ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

全米が感動の嵐! 異文化・宗教間のラブストーリー
 日本だったら、こんなキャッチコピーがつくのでしょうか?

パキスタン出身で駆け出し芸人クメイルと、白人のエミリーとの恋物語
 エミリーが原因不明の難病になるくだりは、先月公開のエルファニング主演の「彼女が目覚めるその日まで」を彷彿させます。 

エミリーを演じた女優ゾーイ・カザン、美人というよりはキュートという言葉がぴったり たれ目の笑顔がいいです。

ホリー・ハンターって、あの「ピアノ・レッスン」の主演女優さんなのね!
チャーミングなお母さん役が板についてました。ライブ会場での大立回りがよかった。

クメイルはイスラムをネタにした笑いを披露してましたが、結構際どい。各地でおこるテロにピリピリした世の中を、イスラム教の家庭で生まれ育った在米二世の彼がネタにしてしまう 彼をターゲットにテロがおこるんじゃないかと妄想してしまいました
Inuko

Inukoの感想・評価

-
記録下高井戸シネマ2018.6.15
実話ということが尚良かった。
krdb

krdbの感想・評価

4.1
テーマである異教徒恋愛ものは個人的にはケンローチの「やさしくキスをして」が最上だけれども、こちらもまた違った雰囲気が感じられて非常に良かった。たしかに主人公が色々とクソなのは否定できないけど、たぶん白人に置き換えたらなんてことないのでは。「マスター・オブ・ゼロ」でもそうだったけど、インド・パキスタン系の親友は情けないデブメガネというステレオタイプが出来上がってるのかな。謎。
すず

すずの感想・評価

3.0
うーん、良い話なんだけど…

これ観たの[ワンダー 君は太陽]の前なんだけど、なんか似たものを感じる。

文化の違い、パキスタン人だから。彼女が昏睡状態になってからのパキスタン人と彼女の家族との交流が好きだったな。彼女のお母さんがライブハウスでパキスタン人にチャチャを入れた客にキレるとこが良かった。徐々に彼のことを知って受け入れる姿が「表面だけで判断しない」に重なる。

でもこの映画すっごく長く感じたなー
これは、パキスタン人のコメディアン、クメイルと白人女性のエミリーのラブコメ。
主人公はクメイル自身で、体験を元に脚本は書かれた。

パキスタンと、クメイルが住んでいる米国とはかなり文化の差異がある。故にクメイルは家族に、付き合っているエミリーを紹介できず、母親はお見合い相手をどんどん連れてくる。更にそのことがエミリーにバレてしまい2人は別れることになる。

その直後発覚したエミリーの入院。
エミリーの友人によると突然倒れたとのこと。
病名は病院側も特定できず、問題の解決のため医師はエミリーを昏睡させる。
その時、クメイルはエミリーの両親に出会う。彼らはクメイルのことをエミリーから聞いており、特に母親からの印象はすこぶる悪い。

クメイルは問題をどうやって解決していくのだろうか。

まさにアメリカらしい映画だと思う。多くの移民がいるこの国ではこの映画のようなこともあるだろう。ただし、やはり普通の国民と移民の間には多くの隔たりがあり、相互理解はできるものの、結婚となると難しいものがあるのだろう。
クメイルは、エミリーの昏睡中も、彼女と別れたのにも関わらず、身に降りかかった多くの問題を解決しようとした。故にドラマが生まれたのだ。クメイルという男は本当にすごいと思う。

だからクメイルにとっては耐え難いある別れも、あのラストにも感動した。
脚本を執筆したのはクメイルとメアリー自身で、コメディアンのクメイルらしく、非常にユーモアに溢れているいい作品だった。
宗教が人生について回るとこんな風なのか…恋愛コメディーかと思ってたら、環境が、状況が、恋路にどう働くのかテンポ良く見せられて色々考えさせられました。
こんな恋したい。なんか楽しそう。僕もおじいがブルガリア人なのネックで付き合うの怖くて告白できないときあったな。
これ映画みてそんなことどうでもよくなった。
好きな人には好きっていおう!!
ギャグ線がすんごく高くてずっと笑った
>|