勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

ねこぜ

ねこぜの感想・評価

4.3
予告も見ずに観たけど大当たり。
なぜかもっと暗い系かと思ってた。全然ラブコメ。でも甘過ぎずカオス過ぎずなきゅんきゅんがちょうど良すぎる。
そもそも邦画の恋愛系はやりすぎなんじゃないかと思えてきた。無理して洋画の恋愛ものみたいにせんでええねん。ありそうでなさそうだけどありそう、っていう究極のリアルさ。シャイだったり猫かぶったりちょっと無理してみたり、自然な日本人らしい恋愛観。求めてたものはまさにこれだよって個人的にどストライクすぎて勝手に震えてた。これ観てしまうともうモテキとかお下劣すぎて観れないわ。
渡辺大知さんのイケメンともブサイクとも言えない感じも絶妙、、
良香のこじらせ具合は流石に未体験すぎて軽く引いてしまうレベルだったけれどほんとおもしろかった。上司がフレディに似てるくだりとか昨日ボヘミアン観に行ったわたしとしてはタイムリー過ぎて沸いた。

玄関でふたりが抱き合うシーン、ここで終わるなと強く念じたけどあっけなくエンドロールに入っちゃってもどかしさ半端じゃない。。その後めっちゃ気になるタイプのやつ。
それにしても国外逃亡した同級生になりすまして同窓会開くってナイスアイデアすぎてちょっとやってみたさあるやん、、やらないですが。
おとぎ話みたいではじめて見た趣里ちゃんは相変わらず可愛いし細すぎる。。
松岡茉優さま。大好きです。そのまますぎて演じてるように見えないです。
とにかく記録として興奮冷めやらぬ中書きなぐったらなんか痛いレビューになった。これはきっと良香のせい。。
このレビューの中に〇〇すぎてという言葉はいくつ出てきているでしょう。数えたら負けなレビュー癖。
nnewao

nnewaoの感想・評価

2.8
めんどくさ。
それよりも趣里の存在感。
予想してた以上の展開で良い意味で裏切られた。
最後の方とかもうなんか、祈ってしまった(?)
自分とヨシカの性格と過去が重なりまくって、自分の過去を追体験してる感覚に陥った。
こんな作品に出会えるなんて。
KOICHIRO

KOICHIROの感想・評価

3.0
映画『勝手にふるえてろ』鑑賞。

松岡茉優にやられました。
すー

すーの感想・評価

5.0
原作から映画鑑賞。原作から映画は本当に大変だと思うけれど、この作品はかなり面白い…。松岡茉優が大好きになったと同時に只者じゃない女優さんだと認識。ラブストーリーが苦手な私でもめちゃくちゃ楽しめた。観てない人には是非とも勧めたい。ただのハッピーエンドではないが悲しさはなく、ふとした時にまた観たくなる作品。
の

のの感想・評価

-
ここ最近は女子中高生向けのキラキラした作品を観ることが多かったのですが………
こういうのが観たかった〜〜〜!!!おもしろかった!!!個人的には好きな作品

あのヲタク感といい、拗らせ具合といい、
よしかって………ワイやん………???
観ながら「イチが好き〜〜〜!!!」、「ザッツビューティフルサンデーだよ〜〜〜!!!」って言いたくなるし、もはや言ってた
よしか側の人間としては、後半30分は苦しかった………イチは永遠の王子様だし、二はいいやつ

そして何より松岡茉優ちゃんがめちゃくちゃハマっていてよかった
MEMO

MEMOの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

キャストが豪華すぎ。ゴミみたいな日々にファック分かる。視野見分かる。カスからのリア充からのカスからのカス。情緒不安定さがほぼ生理前後のわたしだし、浅はかな人間関係と過去への拗らせに我が身を想うよね。欲を言えばラストの付箋が濡れたシーンで致しててほしかった。ほぼ舞台。
>|