ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 87ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

AKN

AKNの感想・評価

4.3
マスター・オブ・ゼロ、ミート・ザ・パデルですでにテーマになっているinterracial relationshipなので、目新しさは全くないけれど、EmilyとKumailの両親がいい味出してる。最後は泣いてから、笑わされました。エンドクレジットでわかります❤️
Kota

Kotaの感想・評価

4.0
人種、宗教の違いなどの問題を題材にしたラブストーリー。
たまに日本人はこれらの問題に無関心すぎるのではないかと感じる時があります。今までの日本の環境がそうさせてきたのかもしれませんが…
これから国際化が進む日本でこれらの問題にどう向き合うべきなのか、そんなことを考えさせられる映画でした。
あかり

あかりの感想・評価

3.5
メインキャスト2人が全然美形ではないのに、純粋で綺麗な物語、すごくスッとして、幸せな気持ちになってた、

大切な人がいついなくなるかって誰にもわからないもんね、伝えなきゃな、と!
ゾン美

ゾン美の感想・評価

4.8
昏睡状態で入院、人種・宗教問題を扱ってるけどちゃんとコメディ映画。
ほぼ実話っていうのに驚いた。
ゾーイ・カザーン可愛い。ルビー・スパークスの時も可愛かったけど、こっちの方が良い。
Nacco

Naccoの感想・評価

3.8
宗教とか絡めているのを除いて、わりと王道のすすみかたで、普通に良い恋愛映画。軽くもなく そんなに重くもなりすぎず。登場人物の個々の生き方をちゃんと少しずつ見せてくれるところも好きだった

音楽-特に印象に残るわけではなく、良い
Member

Memberの感想・評価

3.3
12/3/2017 UA inflight movie スタンドアップコメディアンを目指すパキスタン人の若者の恋愛話。宗教や伝統とは何なんだろう。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】donostia-sebastian i.f.f. es. 29 sep. 2017 in english and urdu.
みく

みくの感想・評価

4.2
帰国の飛行機の中で見た。
色んな人種の人達が普通にいる国にいたからこそ、このシチュエーションが想像できてかなり感情移入した。
育った環境とバックグラウンドのギャップでアイデンティティを喪失するのは辛いなと感じた。
ラストは感動でした
WYuriko

WYurikoの感想・評価

4.0
ラブコメながら、恋人とのすれ違い、職業選択、巣立ちしたいようなしたくないような家族との葛藤…ひとつひとつが胸に染みる。
スタンドアップコメディアンたちのジョークがあえて頑張ってる感出てしまう程度のレベルなのが良かった