じぇじぇじぇ

勝手にふるえてろのじぇじぇじぇのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
-
一人の家で見てよかったー!!!

主人公の気持ち悪いところだけ刺さってしまう気持ち悪い自分を発見し、その都度テレビの前で立ったり座ったりステップを踏んだりして自分の心をやり過ごしていました。
それがどんな心かって、完全に本能でイチが好き。イチにもニにも心を動かされるけど、動く場所が全く違う。イチが左心室ならニは右心房で、馬鹿みたいな熱量があるのは絶対にイチだって、そんなキモい話を友達としました。完全にキモいです、自分。


ここから先は特に自分が感情移入してしまった部分に対する自戒なんですが、まず他人の行動を分析して概念化したり、行動の節々だけで人を判断するのをやめたい!と思いました。特にニに対してですが。

最初見始めたうちは完全にニのこと、無理だー!って思っていました。不自然な距離の詰め方とか言葉尻とか、無理なタイプだ、としか思っていなかった。
けれどストーリーが進んでいくうちに、二の選ぶ言葉や向き合ってくれる姿勢とか、感情でバコン!とぶつかってきてくれる所を見せられて、自分の愚かさに気づきました。これを自戒として、これから自分の歩みを変えたい、そんなエネルギーで満ち溢れています。

それと、主人公であるヨシカにちょっとでも似てるとこあるとか思っちゃう自分の気持ち悪さとかを改めたいです。思い出を幻想に変えてそれを餌に生きながらえている自分の気持ち悪さのいく先がヨシカなのだとしたら、それを映像で見せられたこの機会を機に早いとこ変わりたいです!!!

色んな自分の気持ち悪さが露見してしまったけれど、この映画は大好きです!!!

映画を見た感じたことだけじゃなく、
主題歌を歌っている黒猫チェルシーがニを演じた渡辺大知さんであることを知れたこと。
主題歌のベイビーユーがお風呂でシャワーをマイク代わりに歌うくらいとっても大好きになったこと。
新しい収穫と共に、生きていきます!!!!!
私はウラジオストクにはいかない!!!