに高ポイントだったんだろう。
ビンタにビンタで返すシーンはすごく良かったです。隣に座っていたおじいさんはこのシーンで「ヒュー」って小さく口笛を吹いていてそれも併せてすごくよかった。ああいうのをもっとみたかったです。
実行までが長い割にストーリー的にそれほど特筆すべきところもなく。
犯罪と無縁の『未亡人たち』なので、ちょっとずつトレーニングして重いもの運べるようになったわけで。そういう、彼女たちの肉体的な準備の過程をもっとみたかったです。
キャラクターも、ミシェルロドリゲスにはありえないくらいの強女性キャラを期待してしまうのでちょっと肩透かし。
主人公の女性もお金のあっていい家でいい服をきていい暮らしをしているからなのか割と偉そうに分担割り振りしたりて頭脳派っぽい立ち位置なものの、けっこういい体格していてかなり強そうなので、肉体派の担当になったらいいのにとか思ってしまったりアンバランス。
ミシェルロドリゲスしかり、主演の方しかり配役がぴったりはまってる感じじゃないかなぁ。
そいういう点ではベル役の方は特技を生かした感じでかなりよかったです。
男性陣ではダニエル・カルーヤの冷酷な演技がすごくよかったです。
とても怖い。彼が出てくるシーン全部何か恐ろしいことがこれから起こるのでは...って不安な気持ちになる。結局起こらなくてもひやひやしてとても精神疲れる...すごかったです。
カメラワーク結構独特な監督ですね。
「あー、今カメラ動いてる~」「はい、こっちからこっちに視線動かしたいんですね〜」って気になってしまって私は苦手。
あとは邦題が酷い。『妻たちの落とし前』って。内容は妻たちの落とし前ではなかったですよ。
原題直訳の未亡人たちで充分かっこいい気がします。
英語タイトルって英単語覚えるいい機会なので、こういう変な改題はいただけない。
日英両字幕ともなし。
(2018/12/10 映画館で。AMC Theatres)
井D

井Dの感想・評価

3.5
全く期待しないで鑑賞したからか、意外に楽しめた。ある事件で未亡人になった4人の女性。この事件の主犯である旦那チームのとばっちりを受けてピンチから起死回生を目論むお話。

白人の女性だけ超モデル体質で目が慣れなかった 笑
ロンドンの映画館で鑑賞。疲れていて、部分部分しか覚えていないのですが、かなり変わってる…🙁