ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 87ページ目

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

はま

はまの感想・評価

3.3
主人公が、どうみても若くなくて、彼女の父親と同じくらいにしか見えない。
バイトしなきゃ暮らせない芸人に、来る見合い相手は美女達だらけという本編と関係ないところばかり気になる。
良い話なのに、本人役だったことが、残念。
たむ

たむの感想・評価

4.0
人種や重病といった深刻になりがちなテーマを、ユーモアたっぷりに描きます。
深刻な状況を深刻なまま描くのは簡単に出来ます。
ユーモアは生きる上での重要な糧となります。
本作はロマコメというジャンルの見事な映画です。
しかも実話を本人が脚本を書き、自分役で主演もするユニークな試みも楽しいですね。

このレビューはネタバレを含みます

とっても良かった。コメディでラブコメで社会的で人間ドラマで、とても温かい物語。

何も知らずに見に行ったんだけど、最後に「で、このクメイルってのは、はい本人が演じてましたー」みたいな写真にびっくり。これ実話か!え、クメイル役って本人が演じてたの!?クメイルとエミリー本人が脚本作ったの!?ぎえぇーって感じ。あと、キャストがとても良かったなあ。

文化、伝統、家族、宗教の抑圧をどうにか押し切ろうとする話なんだけど、両親たちが素敵。エミリーの両親の深い愛情、とくにホリー・ハンターがめちゃくちゃ良いお母さん。クメイルの親も、ただ伝統に固執してるわけじゃないんだ。クメイルへの愛があるから、幸せを願っているからこうなったんだな。ラストはとても嬉しくなった
NO

NOの感想・評価

4.7
異文化カップルのドタバタラブコメ+お涙ちょうだい闘病モノかと思いきや、
最も根本的な社会問題を深堀りした超秀作だった。

ヒロイン・エイミーがかかる病気と
コミュニティ内の抑圧、異文化という埋め難い断絶といった社会的な“病理”を埋めるべく奔走する主人公クメイルの誠実さに泣いた。本当アホみたいに泣いた。

これが実話ベースとか出来過ぎだろ!
HAL

HALの感想・評価

4.2
大好きな二人の、大好きな映画です。

ラブコメは映画館で見る必要性をあまり感じず、普段は劇場でみない種類の映画。でも、これだけは待てなかった…。

前半は、クメイルのユーモア炸裂。とても日本の感覚からズレた笑いが多めなので、ジョークのツボがわからないと、ちょっと長く感じてしまうかも。後半は泣くわ爆笑するわの、情緒がおかしくなってエンドロールで泣き続け、劇場を出るまでに涙が乾かないという。困る。

ユーモア溢れる軽いタッチの恋愛モノながら、文化の違い、家族、難病、人種・宗教問題に触れていて、日常に近いところで起きる困難を描いていた。ISISの野次のシーン、こんなことを言われるのかと、胸が締め付けられる。

ドラマSilicon Valleyの出演以来、トークショーゲストとして見かけるようになったクメイル・ナンジアニに、すっかりハマっている。エミリーともたまに一緒に出ていて、本当に素敵な夫婦。クメイルはゲストでも、ホストのような落着きと聡明さで、トークのキレが素晴らしく、いつかアメリカ初のパキスタン系として、自分のトーク番組を持つのではなかろうかと期待している。とにかく笑わせてくれる人。かつて面白くないスタンドアップをしていたとは思えない、今やアメリカトップクラスのコメディアンとなった。

ご両親の9.11のシーンも実際の話ではなく(泣くほど笑ったけど)、エミリーが倒れる前の二人の真剣度も脚色しているようだけど、かなりの部分、事実に基づいて作っている。
インタビューではそれら全部さらけ出してるので、さらに好感が持ててしまう。

エミリー(本物の方)が、「私は最初の結婚で、自分の弱さをさらけだせなかった。相手が逃げると思って。クメイルは私が病気になっても逃げ出さなかったし、私は弱くてもいいんだと思えた」と語ってたのが印象的。

二人はこの物語の三ヶ月後に結婚している。インタビューで語る結婚に至るまでや、結婚式の話も面白かったので、映像化してほしいなぁ…。
69点。アカデミー脚本賞ノミネート作。主演俳優&脚本家の実話を元にした異文化結婚コメディ。

なるほど、アメリカ籍の移民と白人との間の愛に、相手家族との関わり方、宗教・文化の問題、更にそれを捉えてる世代の違い、からの、結局は人間同士の繋がり・・・というものをさらっと見せる良脚本。役者陣も良い。結構深刻なテーマで深刻な展開なのに、軽く見やすいというのは製作者の狙い通りだろう。

ただ、コメディというわりに笑いがあまりに地味だったのが残念。劇中のお笑い劇も全く面白さが分からず。展開も凄いのに【爆発的なもの】もあまり無く、実話の良さと悪さがどっちも出ていたような映画だった。

p.s.日本の芸人は相当レベルが高いのだと思う。
zakio

zakioの感想・評価

4.4
所々にクスッとなるポイントがあり、面白かった。彼女の両親とのやりとりがいい。実話なんですね。
モnahぁ

モnahぁの感想・評価

3.5
朝イチの回で観たからか?とてもピュアな気持ちで鑑賞できました。実話という事で大体のストーリーを知っていたし、とくに荒波のあるストーリーではないんだけど登場人物一人一人の心の動きが丁寧に描かれて温かい気持ちになれました。エンドロールの実物の写真がまた素敵でした。こんなホンモノの恋がしたい…。ほんとお似合いカップル♡
ビッグシックって題名を変えれば良かったのになぁ…と思いました。ダブルミーニングがあるのかな?このストーリーの主題とは違和感あるんだよな。
文化の違いがこんなにあるものかと
日本にいると当たり前の事が当たり前じゃなくて、愛はそれを乗り越えるって感じの映画。

パキスタンと言う映画ではあまり見る機会がないお話でしたが、それがなんか新鮮で、
良かったです!
E

Eの感想・評価

4.3
とても誠実で良いロマコメだった。

異文化の男女が付き合うこと、中東系の人種がアメリカで暮らすこと、『マスター・オブ・ゼロ』しかり、すごく現代のアメリカらしい映画。

家族の話とも言えて、とくに彼女の両親と過ごす時間が良い。ホリー・ハンターとレイ・ロマノ夫婦の微妙に上手くいってない、けれども...!というリアルさも良かったなー。