勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 350ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.1

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Hironori

Hironoriの感想・評価

4.0
かなり笑えた。楽しかった。
今年の邦画では一番好きかもしれない。
松岡茉優って凄い女優だなと改めて思った。
ゆー

ゆーの感想・評価

4.0
始めっからこんな飛ばして大丈夫か!?って思う位面白かった♪主人公のこじれ具合も見てる分には可愛かった♡(近くにいたらめんどくさいけど…)どんなにこじれてても自分の事を好きになってくれるなんてなんて幸せな事なんだろうな♪
ニセ明

ニセ明の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どちらかというと男の方「二」の気持ちに共感した。
振り向いて欲しくて少し見栄を張っている普通の営業マンという役どころ。
営業マンという所も個人的に自分と少し似ている。
でもここまで自分はいい人ではない。すごく普通でいいやつ。なのでなんであんなこじらせ女子を好きになるのかがよくわからなかった。好きになるのに理屈はないというのか。
リア充には到底わからないであろう展開。いきなり歌を歌っちゃうし…。
胸をキュンキュン?したい人は今やっているリベンジgirlを観ているのであろう…。
そんな展開を期待している人にはがっかりなラストであろう。
松岡茉優は心の声が爆発したシーンとかは特に印象的、嫌な女。
渡辺大知も初主演映画から演技がすっかり役者になってる気がした。ホテル街のシーンは特に思った。
内容に関してはフワッと終わった印象。消化不良。
同僚の子とはあの後も恐らく上手くはいかないだろうと思った。
現実の彼氏「二」ともあのあと幸せになるのだろうかと。
「好きではないけど愛してはいない。」このセリフは映画を象徴している気がする。
IKUNA

IKUNAの感想・評価

4.3
笑えたり胸が苦しくなったり面白かったのに見終わった後は絶望して何も考えられなくなってスリーコインズで4000円分買い物しちゃったって感じで衝動的にうわぁぁああぁってなった。
あまり見ないジャンルだったので序盤はピンと来なかったのですが、物語が進むに連れてグッと引き込まれていきました。
松岡茉優さんの怪演は言わずもがなでしたが、渡辺大知さんも素晴らかったです!! この二人が会話しているシーンはどれも良かった…
音も劇場ならではの使い方がされているので、映画館で見ることをオススメします!
83

83の感想・評価

5.0
リアル。思わず「わかる!」と思えるシーンが多い。
くすっと笑える部分もあり、ぐっと切なくなる部分もあり。でも最後は「そうだよね、そういうのが素敵だよね」と思えた。
前向きになれる映画!

2018.1.6 ヒューマントラストシネマ渋谷にて二度目の鑑賞。
大九監督、渡辺大知くん、前野朋哉さんのトークショー付きで、とっても楽しかった!この映画がさらに愛おしくなりました。
2017年のベストアクトレスは、エル・ファニング(パーティで女の子に話しかけるには)と松岡茉優(勝手にふるえてろ)で。次点はジェシカ・チャスティン(女神の見えざる手)、アニヤ・テイラー=ジョイ(スプリット、ウィッチ)、橋本愛(美しい星)。

と余談はさておき。この映画は絶対に1人で観て、鑑賞後はそれこそ独りで震えながらその余韻を味わった方が良い。
松岡茉優がイタイ妄想女子をとても魅力的に演じてるから中盤まではただのコメディとしてゲラゲラ笑いながら観れる。気持ちわかるけど流石にそれはやりすぎだよねと他人事のように。
それが中盤以降は彼女のすること言うこと、まわりからされること言われることが我が身にグサグサ刺さってくるから。。。と言いながら後半はシリアス一辺倒なわけでなく最後までゲラゲラ笑えるのだが。胸に痛みを感じながら。
【松岡茉優の“腐演”に終始笑える】
ラブコメディの傑作。連発する「F××K!」をはじめ、いかにもいそうな腐女子っぷりと、飽きさせない演出で“オシャレな映画を見てる感”が味わえる。
芥川賞作家・綿矢りさの『インストール』に続く映画化2作目。監督は『恋するマドリ』の大九明子。出演に『ちはやふる』の松岡茉優、『君の膵臓をたべたい』の北村匠海。渡辺大知は主題歌「ベイビーユー」も手がける。
まず、終始クスクス笑えるヨシカ(松岡茉優)の腐女子っぷり。キスにおののいて、靴を履き直した上で全速力で逃げていく描写や、アンモナイトを愛でる様子が“変かわいい”し、まくしたてるトゲだらけの言葉使いも、いかにもいそうな腐女子っぽさ。「今の彼に会って前のめりで死のうと思った」や、「ジャンヌダルク」のくだりには笑った!松岡茉優の“腐演”っぷりには拍手!
それに加えて、飽きさせない演出の工夫っぷり。突然ミュージカル調に変調したり、火花が上がったり、どこか『モテキ』で感じた“オシャレな映画を見ている感”。でも、それぞれの演出がシーンを殺さず、登場人物の感情を強調出来ていたと思う。
総じて、イマドキな女子のピュアで少しねじれたラブストーリーを、終始飽きずにクスクス笑いながら見れる映画。楽しかった!
megumi

megumiの感想・評価

4.3
ここにきて今年ナンバーワンかもしれん。
松岡茉優の為の映画といっても過言ではない!!!!
ちょっと気持ち悪いけどあんな風に好きになってくれるの幸せじゃないか!
イチみたいな人に走る気持ち痛いほどわかるけどね。。
我らが大天使松岡茉優初主演映画を初日舞台挨拶にて鑑賞。初日鑑賞はまゆらー(仮)の義務。あーしんどいしんどい。おまゆのかわいさ大渋滞大爆発。思考回路が停止するレベルの愛おしさ。“愛してる”を超える愛情表現をだれか教えてくれ。

------------------------------
以下映画感想。


「ファックファックファックファックファックファック…ファァァアアアアーーック!!!!!」と絶叫するその声は、残酷すぎる現実に打ちのめされ強烈な自意識に苛まれ自分の殻に閉じ篭ってしまったぼくたちの心に深く突き刺さり、一筋の希望を見せてくれる。傷だらけの心を持つすべての若者に送られた処方箋。自分はだれかに必要とされているのかな…。孤独にふるえる人生は嫌だ、愛されたい。