ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

全米が感動の嵐! 異文化・宗教間のラブストーリー
 日本だったら、こんなキャッチコピーがつくのでしょうか?

パキスタン出身で駆け出し芸人クメイルと、白人のエミリーとの恋物語
 エミリーが原因不明の難病になるくだりは、先月公開のエルファニング主演の「彼女が目覚めるその日まで」を彷彿させます。 

エミリーを演じた女優ゾーイ・カザン、美人というよりはキュートという言葉がぴったり たれ目の笑顔がいいです。

ホリー・ハンターって、あの「ピアノ・レッスン」の主演女優さんなのね!
チャーミングなお母さん役が板についてました。ライブ会場での大立回りがよかった。

クメイルはイスラムをネタにした笑いを披露してましたが、結構際どい。各地でおこるテロにピリピリした世の中を、イスラム教の家庭で生まれ育った在米二世の彼がネタにしてしまう 彼をターゲットにテロがおこるんじゃないかと妄想してしまいました
min

minの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コメディアンのクメイルはパキスタン人とのお見合い結婚を望む家族に隠しながらエミリーという白人女性と付き合っている。

日々偶然を装い夕飯に女性を招き、お見合い結婚を勧める家族にエミリーのことは話せない。
それを知ったエミリーはクメイルに別れを告げる。
信仰やならわしに逆らうのは難しい…

その後エミリーが重病にかかり昏睡状態になり互いの両親や友達との関わりで考え方が少しずつ変わり…

よく見たらキャストがクメイル・ナンジアニと、、本人の話でした。
冗談が冗談にきこえないあたりも慣習の違いだったりするのかなと思ったけど、互いの心が離れる前のいいタイミングでのニューヨーク行きがよかったのかと。
すごく素敵な作品でした。
ricestar

ricestarの感想・評価

3.9
映画館で、観たかったんだけど💦いけなかったので〜TSUTAYAでレンタル〜

よかった🙆‍♂️

エンドロールの曲が、好きだわ
2018/09/25 Blu-ray
日本人好みの静かな笑いが多くてしっかり涙もあり。ひたすらISISでこすりこすられるパキスタン人のスタンダップコメディアン設定は初めてで草生え候。

実話に基づくドラマ🎞
クメイル自身の実話を、本人クメイル・ナンジアニが主演して映画化した作品だそうで😊

シカゴで舞台コメディアンをしているクメイルはパキスタン出身🇵🇰
ある日、彼は大学院生のエミリーと出会い恋に落ちますが、同郷の者としか結婚を認めないという厳格な両親には、エミリーのことを隠していた。
そのことを知ったエミリーは、クメイルと別れることを決意するのですが、その矢先、エミリーは原因不明の病のため昏睡状態に...🏥
そして、クメイルは病院でエミリーの両親と会うことになる。
最初のうちは、クメイルの存在を怪訝そうに見ていた彼女の両親も、徐々にクメイルのことを受け入れるようになるのですが...

症状の回復が見込まれない状況の彼女を目の当たりにして、クメイルは失いかけている本当の愛に気づく🤭
そして、自らの失敗談を語るエミリーの父親と心を通わせることで、それを失うことがどんなに辛いものかを悟る...😢

「一生 一緒にいたい女が誰なのかは なかなか分からないものだ。俺のようになるな」とクメイルに自らの経験を語るエミリーの父親...人生の先輩には耳を傾けるもんですね👂
そして、やはり男はバカなんだなぁ...とつくづく思う😓

また、舞台に立つクメイルに対して実際にあったのでしょうか...イスラムに対する差別的なヤジ...イスラムに対する偏見は、日本ではそんなに感じませんが、根強くあるんですね😨

キャスティングでは、エミリーの母親を演じるホリー・ハンターがいい味を出していました👍
「ピアノ・レッスン」での演技が印象的で記憶に未だ残っています🎹

これは、けっこうオススメの青春映画です👍
見始めて30分くらいは、しまった!この映画はハズレだ!!と思った。しかし、だんだんと面白くなってくるんですよ!タイトルの「big sick」、つまり大病が始まってから。
ストーリーは先の展開が予想できるものだと思う。でもでも、それでも最後には面白く後味スッキリと幸せな気持ちで鑑賞してしまった。
tori

toriの感想・評価

3.7
今年3月の公開時観れなかった映画
すっかり忘れていたがレンタル屋で見かけ反射的に手が伸びた
思えば公開から既に6ヵ月
光陰いやはや早過ぎる.....

15年以上パキスタンを離れアメリカに骨を埋める一家であれば嫁選びの掟を曲げる
彼女を本当に好きであれば強硬な母親なんか振り切れよと思うが、
我々には計り知れない宗教的、文化的しがらみがあるのだろう
ハグも出来ないらしいので、拒絶されたと勘違いしないようにしなきゃと学びがあった

一方アメリカやヨーロッパの一部での彼氏、彼女の両親とファーストネームで呼び合う友達のようなオープンさは羨ましい

気持ちをストレートに伝えられない二人にちょっとイラっ
そしてどこかで見たような安定のラストにホロリ
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

3.5
「パキスタン人の彼とアメリカ人の彼女の話」

こういう後味良い、さっぱりした、でも中身が濃い映画を真面目過ぎず、かつ面白くコメディにしてしまってるところが最高だった。大好きだった!

ゾーイかわいいし、クメイルも面白くて、ステキだったし。

文化や人種とかの問題もちゃんとしてるのに、コミカルで。

こうやって色々なこと勉強できるのも映画の特権だと思う。
Koppi

Koppiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

filmarksで評価が高い作品は大体ハズレがないからと、ツタヤでたまたま見つけて前情報一切ないまま鑑賞。

最初は何だか地味な作品だなあーなんて思ってたけど、とても深い、良作でした。まさか実話だなんて思わず、エンドロールで2人が結婚したこと、両親に祝福されていることを知って、とても暖かい気持ちになった。

自分のやりたいことをやって、好きな人と自分の意思で結婚して、そんなあたりまえがなかなかできない国や時代があることを改めて思い知らされる。もちろん、日本の現代でもありうることなんだろうけど。
>|