ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

える

えるの感想・評価

2.5
民族や信仰による壁を実話をもとに描いた映画。
言いたいコトはわからなくはないけど、ごめんなさい、私はダメでした。
しょっぱなからコメディアンの彼が全然面白くなくて醒めてしまい、
二人がどうして惹かれ合うのかもイマイチわからず…。
ただ彼女が入院中の両親と主人公のやり取りにはほっこりしました。
でも、主人公の親はどう説得できたのかはあまりわからなかったし。
愛はなんでも越えるのかしら、家族が全てではなかったのかしら。
冗長なわりに 大事なところが描けてない気がしました。
Norika

Norikaの感想・評価

3.5
Family. Something that’s so complicated. Loving always, and constantly trying to make others happy, and failing, sometimes.
エミリーがコーマにいる時間が長すぎて、主人公は、ポスターの2人ではなくてクメイルと家族なのだと思っていたけれど、最後のシーンで、やはりエミリーとクレイグの話になっていてちょっと混乱。映画で主人公を決めつけるべきだとは全く思っていないけれど、この映画に関しては、家族、異文化、病気、と色々な要素があまりにもてんこ盛りに感じた。
映画としてはエミリーが病気にかかる設定はいらないのでは、、と思っていた。


が、なんと実話だったのか!!

設定いらないなんて申し訳ない、と思いました。最後の写真もみていてとても幸せな気持ちになりました。

クメイルのユーモアが最高で素敵な人だなだと思った。

謎なところといえば、最後どうやってお母さんとお父さんと仲直りしたのかというところ…あと愛を確かめるために浮気って、的を得ているようでやっぱりしっくりこない。
aya

ayaの感想・評価

3.8
ほっこりした…

アメリカの漫談事情や、コメディ感覚ってやっぱり日本の中で育ってきているとピンとこないけど、それでも劇中のジョークはどれもピリッとスパイシーで面白い。
真面目な場面で面白いこと言おうとしてスベッちゃうシーンがいくつかあるけどほんと笑える。

『笑えない話を面白く話す』
『面白い話なのに全然笑えない』
『大切な人にほど大事なことを伝えそびれる』
これはコメディアンじゃなくてもそうで、恋人同士、家族同士、友達同士みんなそうで…人間誰しも「生きているだけでドラマチック」なんだと思います。

がしかし、実話だし、キャラにいちゃもんつけてもしょうがないけど主人公嘘つきすぎ…。
ストーリーテリング的にはいいなと思ったし脚本は別に悪くなかったのですが、心理描写はちょっと雑というか…
本人達には既知の感情でも、こちらは初見なんで…みたいに戸惑うところがあったのでいまいち入り込めませんでした…。
たぶん、私には家族愛がきっと足りない。

ヒロインのママが、とにかくキュート…!
デートしたい。

結婚は愛だけでは出来ませんわな。
日本人同士だって色々有るのに民族、宗教、ここが違うだけでも困難な話で さらに、職業が売れない芸人と来たら… どんなに愛があっても勢いがあっても、立ちはだかる壁は相当高い。
本人主演の実話だそうで、現代的な重くシリアスな話をクスッと面白く笑いを取りながら見せてくれるので見やすかった。 やっぱり人なんですよね。
久しぶりにホリー・ハンターを見たが、彼女のお母さん役がとても良かった。 これ逆に、白人男性とパキスタン人女性のカップルだったらまた違ったと思うなぁ。
YuriSatou

YuriSatouの感想・評価

3.8
すごい脚本だなぁと思って観てたら、そうそう!実話だった!
両親の存在がありがたいのと、煩わしくなってしまうのと。
家族の愛、最強。
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
コメディアンを目指すパキスタン人のクメイルと、セラピストを目指す大学院生のエミリーが、バーでクメイルのパフォーマンス中に歓声をあげた事から急接近し、ストーリーが展開します。2人は会う度に惹かれ合っていきますが、2つの大きな病気(問題)が立ち竦みます。1つは異人種間にある偏見の"病"。もう1つはそれらに追い討ちをかけるようにエミリーに襲い掛かる原因不明の"病"。家族・恋愛・笑い・病気・宗教・文化と色々なテーマが複雑に入り乱れますが、上手くまとまってエンディングを迎えるところは見事です。ゾーイ・カザンの映画は初めてですが中々存在感のある演技で素晴らしかったです。エンドロールでエミリーとパキスタン式で結婚するシーンがありますが、どのように母親を説得したかなども映画にしてくれたら良かったですね。

このレビューはネタバレを含みます

民族、宗教観の違いで結婚の捉え方は全く別のものになりますね。
日本における結婚でもあくまで両家となりますから。
それを乗り越えていく、映画が終えてからのエピソードが気になります。

エミリーの入院中に主人公と彼女の家族との距離の変化がとても暖かくて微笑ましい。
優しい気持ちになれる映画です。
Takebuku

Takebukuの感想・評価

4.5
異文化どうの、奇跡の回復どうのは置いといて、セリフのやりとりが実によかった。
とろろ

とろろの感想・評価

4.4
なんだかすごい映画を見てしまった。
喧嘩別れした彼女が病気で倒れ…というよくありそうな話から文化の違い、意識の差、いろんな深刻な問題がたくさん描かれているのにシリアスすぎず、どんな場面でもクスリと笑わせてくれる要素がある。
見終わったあと満足感でいっぱいになりました。
kei188

kei188の感想・評価

3.5
ゾーイ・カザンがめちゃくちゃ、かわいい。セレブくささが全くなく、立ち振る舞い、しぐさや表情がいい意味で普通ぽっくてキュートです。
カルチャーギャップがテーマですが、そこまで重い話でもなく、ラブコメとしての出来がいいです。
Youtubeにメイキングが上がってますが、共同脚本のクメイルの奥さんも撮影の現場にいます。お互いやりにくくないのかな、とは思いました。インタビューでは否定してますけど。
ゾーイ、34歳ですね。見えませんね。すごいです。

2018年ー36本目