ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

内容もテンポも程よい映画でした(^-^)最後も良かったわ~(*^.^*)
ソニー

ソニーの感想・評価

3.8
冒頭からBECKで、やられた。
エミリーはキュートだったね。
あとエミリーのお母さんも素敵だった。
youがやっても良かったな。

169
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
ラストのやりとりめっちゃ好きですわ〜〜😍👏
本人が本人役やってるとこもリアルに演じててすごく良かった!👏✨
ベスがクメイルを馬鹿にした男に罵倒したシーンもかっこよくてお気に入り。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.8
難病の恋人との感動の恋愛もの?純愛もの?なんなの?パッケージとタイトルから連想したコメディチックな雰囲気に釣られて観賞。

ばりばり恋愛ものかと思ってたけど主に家族愛に焦点が当てられてて温かかった。
パキスタンの伝統やイスラム教のしきたりに縛られずアメリカでコメディアンを目指しながら恋愛結婚を望むクメイルと家族の確執。昏睡状態のまま目を覚まさないエミリーの両親と次第に打ち解けていく過程がすごくいい。

家族とはいえ人生観や考え方が違うのは当たり前。パーソナリティやアイデンティティはその人個人のものだから。否定されても逆境でも自分の生き方を貫こうとするひたむきなクメイルを応援したくなる。
家族は絶対に捨てない、というクメイルの決断に人間としての大きさを感じた。人を家族を愛するって結局はそういうことだと思う。考え方や生き方に相容れないものを感じてもその繋がりは捨てられない。

愛することは赦すこと。クメイルの両親もエミリーの両親も。そしてエミリーとクメイルも。全てを赦し、また新たに始まる人生。

クメイルの漫談の腕が上達してて妙に安心笑

そして実話なのね~クメイルがご本人だったとは!素敵な人生に乾杯〜♪

おもしろかったです(^^)
にこぺ

にこぺの感想・評価

2.8
面白くなかったわけじゃないんです。結構クスクス笑っちゃったし。感じ入るところもあったし。
でも、長いなあって感じちゃったんですよね〜。みんな評価高いのね〜。
主人公のクメイル・ナンジアニはSilicon Valleyシリーズで、Denish役を好演しており、好きな俳優の一人だったため、本作が目に止まり鑑賞。前情報なく観たが、非常に良質なラブコメでビックリした。

本作は縦筋、横筋どちらの出来も良く、バランスもばっちり。縦筋では、良くある形ではあるが身分違いの恋(文化の異なるパキスタン人とアメリカ人)を描き、横筋でそれぞれの家族との関わりを描いていく。そして、Big sickというタイトルに閉じ込めたテーマは「いまだに解決しないアメリカにおける人種差別問題」。クライマックスは感情が大きく揺さぶられるわけではないが、爽やかな感動に包まれ、しっかりと着地している。そして、エンディングで本作がTrue Storyに基づいていることや、クメイルとその妻であるエミリーが脚本を共著したことを知り、驚き、純粋に称賛を送りたくなるのだ。

シナリオ、キャラクター、テーマどれをとっても、本当に映像作品のお手本になるような各項目ができの良い作品。ラブコメが好きな人には間違いなくおすすめできる名作である。
ちょっと僕には合わない映画でした。
何度か見るのをやめようかと思うタイミングもありましたが最後まで見れました。
文化の違いと宗教は難しいですね。とそれっぽいこと書いておきます。
シュール過ぎて華やかな映画を観たい時には微妙かもですね。日常の中で、当人は気付いてないけどおもろい瞬間ってあるじゃないですか。それを見つけて一人で「あー面白い」って心の中で笑うことがよくあるんですが、これはしっかりそれを表現していてなかなかにリアルな表現が良かったと思います。最後は実話ってきいて、あっなるほどねって感じでしたね。いい意味でも悪い意味でも。なるほどねって感じでした。個人的には面白かったけど、3.9は高すぎると思います。
まーや

まーやの感想・評価

4.0
脚本の良さを存分に活かす絶妙な会話テンポ
こういう映画を毎週末観たい
中々面白かった✨これ、実話なのね。最後に本人の写真が出てた(笑)大変だったのね…。コメディアンを目指すって、日本で言ったら、外国人の芸人さんのお話って感じだよね。宗教とか、お互いの家族の思惑とか、普通に結婚するだけでも色々あるのに…いやいやこりゃ問題多すぎですな(笑)まさかの彼女も原因不明の病気になって危ないなんて、波瀾万丈な人生💦

最後は、とても良い関係の兆しが見える終わり方でとても良かった!✨