勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

たいき

たいきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

激しく共感できて、考えさせられ、反省できた映画

自分に興味なさげな良香のことが気になっちゃう人気者のイチ
良香を振り向かせるために自分を大きく見せようとして裏目に出ちゃうニ
どっちもすごいわかる。笑

男だからか良香には感情移入できなかったなー。世の中の女性はこの映画を見てどう感じるのでしょう…

最後の"勝手にふるえてろ"が誰に向けてどんな意味で言ったのかが謎だったので、原作、読んでみたいと思います。
escher

escherの感想・評価

4.0
松岡茉優、やはり凄い俳優だなと、再認識した。
役柄はかなり捻くれていたが、松岡茉優が演じることによって、観やすくなっていたように思える。
「桐島、部活やめるってよ」で、度肝を抜いてくれた彼女の、さらなる飛躍を願うばかりである。
pyyoko

pyyokoの感想・評価

-

要所要所で共感の域を超えてソワソワしたけど、結局は心の声ダダ漏れの暴走する勇気はないけど、、グサグサくるこの感じはなんだ。。。。

ラストシーンは7割好きなくだりで
3割は勝手にふるえさせて頂きました。
この作品がどおいう意味でも好評な世の中でなんだか安心したよよよ

松岡茉優ちゃんも最強でしたがはいりさんはやっぱり反則すぎるよ、、、、!
handa

handaの感想・評価

3.9
@ヒューマントラストシネマ渋谷

平日でも満席だけあってやはり面白いです。
こじらせ女子の松岡茉優がひたすらファックファック言いまくる映画(笑)
映画館で観なくてもいい気がするが、おすすめです。
こたけ

こたけの感想・評価

4.6
中盤の現実見せつけシーンで大号泣してしまった。
自意識を美化して周囲を茶化してる場合じゃないぞと叱られた気分。
ある意味ファンタジーなラストが自分たち観客に希望を抱かせてしまうのが残酷。でもそのためにフィクションはあるんだなとも思った。
moe

moeの感想・評価

4.2
ずっと観たかったやつ〜観れて良かった。色々と共感(笑)する部分ありすぎて震えた…
azuma

azumaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

わかるわかるこういう人達いるというリアル感と、本音モードの松岡茉優のキレ味の良さがたまらない。笑えるシーンが沢山ある上に、自己嫌悪、孤独、自暴自棄が一気に襲ってきた結果の哀しみが、一ミリも違わずに描かれていて「🏹😭😭😭」という感じ。ラストは底からくるような温かさがあって、なんだかよかったな〜という余韻に浸れる。そして、片桐はいりのことがもっと好きになりました。
euoni

euoniの感想・評価

4.0
10年越しの想い人イチと言い寄ってくる同僚の二の間で揺れるヨシカ。捩じくれ果ててお一人様で完結していたはずの世界に様々な煩雑な感情が流れ込んで、人と関わる事から逃れられなくなった彼女の生存戦略が始まる。
「勝手にふるえてろ」それはヨシカが自分に言った台詞だろうか…それともイチと二に言ったのか…いや多分映画を観てる俺達に言ったんだろう。

自分が男だからかヨシカに共感する部分は多々あれどその感受性の種類は似た場所を走っていても路線の違う隔たりがある気がした。なんというか西武線と総武線みたいな感じ…。
王子では無いけれどイチに共感する部分もある。きっと誰もが誰かの繊細さを踏みにじって生きている。そんな気がしました。
みやも

みやもの感想・評価

4.5
あ〜〜、もう一回観たい。

この映画が刺さるか刺さらないかで、人生が決定的に違うような気がする。
ヨシカの全力の一人相撲を痛々しく感じながら、その反面、自分自身に刺さること刺さること。観終わる頃には血塗れ満身創痍って感じでしたが、その痛みさえ愛おしい、みたいな気にさせられるんですよね。

ヨシカも二も(イチも)不器用で、全然本気のコミュニケーションがうまくいかないんですよ。表面的な、社会生活を送る上でのコミュニケーションは問題なくても、血の通った人間との生身のコミュニケーションが的外れ。これ、めっちゃ分かるなぁと思いました。基本的に自分なんか誰にも見えてないって思ってませんか。私はそういう節があるんですけど、そんな風に過ごしてると生身のコミュニケーションにぶち当たった時にキョドるわ空回るわ最終的には暴走してしまうんですよね。こと、恋愛のことになると。

松岡茉優は文句なしで良かったです。ヨシカは彼女しかあり得ない。
イチの北村くんは、この映画が「刺さらない」んだろうなって感じがそのまま出てて、ヨシカの妄想のイチとのギャップが際立っていたように思います。
二に関しては、絶対にカレシにしたくないとしか思わないんですけど、ラストスパートの追い上げ?でなぜかきゅんとしてる自分がいて、エンドロールの後には黒猫チェルシーのベイビーユーを口ずさんでる自分がいました。

えっと、こういう刺さる刺さらないや登場人物の心情の変化、成長などなど考察の余地を抜きにしても、全体的に要所々々の演出がシンプルに素晴らしかったと思います。エンドロールまで純粋に楽しかった。
映画館に向かう途中、元彼氏の現彼女を見かける。可愛くて笑顔が輝いてる。
わたしは仕事終わりのぼさぼさ頭でマスクの下、抑えきれないモヤモヤを噛み殺して映画館へ向かう。

わたしみたいな女性が、とんでもない傑作…って思う作品です。
観終わった後、しばらく動けなかった。
童貞映画は数知れず、ついに現れた最高の処女映画です。間違いなく今年一。

いいですか、もし観るか迷ってたら絶対に一人で映画館で観るべきです。一緒に観ているその他大勢も(大半は)同士なんだってことも含めて、この映画の良さです。

(思いが強すぎて初めての長文)