勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

まり

まりの感想・評価

3.7
主人公がすごい
なんかちょっと痛々しくて、所々ほっこりした!
観れて良かった〜!
さちき

さちきの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自分がつくる心地いい世界に
現実の他者をきちんと存在させて行く
主人公ヨシカ。

「やっぱり現実世界を生きるのは難しい」
と思いながらも、
そういった決めつけを外して生きる
現実も悪くないと思うヨシカから
素直さって大切と思いました。

最後の赤い付箋に
水がしゅんで行くシーン、
ドキドキしました。
dpb

dpbの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

勝手にふるえてろ、って最高に痺れる台詞だ。
現実のうだつの上がらなさに、非現実はいつも優しく温かい。
良いじゃん、別に、それが私の生き方なの!でも、本当は分かってる。痛いほど分かってるんだ。
怖くて怖くて、傷つく前に傷付けて、ただ自分に自信がない臆病な私。
二ってめっちゃ良いやつ。モテないけど、本当に良いやつ。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.8
よしかと二の最後のやりとりがステキ。
まっすぐシンプルな言葉が1番刺さるもんやなぁ。
fonske0114

fonske0114の感想・評価

4.0
あるOLが恋と理想の恋、現実と空想に悩み葛藤するラブコメディ。
恋愛もの中心な一方、社会における孤独や葛藤も描かれたドラマでもある。


以下ネタバレ感想を。


本当に好きな人か居心地のいい相手とどちらがいいのかという恋愛劇かと思いきや物語中盤からの自分の世界が崩れていく展開は圧巻。

恋愛劇でいえば男女の異なる価値観や思い込みが描かれているが、その一方で絶滅生物、自分が見たいように物事を見て妄想して生きている世界と現実が作品の主軸。

物語中盤、自分が名前を覚えていないのは平気なのに、自分が名前を覚えられていないという皮肉な出来事から自分の世界は崩れ落ちる。
視聴者にとってはそれまで見せられていた映像の多くが(中学から片思いな彼に対しても)主人公主体であり妄想していたものだったことがわかる。
現実世界は人との接点は皆無で孤独な自分という厳しさに襲われる。

それ故惹かれていく恋人候補だが(花火で恋の炎を描写)、それもなくなり孤独と破滅、自分の絶滅へと繋がる。

松岡茉優がミュージカル調の明るい役から自己解放し素の自分を出すキレ役、絶望的シーンなど後半になるにつれて様々な表情を表現している。

実家はあるも家族は誰も登場しないため、東京という都会における孤独が色濃く描かれている。

タモリ倶楽部の空耳アワーのネタは細かく、今では伝説の「ナゲット割って父ちゃん」ソング(原曲NINE INCH NEILS)を松岡茉優が口ずさんでいたのに笑った。
りさ

りさの感想・評価

3.5

良い妄想も、被害妄想も自分の中だけ
ちゃんと相手と会話しなきゃ分からない

序盤はみんなと仲良しすぎて楽しそうだし、洋画のミュージカル映画みたいだったけど、終わりの方で、邦画だな〜って思った

イチが魅力的すぎて、心苦しかった。。


全体を通してぶっ飛んでて
会話の節々が面白くてたくさん笑った映画でした
sorahi

sorahiの感想・評価

4.0
「恋でしょ。素敵。神々しいわ」

松岡茉優炸裂。

独りよがりな思い込み。
むやみやたらな空想癖。
どうでもいい自己愛。
見栄っ張りの虚言。

すれ違い百連発。
何をやっても空回り。

あぁ恥ずかしい。「異常巻き」の日常。

「いびつかぁ。だから私、どっか自分と重ねちゃうんだな」

こんなに面白いと思っていなかったので、すごく得した気分。浮き沈みのジェットコースタームービー。
ただ、最後、「二」がドアの外に向かって叫ぶ台詞にドン引き。これだけ余計だったな。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
夢からリアルに目覚めていくって感じ。

私は"二"の方は好きな感じ、かなり。
今まで知りませんでしたこの方。監督なんかもされているんですね。
笑うと可愛いし😊
ヨシカと同じくまっすぐなんですよね。


好きって気持ちははっきりしているようで掴めない
フッとしたきっかけで好きになるけど、パッとその気持ちが切れてしまうこともある。
ヨシカ良かったね、"二"がまだ好きでいてくれて…と私はホッとしました。
"二"は貴女を見ていてくれてるんだよ、それって大事だよ。
気がついて良かったね☺️

悩めるヨシカ可愛い映画でした。
世界観やばめで面白いし、配役がナイスでした!
最後のシーンの二の行動にはやられるう〜
>|