勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

マドカ

マドカの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やっと観た。やっと観ちゃった。
松岡茉優という女優さんはなんであんなに
ふっと漏らす諦めのような笑顔が自然なんだろう…。

ヨシカの脳内飛躍と拗らせぐせ、何気に共感できるので胸がチリチリしてしまいます。恋も、友達も、仕事も積み上がったものを勝手にリセットしてゲームオーバーにしちゃうんですね。失うくらいなら自分で壊す。。イケナイ事かもしれないけど、不器用にしか生きれないんですね。

中学生の頃から好きだったイチを脳内恋人で想うこと、現実世界でヨシカに好意を持つ二の存在…。
恋愛映画っていうより、日常に関わるひとたちに、ぐっと関心を持つだけでモノクロの日常がカラーになるんだろうなって思いました。そういう世の中いいなあ…。

今週も勝手にふるえながら生きたいもんです。
みかん

みかんの感想・評価

4.5
まじで可愛すぎた。
傑作でした。

松岡茉優が凄い、演出が凄い、セリフが凄い、構成が凄い、美術もいい、終わり方も良い。

そのセリフ絶対書けないし、その演出も絶対思いつかないし、そんな動きさせて絶対魅力的に出来ないし。
それが全部出来てる。

非現実的な演出も全て最後に回収するし、その種明かしで主人公が孤独になる構成も見事。

その全てを背負った松岡茉優が異次元のレベル。

近年観た映画の中で一番作家性が強く、普遍性も強い、最強の映画。

ただ一つだけ弱点があって、濃すぎて、これ以上の尺は辛いかも知れない。
中学生の頃から一人の大好きな人が忘れられない女性がある日、同僚に告白されて、思い出の妄想の人か現実の人かで悩む話


恋愛観よりもよしこの自分への価値を見出せない所に凄く共感してしまった。
自分なんかでも好きな人とは会いたい話したいという気持ちが抑えられなくなっていく感じがたまらなかった。

僕は最後は二の優しさに気づいたとかじゃなく、孤独に耐えれなかったんじゃないかなと捉えたんですけど、みんなはどうなんかな?

でも珍しくイチもニも出てくる男両方カッコいい感じやったなタイプ違うけど笑笑
面白い。デフォルメの仕方は映画だけど細かい部分は現代的で共感できる所が多かった。こういう映画があるから邦画の方が合ってるなって思う。ほんで何より松岡茉優かわいい。
N

Nの感想・評価

3.2
不思議な作品。
松岡茉優好きのための映画


私は内容?松岡茉優の役には共感出来なかった、
多聞

多聞の感想・評価

3.6
小説の方が面白いけど映画の方が好き。小説の「ニ」は映画よりウザくてキモくて、もう生理的に無理みたいな感じなんだけど、映画の「ニ」は可愛かった。うっかり好きになってしまうところだった。俳優さんの力かなぁ。あと片桐はいりが良かった。オカリナよい…。少し残念だったのがお母さんやお父さんとの電話シーンがなかった所。普段無口なお父さんが一言ボソッと言う場面が好きだったので…。でもすごい面白かった!松岡茉優歌上手ですね。
初見。
マイペースにひたすら我が道を往く、妄想癖はかなりの重症。そんな女性のシュールな恋愛ストーリー。独特でシュール、まるでコントのような世界観がおもしろい。

良い良いとは聞いていたが松岡茉優ちゃんの演技、本当に良い!

理想と現実に揺れ動く恋愛経験0のOLヨシカ。しかもその恋模様は自分で勝手に振り回されに行ってる感が強い。妄想の世界に入り浸ってばかりのちょっとイタい女性だ。

ヨシカは基本的にはガッツリの陰キャラ。暗い性格で趣味もだいぶ変わってる。イケイケの女子には程遠い。
でも時折見せるピュアな一面、可愛らしい一面にキュンとくること間違いなし。変に自分を着飾ったりしない、背伸びしたりしない、でもちょっぴり不器用な恋模様。
はたから見れば奇怪な行動でも純粋な気持ちがあれば相手に伝わる。自分のことを真っすぐに見てくれる人って大事だ。そんな人は意外と近くにいる。そんなことを思わせてくれる作品です。

とにかく松岡茉優ちゃんの好演が光ります。
”陰なのに可愛いらしい”これってけっこう難しい。それを違和感なく表現できている。
あと単純に最高に可愛い。もう松岡茉優ちゃんでもOLヨシカちゃんでもどっちでも良いからマジで付き合って欲しい。
Geeeeeenta

Geeeeeentaの感想・評価

3.9
まあまあ面白かった。松岡茉優が半端なく引き立ってる映画な気がする。なんか素な感じですげえ演じてるって感じがしなかった。まあ演じてるんですけど。ラストはまあって感じでしたね。2019年見た映画100本目の映画〜。
>|