カウボーイと僕と惑星

勝手にふるえてろのカウボーイと僕と惑星のレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
4.0
自意識をテーマにした映画は失敗が多い。それは、作り手自信に人間賛歌が欠けているからだ。当たり前だと思う、自意識は他者が存在しない。人は結局1人で生きていけないのは事実で、他者を求め視界を広くする事で自意識が消えていく。そこから人間賛歌に繋がると僕は思う。この映画の清々しさは、生きる命への高らかな賞嘆なのだ。