勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

5.0
2018.01.05鑑賞。
松岡茉優からひと時も目が離せない。
男性陣も負けていない。1の北村の、「1」としての圧倒的存在感。「キミスイ」といい、男も惚れる男優だと思う。2の渡辺の愛されるダメ男っぷりも素晴らしく、松岡とのやり取りはもうずっと観ていたいと思うほどだ。
MOTO

MOTOの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画、実は「タクシードライバー」みたいなニューシネマですよね。
女の子が主人公だと最後が死亡エンドにならないってだけの話で、アパートの玄関でのキスのシーンではアンモナイトに象徴されるイチくんと過去の自分を思いっきり撃ち殺してますよね。
社会不適合者で現実見てなくて思いっきりが良すぎてハードボイルドなところのあるヨシカ大好きです。
a

aの感想・評価

3.7
私が好きな人と私を好いてくれる人。そりゃあ、どっちもがいいけど、承認欲求に勝るものはないな。誰だって絶滅なんてしたくない。
so2a

so2aの感想・評価

4.0
北村匠海がひたすらカッコ良かった
SahoMaeta

SahoMaetaの感想・評価

3.4
綿矢りさ感出てた。
2017年公開
監督 : 大九明子

筋金入りのこじらせオタク処女が、10年片思いの相手と、突然告られた同僚男子の間でぐちゃぐちゃすうお話。

自分らしさは、他人が輪郭を引いて初めて見いだされるものなんだよっていう物語。「こじらせている」という状態の定義を、我が身をもっていろいろ思考実験してきた人生ですけど、はい、自分も。要するに「他人に自分らしさを明け渡す勇気がない」ということなのかもしれない。誰にも影響されず、どこか自分を社会と関係づけられずに空中で社会を見ているつもりに自分だけはなっていて。ああ痛い痛い痛い痛いという映画でした。共感しかない。松岡茉優さすが、ファンです。

「本能側の人間」とかレッテル張っちゃうところとか、飲み会から抜け出してふぁっくふぁっくふぁっくふぁっくふぁっくとか言っちゃう感じとか、ほんとあるあるでしかなかったわーやばかった。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

-
記録

評価高ッッッ‼︎
癖が強すぎる映画ですねッ。
私ゎ少しも共感できませんでした。
松岡茉優ちゃん!めっちゃ好き!
とにかく松岡茉優ちゃんがかわいい!
2人の男性に悩む姿とそれでも強く生きる姿が良い!
やっぱり演技うまいね好き
何て言うかスゲエッて感じです
Shuu

Shuuの感想・評価

4.5
突然告白してきた職場の同期と、中学時代から片思いしていた同級生との間で揺れ動く女性の暴走する恋の行く末を描く。初恋相手を思い出しては胸をときめかせ、毒のある本音を吐き出す不器用なヒロインを松岡茉優が好演。

初恋相手のイチを忘れられない24歳の会社員ヨシカは、ある日、職場の同期のニから交際を申し込まれる。人生初の告白に舞い上がるも、暑苦しいニとの関係に気乗りしないヨシカは、同窓会を計画し片思いの相手イチと再会。脳内の片思いと、現実の恋愛との狭間で悩むヨシカは……… 。

松岡茉優の演技良かったです。クレイジーな24歳ですよ。同窓会を企画してせっかく片思いしてた同級生に出会えたのに名前を覚えられていなかったのは辛かったな。君、きみって。そのうち、黄身になってしまうぞ。(絶対にならん(笑))
それより、個人的には渡辺大知の演技に注目しました。この人どこかで見たことあるなと思ったら、SUUMOのCMに出てた人だー!って。思い出したらスッキリしました。クレイジーな同期に振り回されても、2番手に思われていても、別れを告げられても、そんな彼女に一途な彼が今作では1番魅力的でした。彼女の嘘をも本気で信じているほど。同僚の女はゴミでしたが、彼は常に紳士でした。
高評価して良い作品だと思っています。自分の感覚を信じています。
>|