ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

らくと

らくとの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

み終わった感想としては、良かった。
ある程度ベタベタ(好きな人ができるが人種とか宗教が壁となるが病気をキッカケに色々なことを学んで壁を乗り越える、テレビドラマのような展開)に進んで行くお話ではあるけれど性悪な人が出てこないのでスッキリと観れた。
そしてここからは個人的な話になるけれど、最近一つの別れを経験した僕は、作中に出てくる後悔などにフィットしてくる部分があった。そのためか、先述したようにある程度ベタベタな展開で進む物語の最後、うまくいってくれたことに危うく涙が出そうになってエンディングで慌てて上を向いた。それぞれがいろんな病気を乗り越えたのか、おめでとう。という感じです。
乗り越えたいですね、僕も。
国や宗教のルールを越えて自分の意思で好きな人ややりたいことに向き合っていくクメイル。不器用で冗談ばかり言うところも含めて良いキャラでした。
結構不謹慎なジョークが好きなので楽しめました。テリーの助言はクソだけど納得してしまいました。笑
つきか

つきかの感想・評価

5.0
宗教や国の違いで悩みは尽きないけど、一旦それを抜きにしてみると、遠い存在だと思ってた人たちと一気に距離が縮む、といいう場合もある。もちろん簡単ではないけど、歩み寄りってやっぱり大事。
出てくるキャラクターが全て愛おしい。
@早稲田松竹

なんだかなぁ…映画的な面白さが皆無なのでテレビドラマで良かったんじゃないか。僕は映画を観に来たんだけど。
rwww

rwwwの感想・評価

4.3
国や人種の違いによりこれほどまでに恋愛に壁があるとは。一筋縄じゃいかない展開にやきもきしながら、切なさに涙落つ…。ここまでのめり込んだ恋愛映画は初めてかもしれない。キャラクターも愛すべき人がたくさん、特にエミリーのお母さん最高!病気モノだけどさっぱり、カラッとした感動があり、ラストシーンは幸せな気持ちで満たされた。
肌の色、ルーツの異なる2人の恋愛物語。

主人公の青年クメイルはパキスタン生まれ、アメリカのシカゴに14才で移住。実家は資産家だけど仕事は売れないコメディアンとウーバーのドライバー。
親は同郷女性のお見合い結婚を執拗に勧めてくる。美人揃い。
流れに身を任せたら特に生活に困ることのない身分だけど、クメイルには意志があった。
そこがアメリカ的で、自由意志を持つことを大事にしている国民性を感じる。

ともすると安い演出になりがちなテーマだけど、両方の親のことを描いたのが素晴らしく良かった。練りこまれた脚本と、お芝居、演出がすばらしく引き込まれてしまう。様々な視点、深みのある恋愛コメディ映画。
面白くてびっくりした。
Soshi

Soshiの感想・評価

4.0
コメディでありロマンス。

芸人として大成することを夢見るクメイルと大学院生のエミリー。

クメイルは本人自ら主演している。彼はパキスタン人で家族からイスラム教の強要を強いられている。結婚相手はパキスタン人でなければならない。母が連れてきたお見合い相手から選ばなければならない。など制約の強い母から締め付けられる日々。仕事のお笑いはぼちぼち。

序盤はエミリーと付き合い、大変ながらも順風満帆な生活を送っていたが、エミリーが病に倒れる。中盤は彼女の両親とクメイルの3人のストーリー。はじめは彼女の両親に敬遠されていたが、次第に距離が近づく。彼女の両親と距離が近くに連れて自分の家族との距離が開いて行く…

この中盤が個人的に好き。

・彼女が病に倒れる
・彼女の両親に嫌われる
・自分の家族からの不信感

3つの壁にぶち当たりながらも、芸人としてのユーモアと彼女との将来の幸せを夢に見て突き進むクメイルの奔走劇に感動すること間違いなし。
ラストのシーンにもほっこりさせられるハートフルムービー。
文化、宗教を超えての恋愛。
最後まで見るのは割と苦痛だったかな
おそらく英語でみたからかも
Noriko

Norikoの感想・評価

3.7
実話でしかも本人主演のラブストーリー!
宗教とか差別とかも描かれてるけど、重すぎず笑いもあり。
恋っていいよねー♡笑
krdb

krdbの感想・評価

4.1
テーマである異教徒恋愛ものは個人的にはケンローチの「やさしくキスをして」が最上だけれども、こちらもまた違った雰囲気が感じられて非常に良かった。たしかに主人公が色々とクソなのは否定できないけど、たぶん白人に置き換えたらなんてことないのでは。「マスター・オブ・ゼロ」でもそうだったけど、インド・パキスタン系の親友は情けないデブメガネというステレオタイプが出来上がってるのかな。謎。