勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

松岡茉優さんが可愛い
演技力が高い
人は心の拠り所が必要であること、1人では生きていけないことを再確認する映画
tacky

tackyの感想・評価

3.0
「私をくいとめて」が良かったので、鑑賞。同じ原作、同じ監督なのに差が出たのは、松岡美優とのんの違いだと思う。
こちらの方が先なので、修正して良くなったのかもしれない。

しかし、この主人公の方が、気持ちを理解できた。
名前を忘れられて怒るくせに、自分はニ、としか相手に接していないし。とんでもな嘘をつくし、本命ダメだから、マッいいかで電話して、着信拒否でキレる等々、イヤな性格だが、自分にもあるあると思った。
気を遣ってくれる相手には冷たいが、突き放す奴には惚れるのだ。その点でラストでホッとした。

やはりこの監督の演出は、私にはダメだわ。
俯瞰のショットの多用や、暗闇でのいっせいのスマホライトの点灯など、1960年代にすでに、ヒッチなどが確立した技術が、一周回って斬新なのかな?
この演出が好きな方は、ぜひ「フレンジー」や「めまい」などを見てください。

ただ、大石内蔵助の辞世の句が、うまく使われていた点で、0.5点プラスです。
バッタ

バッタの感想・評価

4.4
凄く良かった。
めちゃくちゃ良かった。

イタくて、痛いけど、良かった。
『花束みたいな恋をした』よりグサグサ刺さった。

多分、いや絶対あそこまでではないけど、「ニ」じゃん!って思い当たる節があって、ヒヤヒヤしました。

『花束みたいな恋をした』の感想で、「黒歴史を抉られた」的なことが多かったけど、そういう意味では『勝手にふるえてろ』の方がしんどかった(黒歴史ではないけど)。


『劇場』といい、この作品といい、松岡茉優が更に好きになった。
erueru

erueruの感想・評価

3.9
痛いけど笑えます。
やっぱりオカリナさんのところかなー。
名前に支配されてる人生もあっていい。
二がいい奴。
5年前に原作を読んでこの度映画を鑑賞。本も面白かったが、映画も別の意味でめちゃくちゃ面白い!アンモナイトが出てきた時は笑った。最後の玄関のシーンで「ニ」に触れる際、アンモナイトに触れてたように恐る恐るくるくる触れたのも面白かった。松岡茉優さん、これが初主演とは。。。素晴らしく引き込まれました。
イチが好きだけど、ニとの方が幸せになれる。
頭と心って結びつかないよね。
まぁ、ニもビミョいなって見てて思ったけどね。

キミって呼ばれて、あそこまで冷めるとわ。
確かに人にお前とか言われるの好きじゃないけど、、
ちなみに私はデートの待ち合わせ時間に、相手が集合場所に居ないと冷めます。
momo

momoの感想・評価

3.5
松岡茉優さんの演技力の高さに脱帽。
周りのことを客観的に見て色々自己完結してる感じが好き〜

このレビューはネタバレを含みます

私をくいとめてが良かったので続いて視聴。松岡茉優が一人でいる時、郵便を受け取る時、同僚がいる時など環境よってや物語の中の出来事によって態度が変わっていく演技が凄かった。妙に他人と仲良くしていて違和感のあった演出も後に説明がされたり、一とニの対比など全体的にとても分かりやすかった。あと個性的で印象的な台詞が多く、コメディとしても面白い映画だと思った。
日本の映画で1番fuckって言ってるんじゃない?って言うくらい松岡茉優がfuck言いまくる映画。
しほ

しほの感想・評価

3.0
私をくいとめてと同じ演出だ!
と思ったらやっぱり脚本と監督も同じだった!