勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 204ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Riisa

Riisaの感想・評価

-
思わず引き笑いをしてしまうほど笑いがこぼれた。でもその対象はきっと、あなたで、わたしで、世の中の人なのだと思う。それぞれの一生懸命さが、赤の他人からしてみれば滑稽に映り、普通の感覚を持つ多数の人と、少数派の変人に別けられる。
イチが絶滅危惧種に詳しかったと分かった時、私の目にはヨシカが、タテとヨコの糸で織られた世界を織り成す一本の糸になったように見えた。
その理由はたぶんこれだ。真っ向からヨシカを見ていた私は、ヨシカが違う世界の人だと感じていたイチが私と同じ側だと思っていたのに、唐突にヨシカ側にひょいと飛んで移ったから。もの凄い驚きと共に分かった、それぞれの価値観なんてそんなものなのだ。
けれど、その瞬間がイチも「変人」に部類された瞬間だとしても、ヨシカが「普通人」に部類された瞬間だとしても、それを知らない人にとってはどっちでも良いことだ。
私たちが一生懸命になって他人から見たらどんな滑稽なことをしていても世間はそれを知らない。
だからこの映画はきっと私たちにこう言うんだろうな
勝手にふるえてろ!

すごく生きるのが楽になった気がする。
ふるえた、最後5分間目が離せなかった
所々ミュージカル調なのにこんな現実的に導いていく松岡茉優さん。あの身から出るセリフ達が大好きだ。
恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。

前々から気になっていたので、レイトショーにて鑑賞。
邦画らしさを全開にした素晴らしい映画でした。
シュールな笑いどころがたくさんあり、レイトショーの少ない場内でも笑い声が聞こえました。
主演の松岡茉優さんが本当にハマり役でこじらせ女子を好演していました。松岡茉優のために作られた映画と言っていいくらいのハマり具合でした。
友達と観に行くと、鑑賞後に色々語り合えて楽しめると思います。

松岡茉優ファンになってしまう傑作です。
kojikoji

kojikojiの感想・評価

4.0
映画に出てくる言葉に魅了された!
リズミカルに飛び出す言葉や、全体的なテンポの良さで、見ていて違和感なさすぎ!
個人的には、映画としてまとめるのではなく、永遠にドラマとして観ていたい感、強し。
何度もクスリと笑ってしまうシーン多し。私は、この映画と付き合うべきだ。
ENEDO

ENEDOの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

拗らせとか妄想すごいとか、諦め早くない!?って感想で終わった人は、健全な精神してると思う

終始ベテルギウスが頭の中流れてた、全く関係ないけど
不器用な男女のラブストーリー。コミカルに、でも、切実に毎日を描いていてとてもよかった。
hazel

hazelの感想・評価

4.3
なにもかも最高すぎる
"処女が好きって言う男なんて大っ嫌い、ふぁーーーっく!"
ぬげこ

ぬげこの感想・評価

3.1
勢いと松岡さんの演技のテンションは見ていて面白かったです。
内容はなんか薄いというか味しなかった。あんな事までしてイチとまた出会えて、完全にヨシカの思惑は成功していた上にイチとのステキなひと時を過ごせたのにアレだけ覚えてなかったからってあんな感じになる意味がよくわからなかったです。私だったらあの場面で自分を心から褒めてあげるけど。
さらにはニとのラストが全く意味が分からなかったから、原作読んで補完しました。
こじらせ女子の恋愛映画ですらダメなのかと、つくづく哀しくなりました。
kana

kanaの感想・評価

2.3
だいぶ意味不明だった(笑) 誰にも共感できずに終わった〜〜。ただポスターが可愛い、好みすぎる。
ドンドンターン!ドンドンターン!
ドンドンターン!ドンドンターン!

あるある連発の心地よさ
すこ~しクレイジーながら
絶妙なバランスの心地よさ

ファック!ファック!ファ~ック!

妄想こじらせ女子が痛々しく愛おしい

すべては松岡茉優のキャスティングの勝利であり
脇を固める面々のキャスティングの妙で
完全勝利なのである

自分も遠い昔に
「タモリ倶楽部」ではなく
「ガキの使い」だったけど
同じようなこと言った経験もあり・・・

相手に言われている訳ではないのに
こっちで勝手に決め付けて
落ち込んだり怒ったり・・・

これは私(俺)の映画だ!
と悶絶できる仕掛けがてんこ盛りなのが
大人気の秘密なんだと思う