ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

つな

つなの感想・評価

3.5
基本ロマコメで楽しいし、人種や宗教、文化の違う人間同士がだんだん相手を理解しようとしていくところが素晴らしかった。
つき

つきの感想・評価

3.7
無知なので、へーパキスタンの人(イスラム教徒のひと?)はお見合い結婚なのか、というのがまず思ったこと。
きちんと見てるつもりなのに、主人公がクメイルなのかクイメルなのかクルメイなのか、それに似た感じの名前なのか最後まで覚えられなかった(日本名でもそうなんだから、もうそういう頭の作りなのだと自分でも諦めてる)。
お笑い、というジャンルでも日本のコントや漫才なんかとは印象が全然違う、バーでお酒でも飲みながら話術とユーモアで笑わせる感じ。なんというかゆったりとしていて、日本のがつがつしたものとはまるで性質が違うよう。
タクシーのドライバーをしつつ、夜はライヴを行う主人公が、ライヴ終わりに自分に野次?を飛ばした女性といい感じに。そのあと何だかんだと言葉遊びを重ねながら、二人は親しくなっていく。けれど彼には彼女に話せていないことがある。彼の家はイスラム教徒のパキスタン人しか結婚相手に迎える気がない。週末は実家の食事会兼彼へのお見合い相手が“偶然通りかかって寄ってくれ”ての家族同席のお見合いがはじまる。彼女のことを愛しているけれど、家族も大切で、どちらにも嘘を重ねてしまう。そんなおり彼女に週末のお見合いを知られてしまう。別れ話に発展し、彼女と会わずに数日?彼のスマホに連絡が入る。彼女の友人からのその電話は彼女が倒れて病院にいるというものだった。
彼女の昏睡と、その間に顔を会わせた彼女の両親。最初はぎくしゃくするもののやがて三人は彼女への愛情を認めて、交流がはじまる。そして彼女はー
くるくる動く彼の目がかわいい。
彼女の笑顔も。彼のお母さんとお父さんの確執から修繕までの流れも、直接にはそれほど語られなかったけれどなんだかじんわりした。
シカゴに残されたサムだけがなんだか哀れ、、、
エンディングの曲がこの映画の雰囲気そのままで、どんなことを歌っているのかわからないけれど好き。
本物?の写真で、彼のご両親とも会っていて、氷解は訪れたんだなと。
夜にぬるいソイコーヒー飲みながらにぴったりだった。
こんなパターンのご本人登場だったのか。
いい話。
パキスタンあるあるがなかなか強烈。
異文化。家族愛。
棚

棚の感想・評価

3.5
120本目。パキスタンルール、お見合い結婚が当たり前でパキスタン人同士の結婚が当たり前で破ったら勘当。白人女性に恋するがルールに縛られ葛藤。昏睡状態。ゾーイカザン綺麗で可愛い。徐々に変わっていく姿がカッコよかった。やっぱ自由じゃないと。これが実話なんて上手く出来すぎてて現実逃げ出したくなる。
シノ

シノの感想・評価

3.6
アメリカ人女性とパキスタン人男性が恋に落ちますが、文化の違いにより離れる事になります。
ある日、彼女が重病になった事を知り、看病しに行きますが彼女の両親から突き離されます。

最後はほっこりする展開とビックリする事がありました。
なオ

なオの感想・評価

3.8
最後の最後でビックした!!!!!!

私的には知らずにみて最後、はぁ!!いい映画!!!って思えたからあまり前情報知らないで見ることをオススメします。
詰め込みすぎでは???って取ってたけど、大事なメッセージがその分たくさん、そして強く伝わりました。
ピピ

ピピの感想・評価

4.0
アメリカのパキスタン人コメディアンと白人の女学生の恋愛映画。とにかくクメイルの醸し出す雰囲気すべてがクスリと笑える。
人種差別をコメディとして返す。それが柔らかな抵抗にも思えた。
ペイン

ペインの感想・評価

4.5
民族と愛の板挟みで“シック”八苦!

私の大好きな「40歳の童貞男」のジャド・アパトー監督が代表取締役を務める製作会社、アパトープロダクションが製作した映画…

とのことでもっとお気楽で陽気なロマンティックコメディかと思いきや思いの外、シリアスな設定にシリアスな展開。

ただ文化の違いや人種差別など、モロモロの問題を提起しながらも、チョイチョイ爆笑できるシーン、ユーモアもちゃんと散りばめられていて非常に面白く観れた。

“愛”というのは一回すべてのものをぶち壊して自分のことをさらけ出してからじゃないとやっぱり成就しないものなのかもしれないですね。

これが主演の人の実話だとは…おったまげ!面白くてとても深イイ映画でした。ゾーイ・カザン可愛い感想おわり。
家族宗教愛等
最後には明るく楽しい気持ちで考えさせられる映画
erinko122

erinko122の感想・評価

3.7
ラストからのエンドロールが最高。まさかの実話でしかも本人が演じていたなんて。宗教や家柄の壁を乗り越えて…、って大変だろうな。でも恋人として支えるクメイルは素敵だわ。。エミリーも明るくてノリもよく、芸人のような気の利いたセンスのある返しができて、魅力的な女性。ラストのやりとりなんて、ふたりの出逢いを再現してて、ふたりにしかわからないネタ…ラブラブすぎる!♡素敵な映画だったな。