ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

新たな劇場開拓に乗り出しました。
珍しい作品を見るべくやってきました。
というわけでまずはこれ!

海外コメデイシリコンバレーでおなじみケメイルさんんが主演の本作。
監督こそは違いますが、脚本は彼自身が書いたそうです。わりと描写はリアルですね。少々展開は早いものの2時間の上映時間いろいろと考えさせられる時間となりました。

例えばどんなに相手を思いやってもどんなに愛してるだの好きだの言っても家族同士が仲良くないと物事はうまくいきません。相手とその家族との両方とうまく言って結婚と言うのかなと思いました。あとどんなに面白い男性でも不倫したと言う事実がある以上はクソ野郎です。本編見て改めて思いました。お父さんがわりといい人だったので優しい父親でいいなと思いきやこのオチは何?

とは言え話はケメイルさんの視点から描かれていて彼の苦悩だったり彼の無力さだったりが滲み出ています。演技面は特に何も言いません。これはコメデイというよりはドラマに近いです。あのジャド・アパタウがプロデユーサーとしてバックについているのでもうほぼ間違いなく多くの人に届くでしょう。

ケメイルの出演するシリコンバレーの新シーズンも楽しいですが、映画も楽しみです。
ヤマ

ヤマの感想・評価

3.5
パキスタン、アメリカの異文化間の恋愛模様が面白く描かれていた。そこに恋人の難病という困難が生じて話がより深みを増していった。

印象に残ったのはエミリーの母ベスが、クメイルに対して差別的な野次を飛ばした観客にブチ切れた場面だ。

クメイルが娘を傷付けたことは許せないが、その一方でクメイルをひとりの人間として尊重しているからこそ彼に対しての差別や偏見は見過ごせない。人を責める気持ちと庇う気持ちが共存している。そんなベスの行動や姿勢に驚きと共感を感じた。

アメリカでは予想外に大ヒットしたそうだがそれだけ日本で思っている以上に身近で共感を呼ぶ話なのだろうなと思った。
ラブコメは好きなジャンルの一つです。
この映画もとても好みでした。

パキスタン出身のコメディアン(クメイル・ナンジアニ)とアメリカ人女性(ゾーイ・カザン)が、難病と異文化間の“ビッグ・シック”を乗り越えていくさまを描いた物語。
主演のクメイル・ナンジアニの実話に基づくもので、彼は脚本も手掛けています。

劇場公開はたった5スクリーンから始まった本作。
口コミで話題になり、アカデミー賞脚本賞にまでノミネートされました。

人種・宗教間の問題、色々ありますよね…
でもそんな悩みを吹き飛ばしてくれるような彼女役ゾーイの笑顔が超超超可愛かったし、彼女の両親の演技も最高でした。
父親の「本当に大切な人は浮気をした時に分かる」って言葉は名言かも。笑
本当にありふれた言葉ですが、笑いあり涙ありの心温まる良い映画でした!
mg

mgの感想・評価

3.8
異なる宗教間での恋愛、結婚。
ぷぷっと笑いを入れながら重くならずに観れるけど、実際は相当大変だっただろう。
ルビースパークス以来のゾーイ・カザンだったけどやはりとっても魅力的で可愛い
conan

conanの感想・評価

5.0
記録用
会話がどこを取っても面白いし退屈しない。
特に食事シーンのお祈りサボり部分とか、家族での食事のお決まりネタとか、兄とか。
邦画で、あ、好き!って思うような感覚が観れた。
早くいつでも観れるようにDVD欲しいなぁ。
Tim

Timの感想・評価

4.0

最近見た映画の中で一番面白かった。

コメディアンが書いたからかセリフの一つ一つが絶妙に面白い。声に出しては笑わないけど永遠に見てられる面白さ。


クメールも、エミリーも、クメールの家族、エミリーの家族、芸人仲間、みんな愛らしい。


中でもエミリーのお母さんはお気に入り。
あの無鉄砲さに左右されるエミリーの父親もずっと見てられる。


心があったかくなる映画!
実話だからこその納得感のある素敵なエンディングでした。
愛情があるからこそ悩み、そして越えられるものなんですね。
アメリカで公開されてたときから楽しみにしてた映画が、やっと観れました。
観てよかった~
ホセ

ホセの感想・評価

3.5
清々しい気分に浸れる良作
ラストは随分とはしょった感じはしたけど、まぁ気持ちのいいエンディングで良かったと思います。
実話を映画化!とあり期待して見ましたが、予想通りの無難な展開だったので、少し物足りない気がした。
確かに彼女は、主人公の彼と意思疎通が完了しないうちに昏睡状態になってしまったが、親御さんと仲良くなる時も自身の両親に打ち明ける際も、淡々として盛り上がりに欠けてしまった。
字幕なしで見たから細かいところは分からず。
でもなんてキュート。
もう一回見たい。