勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.1

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
20180118 16:45〜
原山台

原山台の感想・評価

4.5
さいこう
だいぶ乗り遅れてしまったけど、やっと、やっと!!仕事終わりに劇場駆け込み1人鑑賞。

予想を何倍も上回る面白さでふるえた、、、もっと早く見ればよかったと大反省。
細かい演出でいちいち笑った
もっかい見に行きたい、いや、見に行く!

面白いだけじゃなく、妄想から現実世界への切り替わり、孤独への気付きのシーンとの振れ幅もすごい。

世間との距離を実感し、友達からも彼からも見下されてる気になり、そんな最中にいつも1人だった隣人も突然たのしそうに男とセッションを始め、、
F**Kと叫ぶヨシカの気持ち、お察しする。
26歳にして拗らせてるなぁと思えば思うほど、どこか私自身と重なる部分も増えてきて、だからこそ、あんなにも喜怒哀楽に素直なヨシカが羨ましくも思えた。

イチとは絶滅した生物の話で盛り上がり、
ニとは生きてる動物を見に行く、つまりリアリティ。
終盤、お互い はぁ!?はい!?と叫びながら、ヨシカが二に素の自分をさらけ出していくシーンは、妄想でも化石でもなく、紛れも無い現実、生きている感じがした。
めんどくささも含め、人間臭くてとても好き。

今まで見た邦画で一番好きかも。
原作も気になる。読んでみようかな。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.8
こんな小笑い挟みまくった映画観たのはじめて いや、?feelingが合うやつなんだ 同じパッションを感じるよ〜綿矢りさ原作

渡辺大知 ウザイなっておもってたら途中から惚れだしてしまった めちゃかっけえ めちゃイケてる 黒猫チェルシー、チェックしよう.
内容めちゃ分かるし もう ああ〜
ものすごくちゃんとしてる
(言いたいことと違うけど、言葉が出てこない)

そして松岡茉優はハンパない
ひねくれで自分勝手で夢見がちな絶滅危惧種系のこじらせOLヨシカ

この映画失速という言葉を知らないのか?と言いたいほどの加速度!
妄想と現実のMIXされたイタいミュージカルがとにかく自分に刺さって仕方がなかった……そしてどいつもこいつもキャラが印象に残りすぎるほどのインパクト!控えめに言って最高。

とにかく共感!あぁ自分もヨシカのように好きな人を視野見してたし妄想をこじらせてたつまりこの映画は俺のための映画だ!いや俺の映画だ!!

この映画で一番の評価ポイントは何と言っても松岡茉優の圧倒的可愛さ!尊さ!
今後の活躍が非常に楽しみです。

最後に

勝手にしやがれ!!!!!
momoko

momokoの感想・評価

4.9
記録。
恥ずかしくて死にそうだった。
ヨシカと同じ24歳。

刺さった刺さった。
まるで自分を見ているようだった。
大人ぶっててむきだしの子供だ。

二を見てもまるで元彼を見ているようだった。
そうか、好きでもない人と付き合ったのは自分が傷つきたくなかったんだ…と気づいた。

でも結局
恋愛って不器用で恥ずかしくて死にそうなんだなと思ったしそんな気持ちをもう一回味わってみたいような気持ちになった。

女の子の声色を上手く使い分けていて側から見るとこんな感じなのかと思った。

松岡茉優最高。
みさ

みさの感想・評価

4.5
もう一回観に行きたい!

松岡茉優はもちろん良かった。
けど、私は渡辺大知の方が印象に残りました。
おそらく初めて拝見して、
あまりにもはまり役、あまりにも私の嗜好にドンピシャすぎました。

主題歌も黒猫チェルシー。
映画館を出た足でCDを借りに行きました。

もっと大人になってから見たらだいぶ感想は変わるんでしょうが、
22歳の私には共感するところもあり、非常に面白かったです。
観てきた観てきた観てきたー!!
演出、めっちゃ面白かった!
ヤバい!
何処までが妄想で、何処までが現実なのか、ハラハラしながら観ました。現実に引き戻されて夢から覚めた時の気持ちの代弁の仕方が、凄いよかった。
歌って踊ってるけど、決してミュージカル的なものではなく、むしろ泣ける…!
とにかく、劇場で見れてよかったー。
ヨシカが痛すぎるけど、めっちゃ共感どころはあります。
現実には二のようなぽっと出で告白してくるハイテンション男子は居ませんが…。
しかしかっこ悪いイケメン男子、似合ってたなぁ。

そういえば黒猫チェルシーの唄、久々に聴いた。

大九明子監督、これからチェックしようっと。
>|