勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価・動画配信

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.5
見てるこっちが震えるわ
ミャン

ミャンの感想・評価

3.8
世間ってそれ程自分のこと必要として無いけど、その中でも必要としてくれる場所があってひとがいるから、プライドなんて捨ててちゃんと大切にしたい。でもたまには思うがままにぶつかるのも悪くないなあ。
恋愛経験ゼロの主人公ヨシカは、中学の時に好きになった片思いのイチに脳内で恋愛を続けていた。そんな彼女に、仕事で同期の霧島がある日告白をする。初めての経験に戸惑うヨシカ。空想の中の恋愛とリアルな恋愛の狭間で、独特な感性を持つ彼女の心はグラグラと揺れ動く。

すこーし面倒くさくて思考回路がぶっ飛んだ女の子の恋愛ストーリー。最初はおばちゃんついていけるかな〜と思って観てましたが、なんだかんだ面白い。
こんな作風はあまり見た事がなかったのですが、再会したイチに、落胆してしまい失恋(勝手に😅)したあとのヨシカの感情をミュージカル風に歌ったシーンは悲しい気持ちと、おかしな気持ちが入り交じり、泣き笑いしてました。なんなんでしょ〜この気持ち…。
松岡茉優の演技力は魅力的なものでした。
赤い付箋は特別な時に使われて、めでたしめでたし。
yagi

yagiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ニが生理的に無理すぎてどうしてもラスト納得いかんかった
レビュー色々見てもニ絶賛されてるからビビる
絶対イチ派やわ〜
この映画で初めて北村匠海のかっこよさに気づいた
松岡茉優はほんまに天才すぎた
POUTY

POUTYの感想・評価

3.6
普通に面白かった
ポップだなあー。
大学生になったばかりの時の恋愛を高校の時の先生に話して、諭されたことを思い出した。
心底好きか、意地なのか、ありのままの自分を受け入れてくれている人か、自分の幸せを選ぶのは自分だけ、そういうことなのかもしれない。
1番目、2番目どちらを選ぶべきかってもしかしてお互いが同じくらい好きか、片方の好きが上回っている関係の違いなのかもしれないな、わかんないけど。
ちゅけ

ちゅけの感想・評価

3.0
鑑賞記録

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。特に終盤すごく良かった。
「視野見」って言葉いい。

ひたすら生き下手な松岡茉優。あんな性格だけど行動力はすごい。同窓会はアウェイなんだから悪手だろ。

いいセリフだったり面白いセリフがちりばめられている。
「この距離が私と世の中の限界」
「処女を可愛いと思う男なんか大っ嫌い」

ニはうざくて気持ち悪かったのに、最後にはちゃんとカッコよく見えたなー。
OBAKE

OBAKEの感想・評価

-
伏線の多さ、まさかのミュージカルなどすごい構成。松岡茉優のファンはこの映画で増えると思う。妄想が突き抜けた演技がすごい自然。本当に現実と妄想は表裏一体である。
お気に入りは視野見。なんかやってしまうよな。
第33回東京国際映画祭まで 
あと「4日」📣✨✨

《ただの痛い奴、、?いや、、》

中学生の頃から思いを寄せている“イチ”と告白された同僚の“二”。
好きな人と好きになってくれた人の間で揺れる、不器用で精神不安定気味な女の子の恋の物語。

全く先の見えない展開にハラハラしっぱなしの映画です!!
主人公の松岡茉優さんの脳内では、嬉しがったり、落ち込んだり、ポジティブだったり、ネガティブだったりと様々な感情が行ったり来たり。次はどんな気持ちになるのかな?そう来るのか!!と驚きと笑いの連続です。

一見、"痛いやつ"な良香のことを応援したい!と思ってしまうのは僕だけでしょうか、、?

大久明子監督の
新作映画『私をくいとめて』も必見です✨✨✨

---------------------------------------------
第33回東京国際映画祭
部門[TOKYOプレミア2020]
私をくいとめて
おひとりさまの生活に慣れきり、脳内に相談役Aが爆誕した31歳みつ子と年下男子による、あと10センチ近づけないふたりを描いた共感度100%の崖っぷちロマンス🔥



詳細は東京国際映画祭公式ホームページ、FilmarksのTIFF特集をチェック✅✨

(鑑賞者: わたる)
>|