勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 350ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

MI

MIの感想・評価

3.8
妄想こじらせ女子を見事に演じきった松岡茉優がすごい。
どこか共感してしまう部分もありつつ楽しめた。
原作も読んでみたい。
rinka

rinkaの感想・評価

4.5
不器用で、エゴが強くて、被害妄想すぎて、自分の殻に閉じこもりがち。それでも社会の現実と向き合おうともがく姿に共鳴しました。現実との折り合いが上手くいかず、自分の世界で生きてやる!と開き直っても、やっぱり孤独は怖くて涙が出る。

この映画にすごく共感した私は、かなり不器用なのかもしれません。
いろんな松岡茉優さんが見れて面白かった。最後の展開はちょっと衝撃だった。
ひなた

ひなたの感想・評価

4.0
生きづらいけど一生懸命生きるヨシカがイタくて愛しい。
松岡茉優と主題歌の『ベイビーユー』が特にいい。

これは自分の映画だ、と感じる人、多いんじゃないだろうか。
妄想趣味女子が恋に振り回されるお話。

松岡茉優に振り回されて恋に落ちる映画だった。
美人にも見え、ブスにも見えるなんて稀有な存在だぜ。
ニットの両耳ポンポンついた帽子なんて松岡茉優にしか似合わないぜ。でもちょっと欲しい。

一言で言えばイタイなんだけど、それ以上に虚しい。
確かにこの歳(二十歳そこそこ)で何かを成し遂げてる人なんていない。隣の芝は青い。でも比べてしまうのだ。
それにしたって二みたいな奴、早々いないぜ。ありゃ王子だ。イタイけど。
違和感のない人と一緒にいる、は本当に正しいことで、たとえそいつに何か嫌なことがあっても許せるのだ。
わからないけど一緒にいたいのもそう。憧れと恋は絶対違う。

自分に重ね合わせて泣いたり笑ったりしてたけど、それこそ勝手にふるえてろだ。
自意識過剰はさっさと現実見ろ。
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

2.0
原作は読んだことないけど、設定は面白いと思うのに、無駄に邦画的なコミカルな演出と演技のさせ方で全部台無しになってる気が。2の振る舞いは見ていて少しきつい。最後のシーンも、原作で読みたかったなあ。主人公の表情とか些細な仕草は結構いいのではと。
らん

らんの感想・評価

-
よかったー!「うん、わかるわかる」って共感できたし、胸がきゅーってなる感じ。また観たい。
cocomoca

cocomocaの感想・評価

4.0
被害妄想強くて、恋愛に夢見がちで、でも傷付くのが怖くて守りに入りがちで、、
ヨシカのこじらせ度は結構すごいけど、共感出来るところもあって。
周りの友達みても女ってこういうところあるよねって思った。
だからこそ他人事に思えず、一とのシーンは「いや10年ブランクあればそのくらいの事覚悟しとけよ!これからじゃん!!」と本気でイラッとしてしまった。
ラストシーンはとっても好き!
まさか二のことをあんなにかっこよく見えてしまうなんて最初は思ってもみなかった。
二のセリフひとつひとつがとても温かくて、なんて素敵な人なのってじーんときた。
また観たくなる映画だったな。
松岡さんの演技が、とにかく凄い
泣き笑い、笑い泣きプラス狂気
鳥肌モノは、ワタシだけじゃないはず!
「勝手にふるえてろ」っていうタイトルが好き。

ストーリーは、ありそうでなかったラブコメディにミュージカル的な要素を少し織り交ぜた作品。

心の陰と陽がせめぎ合うセンチメンタルさに心惹かれました。