ゆっけ

勝手にふるえてろのゆっけのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
4.5
綿矢りさの恋愛小説を実写化。

3年前に、安藤サクラの『百円の恋』を観たときに、
年末になんて映画が公開されるんだと驚きましたが、それ以来の衝撃の映画でした。

松岡茉優主演。
絶滅した動物が好きな24才女子(24年間彼氏なし)のラブコメディ。

とにかく、初っ端から変な映画感丸出しなんで、抵抗ある人はいるかもしれませんが、
これが、途中から痛快になっていく。

「あー痛い」と思わせる行動、感情のオンパレード。
『桐島、部活やめるってよ』をちょっと彷彿させます。

片想いからの妄想。現実逃避。

自分という存在を見つめるためには、
まず、他人という存在をみつめること。

イチという10年間想ってきた王子様に、自分の存在を否定されたとき、
あのミュージカル調の演出、めちゃくちゃ胸に突き刺さりました。

そして、初めて、ヨシカは自分の周りの人たちと本当の意味で触れ合っていくんです。


前半のパートの小さな意味のないような演出、全てに意味がある。
どうしようもないけれども、ヨシカを憎めなくて、応援したくなる。


ニの「うざい」感じが、とってもいいですよね。
タワーマンションについてくるあれ、ツボになります。。。(何あの、オートロックの入り方)
付き合っているということを知ったときのリアクションとか可愛いですよね。。

付き合っていて何も違和感のない存在。それが最高ですよね。

松岡茉優、さすがですよね。
『桐島、部活やめるってよ』や『ちはやふる』もそうですが、
「ウチの夫は仕事ができない」では、あんな可愛い奥さん(裏がありそうでない)演じてからのヨシカ。本領発揮という感じしました。

片桐はいりさんも素敵です。

痛くても、愛のあるラブコメでした。