勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

綿矢りさ読んでるときのギャーーって感じがちゃんとあってよくできてんなあ…ってめちゃくちゃ感動した。
黒猫チェルシーの人だったんか
男も女もこれ観て人間ってこういうもんだよなって言ってくれよ
MossMiLL

MossMiLLの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いやあ、面白かった。めっちゃ笑えた。二に最初ドン引きだったけどだんだんかっこよく見えてくるのが、俳優さんってすごいと思った。
同窓会の「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」(カメラパシャッ)とか「何描いてるの~?」「オリキャラ」(即答)とかのコミュ障丸出しの場面がすごい好きだし笑えた。ここまで女オタクのイタイ面をおもしろく切実に描いてくれた映画は見たことなかった。二と動物園デートでうまく行きかけると思わせてからの「そうは問屋が卸さねーーんだよ!こっちは十年こじらせてんだよ!!」みたいな荒れ狂い方が面白かった。あれは入れるべき。そしてこじらせまくったヨシカのダークサイドを(いくら好きだからって全部しなだれかかっちゃだめだよと言いつつ)「好きなもんは好き!!」って告ってくれる二。ヨシカ二に会えてほんと良かったね。
コミュ障ゆえの過剰になりすぎた自意識とか人と関わる恐怖を厳しくも暖かく描いてくれてる。
変に大胆で変に冷たくてわりとよくぶちぎれるヨシカが好き。実際友達になれるかってったら微妙だけど。
片桐はいりとコンビニ店員付き合ってたのも好き。
この映画カップルがデートで見た場合一体どうなっていたんだろう?
Nia

Niaの感想・評価

3.5
うん、よかった、よかったよ、
思ってたよりぜんぜん面白かった、
ただの恋愛映画じゃないし、たくさん共感できることあった、たくさんたくさん心では思うことがあってでもそんなこと口に出せないしだからこそ松岡茉優ちゃんが家で怒って叫んでたところちょっと共感しちゃったし、もっと言ってやれ!!って気持ちになった、
この映画は本当に松岡茉優のためだけに作られたような気がするくらい松岡茉優ちゃんが合ってたあんなに可愛い顔をしているのに暗いキャラを雰囲気、話し方からかもしだしてたのすごい、、
けいこ

けいこの感想・評価

4.0
なんかしながら見ようと思ってたけど、全然手につかんくなるくらい面白かった😊
ちょいちょいヨシカの気持ちわかるわ〜😂笑 と思うと同時に、自分拗らせてる〜😂笑って笑えた笑
テンポよくて楽しい
妄想が面白い笑
tf

tfの感想・評価

3.8
記録
人前では見せない、自分だけの妄想型。
やる時はやる!パワーに元気付けられる!
真の強さが服に出てる、きまってるっ☆
こじらせてるねぇ…
妄想で10年もの間片思いできるなんて、凄いと思う。でもそれで毎日イキイキ出来たから良し。
ただせっかく動いたのに、あれで諦めるのがもったいなかった。

#視野見 だな笑
natsu

natsuの感想・評価

3.7
久々のおうち映画鑑賞。

妄想こじらせムービー?
上がったり下がったり、歌ったり、がんばったり、ウダウダしたり、引きこもったり、投げやりになったり…
どこに着地するんだろ…と思いながらみてたので、ラストは少しホッとしたというか。

とちゅうまで何度も、もーうヨシカは…何やってんじゃい!って思ってた。
イチとだって、話も合うし、そのままアタックしたらよかったのに、って本当は思う。でも名前を覚えてもらえてないことにすごい勢いで意気消沈しちゃってる…わからんでもないけど。
だけど、あそこまであんだけ頑張っといて、そんな簡単に?って思っちゃうよ。がっかりと同時に恥ずかしさみたいなものもドッとくるのでしょーか。

釣り人やコンビニ店員との会話が妄想なんじゃないかってのはうすうす感じてたけど、あの素朴な歌(ミュージカル仕立てだけど、わざと素人っぽく歌ってる)は映画の肝というか、「なんだろこの映画は?感」が出ててよかったわ。

それにしても、二が、よい人すぎる。あんなに好きになってくれるひとそうそういない。何度も何度も裏切られてるのに、なんでヨシカのこと好きでいてくれるのか不思議なくらいだったもの。
ちゃんと、ヨシカのこと掴めないヤツだってわかってくれてた!わかんないことだらけだから好きだって!!

ということで、あれれ、うまくいっちゃったよー!って思わなくないけど、2人に、よかったねの言葉を贈りたいと思います☆(今後もうまくいくかどうかはまた別の話〜)

あとはもう、松岡さんをぐるぐる楽しむ映画、なんだろうなー。
satoon19

satoon19の感想・評価

3.4
良い映画だと思うけど自分の感性とは共鳴しなかった
>|