勝手にふるえてろのネタバレレビュー・内容・結末

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

クスって笑ってしまうおはなし笑
2のくせに最後かっこいいじゃん笑笑
キャストが豪華すぎ。ゴミみたいな日々にファック分かる。視野見分かる。カスからのリア充からのカスからのカス。情緒不安定さがほぼ生理前後のわたしだし、浅はかな人間関係と過去への拗らせに我が身を想うよね。欲を言えばラストの付箋が濡れたシーンで致しててほしかった。ほぼ舞台。
中学の同級生のイチ、職場の同僚の二。同年代の私にはグサッと刺さるものもあたったなー。狂った演技が素晴らしい。そして、楽しそう。前半は、元気が出るような映画だと感じたけど、クライマックスが近づくと、彼女には幸せになってほしいと思った。最後にはどっちも選ばず、一人になるのかと。
私だったら…ね(笑)
松岡茉優可愛すぎませんか。
そして衣装が可愛すぎませんか。
そしてめちゃくちゃ面白かったよ!
陰キャラの本気を見たって気がするw
1人でいる時の不気味かつ滑稽なのめっちゃ面白くていい。
1日のルーティーン的なの好き。

イチの透明感がとてもいい。
クラスでああいう子っているよね。
二が本当に気持ち悪いな。そしてうざい、
エレベーターのとことか邪魔でしかなかったw彼氏ぶるの、めっちゃ笑ったけど。
ただ長く感じたな〜。3時間くらいあるようにかんじた。
隣人が1番似合う女優。片桐はいりさん。



松岡茉優ちゃん。有岡くんと付き合ってるんだ。
すごく良かった。
ヨシカは変な女の子だけど、一応社会的な部分もあって、でも色々空回りしてるところとかがなんか自分と重なったしリアルで痛々しい……
イチが「名前なんだっけ」っていう所ですごくゾッとした。一番好きなシーン。
自意識過剰な、こじらせ女子の恋愛物語。

まずは何と言っても、主演の松岡茉優が素晴らしかったです。
夢見がちな少女から、根暗なコミュ障人間、嫌味な毒舌家へと、コロコロと変わっていく主人公(ヨシカ)の性格をシームレスに演じきれたのは、彼女の演技力とキャラクターがあってこそ。
この役者としてのレンジの広さと、全てを包括する器の大きさが、この人の魅力なんだろうな~と改めて思いました。

あとは、恋の相手役?となる、「ニ」こと渡辺大知も良かったですね。
ガサツというか、デリカシーがないというか、人との距離の詰め方が強引なところは、男から見ても嫌悪感を抱きました。笑
でも、そんな彼だからこそ、ヨシカの心を開く事が出来たのでしょう。

物語的には、妄想と自意識の世界に閉じ篭もった女性が、現実や他者と向き合う話になっています。
原作小説では主人公の独白になっていた部分を、街の住民との会話に変更したのは良いアイディアだなと思いました。
アニメの様なコミカルさがあって、テンポが良かったし、中盤で世界観が引っ繰り返されるのも面白かったですね。

イチとの関係については、何年も会っていないんだから、「別に名前くらい忘れてても…」とは思うんです。
それはイチカの恋愛経験を漏らしてしまった来留美も同じで、決して悪意があったわけではないと思う。
でも、イチカはそれが許せなかった。
もっと言えば、そういった他者の立場や想いにまで、彼女は頭が回らなかったのでしょう。
要は、すごく自己中心的なんですよね。

他者というものは、理想とは程遠いものだし、時として自分を傷つけたりもする。
でも、だからといって他者を断絶して良いのだろうか?人に理想を押し付けて良いのだろうか?
ラスト、肥大化した自意識を捨て去り、本能のままに「二」を抱きしめたイチカは、自分よりも他者を受け入れる事を選んだのでしょう。

終わってみれば、1人の女性のシンプルな成長物語ではあります。
でも、その軽妙な語り口には惹き込まれるものがあるし、やっぱり何より松岡茉優の魅力が爆発している。
本作は彼女の初主演作にして、名刺代わり的な作品になる事は間違いありません。
もしも、松岡茉優を知らない人がいたら、まずはこの作品をオススメしたいですね。
見ててしんどくなる。自分も、松岡茉優ちゃんも。人間ってなんで生きてんの??絶滅すべき。
ウザくない人間っていんのかな?


