勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 399ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

脳内妄想場面はお茶目に、現実のシーンは割とリアルに感じられて、ギャップが楽しい。何より松岡茉優かわいい。それにオタク感が滲み出ていて良かった。
後半の展開はややドラマ的だがラストまで楽しめた。
楽しかった。『小悪魔はなぜモテる?!』を思い出したので松岡さんは日本のエマ・ストーン。
いやー面白かったー!
女優松岡はただならぬ役者だと思っていたが、すごい!!大好きになりましたー。間髪入れずのセリフまわしといい。突如ミュージカルになるところといい、炸裂してたし、演じるというよりは、憑依してました!注目の女優、ぜひ劇場で!!
原作は未読。映画館で見れて良かったです。松岡茉優好きの方は興奮間違いなしでしょう。
松岡茉優の代表作と言っても過言では無いぐらいのはまり役。でもちゃんと演技してて凄いと思いました。
他のキャラも個性的だらけなのに松岡茉優の独壇場になってました。

ダラダラと進むストーリーかなと思ってたら置いてきぼりを食らっちゃうぐらい程よく安定しないストーリーです。絶賛してます。

内容も素晴らしいですが、やはり何と言っても松岡茉優さんの可愛さが中だるみさせません
仕草がセリフが表情の全てが無駄に思えない最高の演出、演技力だったと思います
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

3.9
松岡茉優さんの堂々たる映画初主演作、いやーこれはすごい。ここまで童貞をこじらせた女性を、こんな美人がキュートに、多彩に、演じられるものなのか。これは若手俳優界に激震が走っているのではあるまいか、という一品でした。いやらしい意味でなく、非常にセックスしたくなる映画だと言わざるを得ない。

原作未読なのだが、裏モテキのような話だなと思った。いわゆる「童貞をこじらせる」ということにフォーカスが当たっていて、童貞をこじらせるのは男だけだと思っていたが、どうやら女性にも似たような感覚に陥る人は一定数いるらしいということに驚いた。
私も童貞の達人のような男だったので、主人公の孤独はわかりすぎるくらいわかったものだが、女性作家や女性監督にここまで童貞ののことを理解されてしまうと、もはや恐怖を感じるものである。そういえばモテキの原作者の久保ミツロウ氏も女性だったか。恐怖。女性だからこそ赤裸々に描けるテーマなのかもしれない…。

ニくんは最初どう見ても童貞っぽかったが、実は全然そんなことないだろうな。わりとそういう駆け引きをしたことのある人の会話だもんなー。なんで前の人と別れてしまったんだろうか。
あの髪のボサッとした冴えない感じも、主人公の主観によるものなのだろう。多分制作側はそこまで意図していないだろうが、そこは面白いところだった。

カメラは良いものを使ってるような気がしたが、撮影が…スケジュールがなかったパート、そういう感じがひしひしと伝わってきてちょっとつらかった。特に街中の移動フォローショット、キツかった感がすごかった。

また、全体的に松岡茉優さんそのものがメインの体があり、映画的にリッチかというと、あまりそんな感じでもないような気はした。
mink

minkの感想・評価

-
松岡茉優ちゃんがかわいかった
すごく可愛い女優さんがヨシカみたいな女性を演じるのって嫌味に見えるんじゃないかって思ってて、正直全然期待してなかったのに、原作のヨシカに漂うこじらせ感がうまく反映されててグイグイ引き込まれてしまった。

うれしかった思い出を反芻して夜寝る前に満ちたりたり、気になってしょうがないのに無関心を装って、そのくせ視野のすみでしっかり相手をとらえてたり、そういう描写が、片思いをこじらせつづけた、思春期から抜け出せない女の子を的確にとらえててすごく面白く、この子は私の周りにいたあの子なのでは…?と錯覚してしまいそうだった。

原作を読んでから鑑賞したから、どういう構成なのかずっと気になっていたけれど、映画は映画で結構よかった。
松岡茉優見たさにひっさしぶりに映画館で邦画。

共感できるところとそうじゃないところがあった。拗らせてるなー笑
ただレビュー高かったからめっちゃ期待しちゃったけど、わたしにはハマらなかったかなあ

松岡茉優は素でしょってくらい自然だった。好きだわ
あ

あの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった!

わたしは最後ハッピー!!!!っていうはっきりした映画がすきなんだけど、勝手にふるえてろはとっても幸せな気持ちで、ハッピー!!!!でした。

最後、ヨシカちゃんが荒れちゃったときはこのまま終わっちゃうのかなってハラハラしたけど
そうハラハラしたぶん、ラストなん十分が良すぎた!!!
胸がギュッッッッてなった。
あの最後の雨の中部屋に来るシーンだけずっとみてたい。超いい。
松岡茉優ちゃんもニも最高!最高だ!!!!!!


ニがよかったーーー!あんなあんぽんちんでハッピーで幸せな人に好かれたい、、!!!!

黒猫チェルシーの主題歌もよかったな、今度の挫人間との対バンいきたすぎる。

イチのかっこよくてどこか冷たいけど偏見のないやさしい雰囲気にもとってもドキドキしました。たくさん映画とかでそうですね!

もう一回、何度もみたい、好きな映画になった。

片桐はいりめっちゃすき。ファッションとーーってもかわいかった。あんなおばさんなりたい。
柳さんもよかったなあ!柳さんのラストは本当にまじかあ!!!!(笑)ってなった(笑)
ami

amiの感想・評価

3.5
10年間片思いし続けてる男の人への思いが断ち切れないまま社会人になって、違う男の人と恋愛してみたはなし。ヨシカが痛々しいほど拗らせててギュッとしてあげたい気持ちになる。そんな難しく考えなくても人間、生きて行けるよ。
ij

ijの感想・評価

5.0
はっきりは覚えてないし、勘違いだったらごめんだけど、ヨシカが部屋で着てた、space party みたいな英語の書いてあるトレーナー欲しいなあとか思った。