xre25vn

勝手にふるえてろのxre25vnのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
5.0
設定5/脚本5/役者6/映像音楽5/個性4

2017年、最終週に大番狂わせ!!!
ラブコメの新たな形、ここにあり。

原作、演出、主演、1つも欠かせない最高の相乗効果。
ストーリーは原作に忠実だそうですが、主人公の腐りっぷりを隅々まで描いていてすごい!アンモナイトやタモリ倶楽部を筆頭に、キャラ設定の細かさが心地いい。

これを華麗に演じきった松岡茉優がまたすごい。『桐島、部活やめるってよ』で「この女優は絶対くる!!」と思ってからはや5年、テレビの露出は多かったですがようやくようやくの初主演映画。バラエティ番組の印象から松岡茉優に寄せた役柄と思いがちですが否、原作の主人公を最大限スクリーン上に再現した素晴らしい表現力。もともと『リーガルハイ』『シンゴジラ』のような早い台詞が好きな性、妄想全開の早台詞が良かったです。

そして思いきったアレンジをしているのに話が潰されていない。ミュージカル然り効果音然り、少女漫画が原作だと勘違いしそうになるコミカルさを体現。構成もひとひねりされてて心の中で「え!」と叫んでました。地味な主人公像はそのままに楽しく鑑賞できる工夫が満載でした。

見どころは「他人に理解されない可哀想な女」vs「他人から好かれる努力をしないキモい男」で始まるのに段々と逆転していく点。こじらせ女子が現実に直面。
『何者』でも似た手法があったが、最初は共感を誘われてるのになぜか共感した側が説教されるという引き込み方。後味はそんなによくない。だからこそ強烈に印象に残った。

唯一の欠点が、松岡茉優が可愛すぎる。。女芸人が起用されててもおかしくない役柄、美人が相手にされない画は違和感が。
じゃあ他の女優がよかったかというと、1ミリもそんなことない。そんなはずがない。本当にありがとうございました。

この話題作、なんと観客がたったの5人。男5人が各々笑いをこらえて勝手にふるえてたのですが、最後の最後でおじさんが1人吹き出しました。

2017-151(105) 第2位
2018-9(再)
②2018/1/12 ユナイテッドシネマキャナルシティ博多