ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価 - 87ページ目

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

boliwa

boliwaの感想・評価

3.8
今年好几个剧本都是演员来讲述自己的真实故事啊。
说东西方文化碰撞也不太准确,但是观念冲突表达的很好。
爱情故事里的小设置也很喜欢。
但是我讨厌穆斯林,给不了高分。
Hiromi

Hiromiの感想・評価

4.0
アメリカ版PKみたいな感じがした!
実話だったんだ!っていう驚き。
THE BIG SICK 無神論者となったパキスタン人の青年が白人女性と交際する中で様々な問題に直面し向き合っていく傑作ロマンスコメディ。今作は実話でコメディアンのクメイルナンジアニと妻エミリーの交際中の出来事をベースに描かれている。個人的に今年のベスト10に入る超オススメ映画!

テロリズムの恐怖や異文化間の不和や人種の偏見など様々なテーマを独特のユーモアで表現している。そして2人が自分達の物語を最高の映画にまとめ上げ今年最高と言える作品を完成させた。また苦労した恋愛や大病まで克服し結ばれる2人が素晴らしい。

ロマンスコメディ、時代を感じる話、移民家族の伝統、現代アメリカ事情、更にはメディカルドラマまで。そして、他人の家族と自分の家族の受け入れを根本的なテーマに愛とユーモアで異文化間の不和をどの様に克服するか非常に興味深く知的で暖かい笑いと感動に溢れた今年最高のロマンティックコメディ。
joanna

joannaの感想・評価

4.5
アメリカに嫌気がさしてたけど、この国も悪くないなぁ、いや、なかなか奥の深いいい国だなぁと思わしてくれた😁
ShowgoBond

ShowgoBondの感想・評価

3.9
"The Big Sick" was directed by Michael Showalter and stars Kumail Nanjiani as himself and Zoe Kazan playing as Emily. Kumail is a Pakistani comic, whose parents bring him some girls from Pakistan coming for a date with him, which might lead him to get married to one of the girls but to no avail. He finds none of them attractive, just putting some photos of theirs in a box. One day, he meets a white girl, Emily at one of his stand-up shows. They soon fall in love with each other. The problem is that even their love gets deeper and deeper, they cannot get married in a wake of one of the rules that he must follow: to get married a girl from Pakistan. Otherwise, he ends up leaving his family. Irritated by the fact that he's been hiding from her till she realises, they get a fight and get apart...A few days later when she comes down with an illness, Kumail finds himself developing a bond with her parents.

This film focuses on an interracial couple of Pakistani and a white girl. I wouldn't like the rule that we can only get married to a girl having the same nationality if I were him...it doesn't make any sense! Well, speaking of which, one of the greatest classic romance film "Guess Who's Coming to Dinner" starring Sidney Poitier also focuses on an interracial couple of a coloured person and a white woman, which brought up a controversy at that time. It's a great plot! but didn't expect that this kind of film still would come out as a new topic, which is really interesting. Unlike Guess who's coming to dinner full of seriousness and a bit darkness, there are lots of humour in The Big Sick. Laugh at them at theatres!

Thank you for reading my brief review of "The Big Sick", hopefully coming out in 2018 in Japan!

[Running time: 124 minutes]
[Country: United States]
[Genre: Romance/Comedy]
The review is only available on my review site.
blay86

blay86の感想・評価

4.5
 イスラム教のパキスタン人家系のなかで、ほぼほぼアメリカ人(14歳で移住してきたらもう現地民やんね?)として育った、コメディアンが主人公。
 お見合い結婚が当たり前(パキスタンロマンと呼ぶらしい)の文化のなかで、アメリカ人の、しかも白人の女の子と恋に落ちる。
次々とお見合い相手を家に招く母親を横目に、どんどん彼女にぞっこんになっていく主人公。親には彼女のこと話せるはずがないし、彼女には親のこと理解してもらえないだろうから話せない。ラブラブ両想いなのに、ひょんなことから度重なるお見合いの件がバレて喧嘩になる二人。
そんななか、彼女が病院に運ばれたという連絡がー。
 実話に基づく作品らしい。お見合いする側の女の子にも色んな子がいて、なかには結婚することに必死な子もいる。いまだに外見やアクセントだけで野次を飛ばす者もいれば、その野次に対して憤慨する人々もいる。主人公本人はその野次をもコメディのネタにしようとしたけど、うまくいかなかったり。
 二人のあいだにはいろんなドラマがあるけど、何はともあれゾーイ・カザンがとにかく可愛い!退屈することなく最後まで観れた。観終わってみると、オチも微笑ましいし、パートナーのことや家族に改めて感謝したくなる。
Jun55

Jun55の感想・評価

4.5
Rotten Tomatoesでも高評価を得ている話題の新作。
パキスタン人のコメディアンとアメリカ人(白人)の恋物語。
ただ、単なるロマンス映画ではなく、Culture Crash、移民問題(世代間ギャップ)、イスラム問題、親子愛、夫婦愛、家族愛、そしてコメディ。特にアメリカ人であれば、身近にある、多くのテーマがコンパクトに詰まっているところが高評価の理由なのだろう。
そして何よりも心に残るのは、このストーリーが実話に基づくもので、主人公がその本人であるから。(主人公のKUMAIL NANJIANIはアメリカでは既に有名なコメディアン)
移民、特にイスラムの問題は、トランプ政権下でセンシティブなテーマ。それをユーモアで包んで訴えかけるところに”重み”が加わる。(単なる恋愛ものに終わらせない)
十把一絡げな問題ではなく、パーソナルな問題なんだと。
登場する俳優の演技も素晴らしいが、特に主人公の彼女(エミリー)の両親役は共に良かった。
今年の映画としては自分にとってGet outに次ぐ満足度。
笑いあり、涙あり、本当に時間を忘れさせ、感動を与えてくれる素晴らしい映画だった。観賞お奨めの作品。
マンチェスターバイシーもそうだけれどもAmazon やるな。

Let me give you some advice, Kumail. Love isn’t easy. That’s why they call it love.
Aya

Ayaの感想・評価

4.5
クメイル・ナンジアニの実話。
パキスタン人(イスラム教)の彼とアメリカ人の彼女のひたむきな愛のお話し。

ラブロマンス好きには堪らない展開と要素が詰め込まれた作品。でも実話だからすべてに説得力がある。
言葉の使い方とてもうまい。切ないのにこんなに笑える!でもやっぱりちょっと切ないお話し。
|<