こなつ

勝手にふるえてろのこなつのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
3.8
共感したくない映画で共感しちゃった。(褒めてます)

自分の世界と外の世界とを渡り歩きながら、上手く社会と付き合ってたつもりなのに、ふとした事で社会との距離を、自分がどれだけ場違いで勘違いしていたのかを思い知る。
そう、自分では上手くやっていたつもり。
でもそれは単に自分の世界に籠って、社会を拒絶することで自分を守ってただけ。
思い出すと「あーーーー」って声出したくなることだらけの人生。

今もまさにそんな人生歩んじゃってるから、これ観ながら「共感したくないけど共感だらけだ…」って落ち込んだ笑
綿矢りさの原作も読んだけど、スピード感と緩急が悲壮感をいい意味で無くしていてマッチしている。

イチを知ったつもりになってたヨシカ。
でもイチに名前すら知られていなかったヨシカ。
押し付けの愛なんて愛じゃない。
でもそんなこと、恋愛しないと分からない。
相手を怒らせて、傷つけて、自分も傷ついて。
何が良くて何がダメか。
何が愛で何が自己満か。

嘘の産休取っちゃうくらい、一度派手に転んだ方が人生意外と上手くいくかも。

観た勢いで脈絡ない感想になってしまったけど、ヨシカが胸に付けてた赤い付箋が、ニの濡れたシャツに落ちて染まっていくラストシーン。
痺れたっ!!!