Hiromasa

勝手にふるえてろのHiromasaのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
3.5
いや、すばらしかったんだけど、このラストはうそじゃないかと思った。激しい口げんかをするのが、胡散くさい。
繊細に作られたこの映画に対してあえて乱暴な言い方をすると、結局は「現実を受け入れろ」という説教映画なのだ。

しかしみんなに語りかけちゃうラブリーな松岡茉優も、これだけはリアルなイチが自分を覚えていないという事実に打ちのめされる松岡茉優も、本物。
ここしばらく「女心はわからない」という気分で来ていたのが、これを見て男も女もだいたい同じだな、とバカみたいに励まされたりした。

もちろん、俺が「だだっ子」だからこの結末を認められないのだ、と言われたらそうかもしれないと言うしかない。

久しぶりに妹と一緒に映画を見たけど、「サンはいないのかよ」と言ってて、やはり血がつながってるのか。