勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

4.8
最高で最悪だ!!

根暗 という言葉に縁がない人にとってはただのコメディかもしれんがこの映画のお陰で私は今日情緒が不安定になりすぎて何も手につかなかった…
ヨシカを薄めたら私だ
こういう人が主人公の映画があることがすごく嬉しかったです


きっと見た後の感想がその人の生き方や性格によって変わってくる

大きいスクリーンで松岡茉優さんのあの泣き演技を見たかったなーと映画館に足を運ばなかった自分に深く後悔
でも周りに人がいなくてよかったとも思う


監督がインタビューで、
見てほしい人のターゲットをヨシカ的な人に絞って作った
って言ってたのを読んだけど、まさにそんな映画です

この雰囲気とテンポ感と世界観が好きかどうかで評価が分かれると思うが
個人的にはこの監督がつくる独特な世界観がめっちゃ好きです

情緒が安定してきたらもう一回見る予定
佐藤

佐藤の感想・評価

1.0
名前のくだりを始めとした一つ一つに共感できず、最後まで没入できなかった、、、
shiori

shioriの感想・評価

5.0
綿矢りさの原作擦り切れるほど好きで、はじめコメディタッチにするなよと思ったけれど、松岡茉優の演技の繊細なこと繊細なこと、、
ayumi

ayumiの感想・評価

3.7
プチ恋は追いかけるものシリーズ第二弾

うーん……女性向け

松岡茉優、声にひっかかりのある圧があったり、演技が少しノイジーなので少し苦手

「クィーン」はよかったし、お笑い番組のMCも悪くないんだけど

石橋杏奈の安定感にホッ

そしてまさかの趣里サプライズ



「視野見」してる子はなんとなくわかる

最近の有村架純とかそんな気がする

ちょっと自意識過剰な感じ

どこにいても全部見透かされてる気がしたりでこれまた少し苦手
だんだん二がツボになってくる
脳内ぶっ飛んでて妄想と現実の境目がわかんなくなるし、
やばいやばいってなるけど、
観てて楽しい
おもろーい!松岡さんよい!主人公の思考がぶっとんでておもろいな〜こいつやべえな〜と思いながらもほんのちょっとだけ共感できる。
松岡茉優、最高!
拗らせヨシカにぴったり。これ見たらみんな松岡茉優のこと大好きになるでしょ。
二のウザかわなところも渡辺大知だからより良かった。
観賞後、もう一回見よってなる。
Mikuni

Mikuniの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

笑った!!おもしろかったー!

ネガティブな自意識のかたまりのよしかと
ポジティブな自意識のかたまりの『二』
どっちも気持ち悪いし怖かったのに…やばい、共感した。笑

何気なく人にされたことで傷つくことがある。考えすぎじゃない?と言われることもある。もしそのまま暴走したら、私よしかになれる。(脳内恋愛は除く)
でもまぁそんなときでも
一応冷静に自分のこと見られるから
自分が自意識過剰になってるだけだなって考えて、時間が解決してくれるのを待つ。勝手にふるえてる。笑
思春期の恋愛なんかだとこれが顕著になるんじゃないかなぁ(あと女子の友情ね笑)
でもみんな何も言わないだけで、そういう人、意外と他にもいるんじゃないんでしょうか。私だけじゃないはず…本当のところは知らないけどそう思うと救われるから、そう信じる。笑
少なくとも、綿矢りささんはそうだからこんな物語を書けるんだと思う。笑

あ、でも映画みて、
なんかあったら私もファックくらい言おうかなと思った!ファック!!あいつまじファッーック!!そしてビューティフルサンデーを送る。絶対気持ちいいじゃないか。

にしても渡辺大知さんは不思議でした!
最初は、気持ち悪くてしょうがなかったのにだんだんかっこよく見えてきました。
最後のシーンはよかった〜
「人間てそんなもんじゃん!」
…教えてもらえてよかったね、よしか。そうだよ!人間できる範囲でしか人と関わらないし、大事にできないんだから!
「まだ愛してないけど、それでもかなりちゃんとよしかのこと好き!」
…愛してるって言葉よりも正直で、現実的で嬉しいじゃないですか…間違いなく信頼できる人だよ…

ギャグ要素満載でめっちゃ笑ったし
松岡茉優さんも相変わらずかわいいし
とってもよき映画でした。
なかの

なかのの感想・評価

4.8
ハァ〜〜〜〜将来こうなる気しかせん〜〜
一を追いかけ続けたいよ〜永遠に〜
私情挟んでみすぎて、途中息止まりそうなぐらいやった。コメディ要素があるから中和して観れたサッイコー!
Sinya

Sinyaの感想・評価

4.0

松岡茉優は最強。

かわいいし、間の取り方が絶妙で笑いセンスが最強、そして、好きになってしまう人を惹きつける物がある。

主役のボンクラ感が地に足がついてる。
相手役、特にアイツが本当にいい男でないが良い男感が良い。

そんな人達の距離感、間の切り取るセンスの良い事か。

さらに演出も楽しかった。
彼女の部屋の感じ、服装、趣味、
最高のパンプスを履く戦闘前シーン

後、百合っぽい休憩所はとても癒された

誰にも彼女らの抱える悩み、葛藤、痛さを少なく持っている。それを客観視させ、笑わせ、自分にも帰ってくる切れ味いいコメディー映画だ。