anankeigo

勝手にふるえてろのanankeigoのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
4.1
満員の新宿シネマカリテにて鑑賞。若者特に女性多め。前評判の高さから見に行ったが、そこまでではない気が…
松岡茉優の演技の良いところもあったが、ファック連発するとことかで気持ちが冷めさせられて乗れていかない。時々テレビドラマみたいなアングルとかも違和感を感じた。手持ち映像でラッピングされたそれっぽい作品だった。妄想ミュージカルシーンとかはもっとド派手に脳内イメージを映像化して欲しかった。理想と現実のギャップがあまり無いので驚きがなかった。肥大化した自己をもっと劇的に表現してあげればいいのにと思ったです。あいまいな感じでトリックぽい仕掛けだったけど、あのルックのハンバーガー屋さんにアジア系はさすがに違和感だったので、現実として用意したものが相応しいものではなかったかなと。おもくそSASAバーガーだったし。
雨の振り込むアパートの前のシーンの次にあんまり濡れてない感じに見えたり変なところは(今時の若者描写とか)散見されたが、ラブコメディとしては笑えるとこもあって、空耳アワーの手ぬぐいに手を伸ばしてるのは可愛く面白かった。