勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 350ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

MIMU

MIMUの感想・評価

5.0
拗らせ女子ーーー!でもわかるよーーー!
最強に面白かったわかるよわかるよーほんっっとに何も知らない人のこと気になるよねーーでも自分のことも知ってほしいもんだよね人間
松岡茉優うますぎてか素ッポイ感じも役にハマってた
akiko

akikoの感想・評価

4.0
サブカル、はみ出し者、絶滅危惧種。異常巻きのひとりとして痛々しい日常にひたすら共感した。特に中盤の重要なシーンではこみ上げてくるものがありました。
最高。ほんとうに最高でした。

ヨシカと自分が嫌になるくらい同じでズキズキした。

自分が最近好きだった人は自分にとっては憧れの存在。頭の中で数少ない会話を思い出しては妄想で膨らませて、ニヤニヤしてた自分。

「好きじゃないよ」とか表では言っときながら、どっかで今も彼に依存してる自分。

嫌な事があると一人部屋に籠ってブツブツ言ったり、それでも収まらないと壁をドンドン。「ギャァァァッ」と叫ぶ自分。

実際私もそんな事を続けて、部屋に籠って日光を浴びない不健康女になってたし、すごい孤独だった。
でも改めてその時を振り返ると、自分が見ようとしてなかっただけで、周りには自分を見てくれている人はいる。

今までほとんど自分自分で生きてて全く気付かなかったけれど、この映画を見て、イチカを見ていて、痛かった。

「自分、こんなに痛いの。」

ほんとうに恥ずかしくて恥ずかしくて申し訳なくて。

だからゆっくりでも変わっていく。痛くないやつになってやる。

そして二。
二はすごくダサいけどすごくステキ。
ダサくたって良いじゃない。
キラキラ輝く王子様なんかじゃなくて良いじゃない。
一緒にいて居心地が良かったらそれだけで良いじゃない。

またすぐにでも見に行きたい映画。
主題歌もリピート再生中。

東京国際映画祭にて鑑賞。

女ってこういう生き物だ。

私自身とっても共感できる映画だった。

この役は松岡茉優さんがぴったりすぎる。
イチ役の匠海もニ役の渡辺大知さんもとても良かった。

ぜひ多くの人にオススメしたい。
TM

TMの感想・評価

4.3
思ったより、イタい感じがないのはやっぱりこれがリアルだからなんでしょうか?笑

キャラが明確で笑いのセンスとテンポの良い展開も絶妙だったので、原作も読んでみたいなぁと思いました。

後半ダレてきたあたりで、
あのプッツンいく流れからのとてつもない暴走っぷりはまさにB型あるある満載で、なんともお恥ずかしい限りではありました。笑
a

aの感想・評価

4.5
満足度120%
良くも悪くもよしかの行動力を見習おうと思う。
面白かった!!
テンポと言い見終わった後の満足感が凄いです。松岡茉優がずっと可愛いのでファンには絶対に見て欲しい。
世界観もずっと可愛いのにストーリーも良い。どこか共感できる人が見た方がいいです。
渡辺大知くんのあの情けなさそうに笑うかんじがすっっっごくすき、かわいい
あん

あんの感想・評価

4.2
すき!
松岡茉優が痛いみたいな話聞いてたけど自分的には共感するところ多くて(人多いところでは全然喋らんのに外いってはきまくるとことか、友達とは普通にふざけるとことか)全然好きやった。共感ど多いからこの映画すきみたいなんは違うけどキャラクター好きになれるかで大分楽しさ変わってる気する。
2は普通に初っ端からだるい笑笑でも最後まともなことしか言ってなくて笑
終わりもよかったなー!歌うまかった、まゆちゃん。
小森

小森の感想・評価

5.0
ああああああああああ!!!!!!すみませんでしたああ!!絶滅したいいいい!!もう何から何まで共感できるううう!古傷えぐられたああああ!!!

他人から見たらどーでもいい事気にして、バカにされたくないから斜に構えて、頑固なのに脆くて、傷付きたくないから他人と距離置いて、でも一人前に優しくされたい人(過去にそうだった人)全員に見て欲しい!道連れにしたい!!!
ここまで精神を搔きむしられたのは「何者」以来です。私にとって特別な映画になりました。