恋とさよならとハワイの作品情報・感想・評価

恋とさよならとハワイ2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

「恋とさよならとハワイ」に投稿された感想・評価

2000レビューにはずっと観たかった今作を監督と主演女優の舞台挨拶(座談会)付きで❗️

とにかくもう大好物な作品でした!
「あ〜、こういうのあるなぁ」って。
恋愛の気まずさとか。
素直になれないとか。
相手も同じ気持ちのはずとか。
別れても同棲する二人…実はその方がバランスが良かったりする。

元カレのために料理を用意していたリンコが、「付き合うかも…」って告白されるシーンが、凄く本音の表情とか出ていて好きなシーンです。
もっとたくさん素敵なシーンはあるんですが、なかなか書ききれません。
YeYeが歌う曲もしっとりして良し!👍

まつむらしんご監督も綾乃彩さんも素敵な方で、写真やサインにも快く受けてくださりました!
しかも司会をしていた西尾監督って『函館珈琲』の監督さんではないですか!!

大好きな作品が一つ増えました!

※大阪では12月29日まで上映のようです!
機会がありましたらぜひ!
切身

切身の感想・評価

3.9
一歩ちがければ自分もこうなっていたかもしれないなぁ〜。としみじみ。
この、ふわふわした感じというか、どっちつかずのまま丁度いい関係でいるのってすごく気持ちいいけど、必ず終わりが来るものね。
04lsを思い出す。
zak

zakの感想・評価

3.6
ポンピングブレーキ久々に聞いたわ〜。
というどうでもいい話は置いといて…幾度となくレビューに書いてきましたが、ハワイめっちゃ好きなんですよ!!

なので、今作も完全ノーマークだったんですけど、偶然TSUTAYAで見つけてタイトルにハワイって入ってるし内容知らんけど借りて観ました。

かいつまんで言うと、3年間同棲していたカップルが、別れた後も一緒に暮らしている話なんですけど、とにかくユル〜い作品でした。

失礼ながら出演している役者陣誰1人存じ上げなかったのですが、とにかくどこにでも居そうなフツーの人々なんですよ。
なので至って自然体な演技。嫌いじゃなかったですね。

失ってから気付く大切なモノ…みたいなニュアンスかな?と思っていたんですけど、どちらかと言うと、自分の気持ちに素直に生きる!みたいなニュアンスかもしれない映画です。(分かりづらいかσ(^_^;))

まあそれはそうとして…

ハワイどうなっとんじゃ〜!
それを楽しみに観たのにどうなっとんじゃ〜!
オマケに最後カレー食わしたらんか〜い!

怒りがこみ上げてきたのでw、この辺で失礼します。m(_ _)m
aibaba

aibabaの感想・評価

3.2
もっと若い頃に観れたら高く評価できたかもしれない。

"ハワイ"というワードが結婚(式)の象徴としてあり、そこから派生してフラダンスを練習する場面が所々あるのだけれど、その場面から社会人になった20代のぼんやりとした不安や、OLのだらだらと会話している姿をコミカルに表現したかったという意図を感じ取ってしまい、なんか嫌だった。もう少し自然に入れて欲しかった。

中盤まで退屈だったんだけど、CDプレーヤーの例えがなんかしっくりきてわかりやすくて良かった。ハードを変えるとソフトも変えないと使い物にならなくなってしまうんだよな。

こういう関係って個人的には理想だなぁと思うが、ジレンマも起きてしまう。恋人ではないのだから。

綾乃彩さんの笑っているけれどちょっと残念な姿がリアルで、とても良い演技でした。あっさりした終わり方好きです。
mami

mamiの感想・評価

3.8
じんわり面白い
夏子

夏子の感想・評価

3.8
なんか他人事と思えなかった
こういう状況になったことないけど、いつかなりそうで
口喧嘩して夜一人で家を出るとこ、足元からちりちりと細くちぢれていくような感覚になってしまった
エンドロール前ものすごいナチュラルだけど悲しい
YeYeの歌から知った映画だから、やっぱり歌がいいな
もやし

もやしの感想・評価

5.0
めっちゃ好きなやつや!

現代の20代のリアル。
リア充って感じだなあ…笑 でも当たり前だけどリア充だって何だって皆悩んでるんだ。

台詞が自然すぎて登場人物の実在感があります。


別れた後もズルズル同棲を続ける男女。でもそれが何故だか心地よい。むしろ前より良い関係。
なんてことを思っていたら彼に新たな恋人候補が! 途端に一気に感情が噴き出してくる。


主人公の男女が良かったな。どこにでもいそうなんだけど魅力的だった。
台詞や表情の端々に長く同棲してるのが伝わってくる慣れ感みたいのがすごい。そして何で別れることになったかもわかってしまう感じで、恋愛の幻想はもはやどこにもない笑
でもまだ好きなんだよな。
男女の複雑な感情。


でも重い話には全然ならず、とても心地の良い映画です。穏やか。でも散漫なシーンはなく面白い。音楽もちゃんとあって映像も綺麗で、ミニシアター感はあまりない。



友人とかも良い人ばっかだったな。



私がCDだとすると、彼はCDプレイヤーで、私ってこんな音楽を奏でられるんだという発見があって幸せだった。
でも常に時は過ぎていく。気付いたら彼がiPodになっているかもしれない。
一緒に進化していかないと駄目なんだなあ。

というような台詞が妙に印象に残りました。
rimi

rimiの感想・評価

3.5
冒頭から微笑ましい二人。
主演のふたりのゆるくて、素朴な感じが心地よかった。
綾乃彩さんのつぶらな目が可愛かった。
お互いに好きでもうまくいかないこともある。
楽しかった日々を嚙みしめるように、今まで撮りためてた写真たちを消す作業は、これからの自分のためでもあるけど、とても切ない。
あのときはお互いの存在が必要だと信じて疑わなかったのに、どうしてこうなってしまったのかなーとか、
淡い期待を抱いたままうやむやに過ごす日々も、
それとは逆に、さよならに向けてダメージ最小限にするためにポンピングブレーキみたいに徐々に慣らそうとする気持ちも、
わかるなぁ〜と思いつつ鑑賞。
yeyeの音楽も良かった。
けど、サヨナラCOLOR聴きたくなった。
いぬ

いぬの感想・評価

4.0
田村健太郎さんが好きなので観た
みんなの言う邦画の良さというものにいまいちピンときてなかったけど、この映画は邦画の良さがある映画だったと思う
杉11号

杉11号の感想・評価

3.9
思い出す恋がある。

ありがとうで終わる恋もある。

さよならって

yeyeの歌声、音楽が好きです。
>|