ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

UCHIDA

UCHIDAの感想・評価

3.1
試写会で見たのですが、笑いあり涙ありの作品でした。

愛は人種を超えて結ばれるものであるべきだ。
麦茶

麦茶の感想・評価

4.1
あまりにもいい映画で、あんまりにも心にグッときてしまって
もうどうしようという気持ち。

主人公のクメイルだけではなく
彼のパパママ、そして彼女である
エミリーのパパママの話でもあった。
主人公とエミリー含む全員がスーパーキュート!!

とにかく胸が熱くなった。
いいシーン&キュンとくるシーンを
誰かとまたいくらでも話し続けたい。
ベックのDevil’s Haircutが流れるタイトルシーンが最高だった。

慣習を守らないものなら即勘当、こんな時代に古くさったルールにガチガチに縛られるクメイル。でも伝統ってそういうもんで、中々変えられないしすべてが一概に悪いものとも言えない。
追い出しても(追い出されても)家族は家族、愛しているから応援し続けたいし、それに応えて幸せになりたい。そんな優しい気持ちがじわーっとゆっくり染み渡ってくる。ほろりとしてほっとする、心温まるいい話だった。

始まり方が「はじまりのうた」っぽかった。
世界仰天ニュースに出てきそうなお話。
先日見た『ワンダラーズ』から(それ以前からも)ずっと繋がってるんだなーと。青春を過ごす彼らに同じ思いをして欲しくなく、私もエミリーの母ちゃんみたいな大人になりたい。
宗教や人種や習慣の違い。家族との関係。夫婦のあり方。人と人との関わり方について、いろいろ考えさせられる映画。
りお

りおの感想・評価

3.0
あらすじの中で目に留まったコメディドラマという情報のみで鑑賞。
実話だと知ってたら結末がわかってしまう為、いい感じに楽しめたと思う。
主演の男性がまさか本人役とは・・・
劇場で披露してたネタがちっとも面白くなかったんですけど?
主人公とガールフレンドが付き合うまでのくだりと病に倒れたガールフレンドを主人公が彼女の両親に嫌われながら支えるシーンが面白かったです。
どこまで実話なんだあれ。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.7
もやもやっとした憂鬱な日曜日に
カラッとしたハッピーな気分をもたらしてくれた最高な映画

観た後にこんな明るい気持ちになれて
わかりやすくパワーをもらえる、
観てよかったなあ

なんといっても実話だなんて素敵すぎる…
ゾーイ・カザンのキュートさがルビースパークスに負けず劣らず大放出です

主人公が少しずつ彼女の家族と打ち解けていくにつれ、自身の家族との間に溝が生まれていったのは観ていて切なかった
なふお

なふおの感想・評価

3.7
りおなと京都シネマで見た、トイレに行きたいことをごまかしてたくだりがすきだった
見逃したーー💦と残念に思っていたら京都シネマでやってて見ることができました。
京都シネマさん、わたしの見逃しをいつもフォローしてもらってありがとうございます!

幼い頃にパキスタンからシカゴに移住してきたクメイルは、敬虔なイスラム教徒の両親とは違って、信仰心もあまりないし、ヒゲも生やしたくないし、アメリカで成功しリッチな両親はクメイルが弁護士になることを望んでいますが、クメイルは売れないコメディアンとウーバーのドライバーをやって細々と暮らし、両親はパキスタン女性とのお見合い結婚を強要してきますが、クメイルはそんなパキスタンのしきたりに辟易しているんですね。

コメディライブを見に来ていたエミリーと意気投合し付き合うようになっても、パキスタン人との結婚しか許さない両親のことを思うと彼女との関係も踏み込めないし、親の意向に沿ってとりあえずの見合いをこなしてるとエミリーにバレてブチギレされるしで、困っていたら、エミリーが原因不明の昏睡状態に陥り、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされて…という話です。

タイトルの「ビッグシック」は、文字通り大病した彼女の事を指すのでしょうが、異人種間での恋愛や結婚はダメ、ちゃんとお祈りしろ、ヒゲを生やせ、弁護士になれ…と生き方を押し付けてくる親世代とのギャップや、パキスタン人だからとISIS呼ばわりされるなどの差別を受けるというような、人生を前に進ませない、社会や家族間、恋人間での大きな障壁みたいなものの意味も含まれてるように思いました。

「大いなる目ざめ」という副題も、彼女が昏睡から目覚める事だけでなく、自分自身が抱える様々な障壁に対して目を背けずに向き合うという事もあるんだと思います。

パキスタンの文化や伝統も大切かもしれないけど、やはり自分の人生は自分が決めるものであって、親と言えども押し付けられるものではないと思うので、日本でもそうですが、悪しき風習や伝統も時代に合わせて見直していったら良いと、例えば大相撲での女人禁制を巡るスッタモンダやいろいろ見ていて思ったりします。

パキスタンという日本人にはちょっと遠く馴染みの薄い国のことも知ることができて面白かったですし、クメイルが家族と溝ができて苦悩しながらも、それでも両親を大切に思ったり、パキスタンを愛する気持ちがちゃんと伝わってくるのも良かったです。

家族が望むしきたりを重んじた生き方と、自分の望む生き方にギャップがある時に、クメイルのようにその狭間で悩み葛藤する人もきっとたくさんいるだろうから、自分の人生と重ね合わせる人もいるんじゃないかと思います。

クメイルの漫談はともかくとして、重くなりそうな話もユーモアたっぷりで笑わせながら見せてくれるし、自分らしい生き方を模索し、夢を追いかけたり、彼女の大切さを失いかけて気付いたり、距離感があった彼女の両親との関係も素敵だったりと、共感できるところがたくさんあるから、移民の国のアメリカでは大ヒットしたんでしょうね。

わたし的には、エミリーのお母さんがレイシストに対して吐いた言葉が痛快で、この人最高!って大好きになりました。
人を人種や宗教や職業や性別などで見下したり差別するような人じゃなかったもんね。
嫌いな人でもその人がいじめられてる時に、毅然と立ち向かい怯まない芯の強さがかっこよ過ぎて惚れました!

自分の周りを取り囲むビッグシックにしなやかなユーモアと優しさと愛で乗り越えるのがとっても素敵でした。
これが、主人公クメイルを演じた本人が、自身の経験をもとに脚本も書いてるというのだからすごいです。
良い作品でした。

42
人種問題を根底にした実話ベースの作品。
普通の生活を送っていた普通のカップルに病魔が突然襲います。
アメリカでウケるのは理解できますね。
異人種間の問題って私の周囲には今まで無いまま生きてきたのであんまりピンと来ませんでした。