街の人に自分語りして説明すんのウケる。
なんで会社の床で寝てんの?お布団しかないと痛くない?
アンモナイト触ってる時にアリエルみたいな音楽流れてるの好き。
「金曜だよ?タモリ倶楽部あるんだから」からの件めちゃくちゃ笑ったwwww
大森靖子ちゃんの曲聴いてそう。
「精神的に私とイチが繋がっている証なんです」
私の中で「イチ」はliarだから名前被りしてて毎回イチさんが頭をよぎる。
舞台みたいな映画だな。
赤いwwww付箋wwwwwwクソwwwwww
「君だけに見て欲しかった」〜〜はぁ〜〜〜〜〜〜
「自分と話してるみたい。」って最高〜〜と思った直後に落ちた。つら。
絶滅すべきでしょうか〜〜???
俺は絶滅したい。
知ってた。本当は話してなかったの。でもこんな伝え方....やば。
推しとの距離が丁度いいから推しを作ることをオススメしたい。
付き合って秒で逃げるのわろた。
抱きしめて感情を殺すあたりから2のこと面白くなってきた。
瞬間に振られたけどw
私も痛くなかったら、死んでる。
くるみにバラされた後が俺の5年後くらいになってたらしんどいなと思いました。
会社の心の声出てるシーン。良い。
反復横跳びしてんじゃねーかww
1は消去しても2は保存です。
「わかんないことだらけだから好き」そ〜〜れな!!
全体に綿矢りさ感があって、絶妙にいらっとさせられた!
産休届だして会社辞めるくだりや、最後のケンカのシーン、突き抜けた自己中がスカッとしていい。
勝手にやってろ

美人な松岡茉優がアーティストに片思いし、バンドマンにしつこく言い寄られる話

個人的な好みになりますが(まぁFilmaのスコア自体全部個人的好みだけど)前半☆4.7後半☆1.9な感じ
あらすじからしてめっさ好みで、前半はまさしく個人的にドンピシャで自分もひねくれているのでもうヨシカと考え方が被ってすごく好きでした。アンモナイトの化石を買うまではいかないけど、古代の生物も好きだし深海魚とかも好きだし、というか個人的には自分はイチと友達になりたいわ、朝までくだらないwiki検索しながら酒飲みたい。
個人的に一番読み込んだのは宇宙の年表のwikiか深海の記事ですかね。
世の中を少し斜に構えて見ているけれども普通に仕事をし生活をして一応のコミュニケーションも取れている。大体の人間はここまで誇張されてはないけど少なからず当てはまることがあるのではないだろうか。

問題はラスト付近ですよね、、男の自分から見ても気持ちの悪いほどにウザい"二"に妥協する神経が全く理解できなかった。"一"が彼女いないんだったら名前覚えられてないくらいで諦めるのが前半ヨシカと意気投合した自分には全く分からないわけですよ。
10年間妄想し続けた熱意はそんなしょぼいものだったのか、ヨシカの性格からしてやると決めたことは何が何でもどんな手段を使ってでも成し遂げるんじゃないのか。それ故最後のオチはできちゃった結婚みたいな、なんかしょうがないからここにしとくか的な感じがして嫌でした。。

まぁなんだかんだ言ってこの中での勝ち組はあの超絶可愛い石橋杏奈ちゃんを手籠めにした出木杉くんですがね(うらやましい)
松岡茉優かわいいなぁ。渡辺大知こういうキャラうまい。どっちもはまり役。ただストーリーがなぁ…後半のヨシカが好きになれん。そこでイチにいったらええやんっていう。
>|