おおみや

セザンヌと過ごした時間のおおみやのレビュー・感想・評価

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)
4.0
画家ポールセザンヌと小説家エミールゾラの、中学時代から続く友情とその破滅のドラマ

「友情は愛より難しい」というセリフがまさにこの映画
相手に共感して友情を築いても、理解できなくなってしまうこともある
歳を重ねて考えも変われば友情も変わっていくものなのかなと
自分としては交際や結婚という言葉で相手を縛れない分、友情は自由だけど不安定で難しいと感じる

・マネ
出たー!私の好きなマネです
セ「一週間手を洗ってないので握手はしませ〜ん」
とか
マ「今何作ってるの?」セ「💩じゃい」
という伝説の応酬が映像化!
ゾラは芸術家としてはマネの方にシンパシーを感じており、セザンヌとの友情はまた別物であった感じがする

・粗暴、繊細、苦悩などなど複雑な芸術家と2人の関係性を演じたWギヨームほんとにすごい!
エンディングやりんごの使い方などの素敵な演出も好きだった


以下ラストシーンのネタバレ
(史実がそうだから仕方ないけど)友情が破綻する辛い終わり…
でも人も友情も移り変わる話と取ったので
映画の終わりがちょうど2人の心が離れた時期であっただけで
もしあと100年2人が生きていたらどうか、そんなことを考えてみたり
こんな終わりでも出会えて良かった2人なんじゃないだろうか