ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

mako

makoの感想・評価

3.9
《2018#106》

クメイルとエミリー本人が共同で脚本を書き、クメイル本人が主演しています。 
最初はわずか5館から始まったカップルの実話が口コミで2600館まで拡大した大ヒット作品です。 

パキスタン人の青年クメイルはアメリカ人女性のエミリーの事が好きになる。お互い惹かれ合い付き合うがクメイルは両親にその事を伝えられずにいた。何故なら両親は同郷の女性しか認めていなかったから。いとこは白人と結婚したために親族との縁を切られていてその事もあり本当の事を言えずにいた。 

パキスタンの生活習慣などを知ることができた。結婚は恋愛じゃなく、親が決めた同郷の女性とのお見合い結婚と知り驚いた。 
宗教や異文化などエミリーとの将来を考えられないのに何故クメイルは付き合ったのかモヤっとしました。
あとアメリカの笑いがイマイチ分からずあまり笑えなかった。 
でも、昏睡状態になったエミリーの看病やエミリーの両親と心を通わせていく過程は良かった。 
涙が溢れそうになるシーンもありました。 
自分にとってエミリーが大切な存在だったと気づき始める辺りも良かった。 

異文化交際って、大変なんだなと改めて思いました。

エミリー役のゾーイ•カザンがすごくキュートでした♡ 

これを観ていたら『8年越しの花嫁』を思い出しました。 
差別的なヤジを飛ばす男に真っ向勝負を挑むママの格好良さったらないわ!!

自分好みの映画かなと思って見たけど案外あっさりしてた。
妙に泣かせる演出が無いのは良かった!
Sayu

Sayuの感想・評価

3.7
異文化、宗教、重病、問題ありすぎる
それでも一生懸命な姿がたまらなく良かった
壁を乗り越えた愛は最高だな、幸せしかない♥
ジョーク混じりの会話がスキ
ラストもスキ♥
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

この時間に観れる映画がたまたまこれだったから観たけど、面白かった。

パキスタン人のクメイルの家の、お祈りや、結婚はお見合いで、相手はパキスタン人じゃないと勘当!は厳しいな。
でもそれが家のルール、宗教だもんなー。
ヒロインのエミリーが明るくて自由で、可愛いかった。サラっと過去を流すところはアメリカならではかな。
(モデルの斎藤アリスになんか似てた)

エミリーの家族すごく素敵だった。
不器用で真面目なお父さんと熱いお母さんふたりとも娘を心から大切に思って愛してるのが伝わってきた。

アメリカンのコメディやジョークって日本とは違った面白さだよね。(所々わからないところあり)

見終わってエンドロール見てビックリ!
本人だし、実話だったなんて!

タイトル、時間が経つと忘れちゃいそう💦
蛇らい

蛇らいの感想・評価

4.6
隠した自分と、抱えた問題を解決してから、向き合おうとしてくれた彼女の本物の優しさに胸が締め付けらる。

その他にも際立っていたのはエミリーの両親。素直になれなかったり、笑わせたいのがうまくいかなかったり、愛嬌のあるキャラがすごくいい味をだしていた。笑いもくどくなく爽やか、クメイルが葛藤しているシーンにはグッときて泣きそうになった。

久々に観終わった後、自分の中になにか残るものがある映画。改めていい映画ってこういうことだよなあと思った。
2018.05.05.

二人の男女の恋愛を通じて

宗教観
恋愛観
現代の時代感

全てがいい感じで詰まっている

人が人を愛するということの
重くなく、軽くもなく
そんなリアルがここにあったような映画

いい二人だな
みんな人間で一緒のはずなのになんでこんなにも壁が立ちはだかるんだろう?

コメディアンを目指すクメイルと大学院生のエミリーの出会うきっかけから好きになるまでの過程があっという間。二人ともに惹かれあってお互い夢中で。国の違いなんかは関係ないんだ。・・と思っていたけど

もちろん嘘をついたり黙っているのは良くないことなんだけど付き合うとこれが知られたらまずいとか、言ったら傷つく、気にしてしまうんじゃないかって思うことは出てきてしまうもの。彼の場合それが同郷の花嫁しか認めないってルールがあったってことで。

そんな中での彼女の昏睡状態。どうするのクメイル~ってずっと応援しながら見ている状態でした。

夢を目指しつつ、彼女のことも診ていたい。でも彼女と一緒になることは家族のルールを破ることになるし・・・

クメイルの性格がとてもよく優しさにあふれていてエミリーが夢中になるのもよくわかるし周りの友達も面白い人が多くこの映画には悪い人が一切出てきていないように思えた。特にエミリーの母親に関しては後に大好きになりました

これが実話をもとにしているんだから最後は心が温まりました。

にしてもED曲の「My Love」が流れて余韻に浸りながら心を温めていたけどよりじ~んとしたというか、音楽の影響ってすごいなと改めて思ったり

ゾーイカザンのキュートさはやっぱり最高

最後の最後のノッティングヒルの恋人っぽさは好きって観た人は分かってくれるかな?

2018/5/12 天文館シネマパラダイス
きよこ

きよこの感想・評価

3.8
『ダブル・ミーニングの妙』

サクッとおすすめできるコメディヒューマンドラマ。異文化と難病。台詞が直球でなくて、アメリカンジョークだったり変化球だったりするから、ちょっと構えて観てたけど、予想をいい意味で裏切って来る辺りはさすが(#^.^#)

MVPは主役の二人の両親。最高(笑)
愛に溢れて、愛を押し付ける。最高。
だって親だもん。それが親だもん。家族って煩わしいこともあるけど、居るだけで幸せだって思えるなら。

エミリーの父が必ず名言を残す。
『愛って難しい。それが愛なんだ。』
『一生を共にしたいと思う相手かどうかは浮気をしたときに分かる』

 ん?どうなの?どうなの?

『でも浮気をしたときにはお互い隠しましょう。辛い気持ちが妻に伝播するだけよ。』
それが円満の秘訣という誰かのメモを引用しました(#^.^#)

エンドロールにびっくりしましたが、なるほど爽やかな気持ち。邦題はどうなの?
アリサ

アリサの感想・評価

3.6
家族や宗教観に拘束されるのって嫌だなあ、その人の人生なんだから、好きなようにできないなんて、そんなのつまらないと思った。
実話だから盛りだくさんの内容、人生って何が起こるかわからないなあ〜と改めて感じた。

エミリーの父であるテリーとクメイルが二人で寝るシーンでの会話が印象的。本当に一生一緒にいたい人は浮気してから分かる、浮気したからこそ本当の愛がわかったみたいな台詞。
この人種間の夫婦誕生までの話が実話というのが、面白い。
主人公が、その本人で、脚本に製作、奥さんも脚本と製作をしているし、ジャド・アパトーが製作というのも、この作品の 受ける感じに影響を及ぼしているようです。
パキスタン人のコメディアンと、アメリカ人の精神科の勉強をしている医学生とのカップルはかなり異色です。
パキスタン人の習慣も。