勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価


「おんなのこきらい」のキリコにしても、本作のヨシカにしても、拗らせに拗らせすぎた女性が主人公の映画はなぜだか好きだし、そのヨシカを演じる松岡茉優の演技力が凄い。性別は違えどもヨシカの自虐悦に入ってる感じや言動に自分自身を見ているようなときが多くてとても見ていて苦々しい気分になる。
まさか自分以外にも他人の聞こえないところでファックファック連発している人間がいるとは思わなくて笑った。

演じてる俳優に非は全くないんだけど
「二」のようなタイプの男はほんとに苦手
さとう

さとうの感想・評価

4.0
かなりすき。2が愛しい…
久々に自分的にヒットした恋愛映画でした。あと、邦画も万引き家族以来のヒット。いい!すごくいい!
最も好きなキスシーンに入れてもいいくらい好きでした。
甘くない恋愛映画です。どっちかというと、しょっぺえ感じ(笑)
知っているようで、知らない。知ってるのに、知られてない。
ほんとこじらせてるんですよね、でも可愛いよぉ、松岡ちゃん。涙がほんとに綺麗。
誰だって学生時代のこと引きずって生きてるよね、って共感しました。松岡ちゃんはそれが拭いきれてないだけ。
あと好きに、時間も理由も必要無いのかなって思いました。好きなんだもん、それが恋愛の良さというか。
珍しさに惹かれるのは、アンモナイトもそうですよね、松岡ちゃんアンモナイトなんだわってちょっと吹きそうになりました。
泣き笑いって感じです。泣きながら笑う、矛盾してる不思議な感覚に似てます。そんな映画かな。
個人的に好き、となりの席のお節介女子も、同窓会で再会した途端に親しみ出してくる系女子も好き(笑)いいよ、リアリティあるよ!
Angelhair

Angelhairの感想・評価

3.5
映像化されるとすごく変な人を見ている気持ちになるけれど人間多分みんな変人だし異常だと思う.
頭の中のゴチャゴチャしてる感じよく表現されているし一人芝居みたいな馬鹿馬鹿しい感じも頭の中の自分そのものなのでは.と思いました.
実物の自分より脳内の自分の方がアクティブだったり周りに意外とバレ出るけど気付かれては無い.みたいな違和感な話だと感じます.脳内で幸せな自分を作ろうとすればするほどどんどん現実の自分とのギャップが出来その行来を当たり前にできる人間はやっぱ頭おかしいです.
親近感が湧いて恥ずかしいと悲しいと虚しいで涙出ます⋆*✩
ぼぼ

ぼぼの感想・評価

3.1
小劇場見てるみたい
1人語りの独特さ、一方的に見せられてる感も仕組まれていたのか。
shibumao

shibumaoの感想・評価

3.5
想像の世界を作り上げてしまう感じも、すべて美化してしまう感じも、とても分かる
K

Kの感想・評価

2.9
登場人物たちにとにかく腹が立ったが、気持ちは理解できる。だからこその憤りなのかもしれない。
karin

karinの感想・評価

1.0
すべり倒してて草
kwc

kwcの感想・評価

4.0
最初見たときは女性の気持ちってこういうものなのか…という気分だったけど、秒速5センチメートルの女性版ならば、こういう結末になるのか、ということに気付いて合点がいった

過去の恋愛を神格化するのは男女共通だが、女性は妄想と共有、男性は熟成と秘密、という対比の関係になっていて、最終的な結末はマルチタスクができる女性、シングルタスクしかできない男性、という構造と思う
松岡さん本当に上手。
大知くん、照れ可愛かった...
恥ずかしくて声出して笑ったり突っ込みながらみてしまった。
途中からずっと2の気持ちになってみていて気づいたら泣いてた。

エンドロール黒猫チェルシーが流れて最高でおわる。
>|