勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

3.9
凄いな、凄すぎる。
二時間ドラマのような映画は多いが、これはまさしく「映画」である。
全ての人がヨシカに共感するとは思えないが、一定数の人は共感するだろう。自分は引くほど共感してしまった。

ヨシカの現実逃避と現実に直面した時の絶望と孤独はあまりにも生々しい。それを表現する「絶滅すべきでしょうか」のミュージカル風演出と家の玄関での涙が印象的。
加えて、イチについては内面や人間性をあまり出さないようにして、ニについては喜怒哀楽をしっかり描く。このコントラストが非常に鮮やか。
着信拒否されてる時のヨシカの「ファーーーック!」はマジで最高だった。
きりみ

きりみの感想・評価

4.0
面白かった!
飽きないし、テンポよいかんじ。

松岡茉優のやりきってる感じがとても好きです!最高です!!

こうゆう妄想自分でもしちゃう時あるし、ちょっとわかるわ〜って感じもしましたw
原作も読んでいたので、どうしてこんなにくだらない内容の小説の映画がこれほどまでにもてはやされているのか、まったくわからなかったんです。結局、実際に映画を見てみても、それはわかりませんでした。綿矢りさも、大九明子も、そしてこの映画の企画者たちも、語りたい物語などないのだろう。じゃあ、なにも語らなければいいのに。いまやだれもつかっていないインスタグラムのフィルターみたいな画調ですね。演出はテレビ・シーエムをつなげたみたいですね。マイナス 5.0 点。
左利き映画
友達にいたらめんどいので
お互い交わらないところで勝手に生きていたいです。好きなものとかでたまに繋がりましょう。
2018.3.14
とてもよかった。
とても痛々しいのがよかった。
まるで自分みたい。
yousuke

yousukeの感想・評価

3.8
なんと書いたらいいのか。。

同僚女はクズってことは分かった。
MiyuKaneko

MiyuKanekoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは顔面以外は自分では…!?と思う位共感した。正確に言うと20代前半はこんな感じだった気がする、今の自分だときょうかんはできないが。

渡辺さんはこの上なく二、だったなぁ。
毒島ゆり子の時も思ったけど、ああいう雰囲気の人上手だよね。
chan

chanの感想・評価

4.2
好き〜〜〜〜〜〜〜

視野見から始まり人の名前覚えようとしないところも自己完結の世界でマイワールド繰り広げちゃってるところも恋に恋してるところも1人になった途端のふぁーーっくも、これは間違いなく私だ。
って誰もが思っちゃうようなヨシカは
全然絶滅危惧種なんかじゃない。彼女が抱える寂しさも虚しさも切なさもぜんぶ、彼女の可愛さとまとめてぎゅーっと抱きしめてあげたい。
アツくてサムくてウザいんだけどよく考えると色々と的を得てて憎めない二がいるから大丈夫。違和感ないって大事だよ

私にはイチの魅力がこれっぽっちも分からなくて、まさに恋に恋してると思える対象だった。
ズリ

ズリの感想・評価

5.0
ほんとーーーーーーに好き
捻くれ曲がった私の心にジャストフィット
こんなもんなんだよ人間
以外の人間は
松岡茉優なんかより醜いけど、自分を見れて、笑えた。
大切な映画になったよう!!!
に

にの感想・評価

4.1
クラブで反復横跳びするシーン声出して笑った。なんなら戻して2回見た。

前知識なく観たけど予想してなかった急上昇急降下な展開にぐいぐい引っ張られた。