恋とさよならとハワイの作品情報・感想・評価

恋とさよならとハワイ2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

リンコには三年間同棲している、大学院生のイサムという恋人がいる。だが、二人の関係はすでに良好とは言えず、ついに別れることになり、それぞれ新しい生活をおくる決意をした。はずだった…。別れを決意してからの「友達以上恋人未満」の気楽な関係は、リンコにとって想像以上に心地良く、一時期の不仲が嘘のように二人の仲は回復していった。そして生活の変化はダラダラと保留されたまま、同棲生活はいまだに続いていた。そん…

リンコには三年間同棲している、大学院生のイサムという恋人がいる。だが、二人の関係はすでに良好とは言えず、ついに別れることになり、それぞれ新しい生活をおくる決意をした。はずだった…。別れを決意してからの「友達以上恋人未満」の気楽な関係は、リンコにとって想像以上に心地良く、一時期の不仲が嘘のように二人の仲は回復していった。そして生活の変化はダラダラと保留されたまま、同棲生活はいまだに続いていた。そんな日々の中で、リンコは自分の中にまだイサムの事を「好き」という気持ちが残っている事に気付いてしまう。だがそんな矢先、イサムが後輩の女の子に好意を寄せられている事が発覚する。そして、イサムもその子に気持ちが動いていると知ったリンコは、ついに決断をせまられる。

「恋とさよならとハワイ」に投稿された感想・評価

2000レビューにはずっと観たかった今作を監督と主演女優の舞台挨拶(座談会)付きで❗️

とにかくもう大好物な作品でした!
「あ〜、こういうのあるなぁ」って。
恋愛の気まずさとか。
素直になれないとか。
相手も同じ気持ちのはずとか。
別れても同棲する二人…実はその方がバランスが良かったりする。

元カレのために料理を用意していたリンコが、「付き合うかも…」って告白されるシーンが、凄く本音の表情とか出ていて好きなシーンです。
もっとたくさん素敵なシーンはあるんですが、なかなか書ききれません。
YeYeが歌う曲もしっとりして良し!👍

まつむらしんご監督も綾乃彩さんも素敵な方で、写真やサインにも快く受けてくださりました!
しかも司会をしていた西尾監督って『函館珈琲』の監督さんではないですか!!

大好きな作品が一つ増えました!

※大阪では12月29日まで上映のようです!
機会がありましたらぜひ!
46

46の感想・評価

3.6
嫌いじゃないのにこのままじゃダメだって思うから別れたのにまだ一緒に暮らしてる それが前よりも距離感が良くてむしろ今の方が心地よい。でもなにも変わってないから、ちゃんと区切りをつける。お別れではなく、さようなら。さようならはまた会いましょうの意味だと思う。だからなんとなく悲しくはならないお話でした。イサムくんのような男の子わたしはすき
haru

haruの感想・評価

4.2
最後のゆらゆらといい、
ちょくちょく流れるYeYe。

彼女を自分に重ね合わせてしまいました。僕は未だに かもですが。

タイミング や 決断 …うん。
齋藤亮

齋藤亮の感想・評価

4.1
とても切なくて、心地よい物語。
イサムくんは本当に優しいなあと思う。
最後の競争はとてもヒリヒリしていて良いシーンだった。
poou

poouの感想・評価

3.6
きろく
こうゆうきちんとした、まともともゆえる恋愛の中の喧嘩だったりってのはなんだかちょっぴり素敵だなとか思ってしまうのだけど◎

失っちゃいけないものを自分で判別できるだけ、それはとても素晴らしいことなのだとおもう。
"進化" するにはきっと、自分自身で"決断"ってものををしなきゃいけなくって、でも全く別の道を歩むことを決めるのだけが 決断じゃないよなと、わたしは心のどこかで願うのです。

きっと彼らが結婚していたら、別れはしなかったのではないか。
喧嘩しながらも、お互いラジカセからiPodになり、カセットからデジタルになりうるのかもしれない。

全てはリズムとタイミング。ふたりも。そしてハワイも。カレーも。
まだ、食べれてないからふたりはまたいつか、出会ったりしてしまってもいいのぢゃないか。な◎

ゆるやかでちょっぴりスパイスの効いた日常が優しく心地よい◎
lucalump

lucalumpの感想・評価

3.8
よかった。なんか分かる気がする話。
asami

asamiの感想・評価

3.7
りんこにもイサムにもカスミの立場にもなったことあるからすごくよくわかる、誰も悪くない。

どんな決断をしてもいつかは先に進まないといけないもの
進む勇気を出すか出さないか。それが今かもう少し先なのかの違い
誰のせいでもなくて自分で決着をつけなきゃい。
進まなきゃ先の綺麗な景色は見えなかったし進んでしまえばどおって事ないんだよね

ロールキャベツ作ったなー。懐かしい
このままじゃダメなんだけど、
このままでも問題のない私たちのものがたり

角田光代さんの小説みたいですごく良かった。


深夜に観てたんだけどきづいたら映画終わってて。
知らない間に。
そんなかんじで知らない間に終わってた。
そんなものがたり



問題なんてなかったはずなんだけど。
最後にカレー食べたかったよね。
りさ

りさの感想・評価

3.8
ポンピングブレーキはいずれはブレーキがかかってしまう、そんな恋の話。
>|