kalpass

勝手にふるえてろのkalpassのネタバレレビュー・内容・結末

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
4.7

このレビューはネタバレを含みます


『タモリ倶楽部の手ぬぐいを出すセンスよ』
今年ベスト邦画、ホントに面白い

・女優のセンスが素晴らしい
まず松岡茉優が最高
あんなに、「はぁ?」が似合う女優ほかに見たことない
どうやったらあんなトーンの「はぁ?」が言えるの

本当にあの人が主演じゃなかったらこの作品は作れない
・コメディ=ドラマのセンスが最高

二(渡辺)が出てくるシーンが面白過ぎて、アホでマヌケで下手をすれば
ただのコントの領域まで行ってしまうのに

ちゃんと最後にかけて主人公の壁を壊す大事な要素として、そのギャップのある二を映画に戻してきたり。
・伏線を回収するセンスが最高

-「セルフィー撮る→LINE聞く」のメソッドとか
フリからのオチを繰り返し使ったり
-前半のオジサン、店員、オバさんのシーンの意味づけが
主人公の願望=応援してくれる楽しい人々だったのが
自身と向き合う=架空だったという現実を見る
主人公にも僕ら観客に対しても
もっと"主人公の孤独"を強く感じさせたり
しっかり後から意味を与えてるし、
本当に上手いなって思う
ポストイットも先っちょもニの告白のセリフも
男性からみてもあるあるでしっかり面白い
こういう細かいところ
もう全て丁寧に作り上げられてると思う

監督も綿谷りさも等身大の自分を描いているって言ってたから
やっぱ若い感覚、そして女性だからこそ
作れた作品だと思う

現代だからこその良作。

倫理観壊れてても良いじゃないか
いつでもマイノリティは絶滅危惧種なんだから