勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Moeka

Moekaの感想・評価

-
ニの一途さにキュンとした。
あんなにひねくれてて、拗らせてて、妄想ばかりのヨシカのことを、一途に思う気持ちが素敵だなあと。
最後の玄関のシーンが一番好き。
「名前何?」のシーンでハッとした。

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。主演の松岡氏が魅力的。陰キャと陽キャの転換も中々。脳内だとスラスラ話せちゃうんだね。歌がうまいようなので、もっと聞きたい。(あまちゃんのときは性格が悪そうだせ!と登場人物像のまま見ていたことをいまさら反省)
片想い歴10年はやっぱりこういうクセがつよい女性じゃないと成り立たないだろう。
きみ、って呼ぶタイプ?って脈絡なく会話にぶっこむシーンが良かった。原作の展開なのだろうけど、キレて暴走していくところから、目が離せなくなるのだけど、終盤の怒鳴り合いからのキス、とチャーミングなカップルふたりには気恥ずかしいものもある。相手役の渡辺大知氏の俳優として知らなんだがバンドマンであるらしい。どことなく髪型が銀杏の峯田氏を彷彿とさせた。
まさ

まさの感想・評価

3.6
松岡茉優の主演作ということで、原作未読で鑑賞。片思い少女のこじらせストーリー。なかなかの痛いエピソード満載ながら、コミカルな脇役陣によるコミカルな演出で、明るく展開していく。作品中盤の種明かしにより、現実の痛さが明らかになると空気が変わる。でも現実も捨てたもんじゃない、そんな一筋の光を見せてくれる、そんな作品。本作を支える松岡茉優の演技力の高さはとても素晴らしい。そして渡辺大知は、以前見た(作品としては本作の方が古いが)「僕の好きな女の子」でも似た役所だったが、なかなかいい雰囲気を醸し出す。駄目っぷりが、なんとなく自分の青春時代を思い起こさせるからか、なんか懐かしく、親しみを覚える。恋愛をこじらせた経験のある方には是非見て、二人に共感しつつ、そんな自分を愛してほしい。
KOTOMI

KOTOMIの感想・評価

4.0
松岡茉優かわいい
あたしの人生もきっとアンモナイトだわ
渡辺大知ええわあー

このレビューはネタバレを含みます

とても良い映画、ヨシカ可愛い、二がだんだんカッコ良く見えてくる。一生懸命で優しくて良い男だと思う。一はカッコいいし、ぽわーとなるのも納得、けど付き合えても大変そう…
二みたいな人だったら拗らせ女子も落ち着くだろうなー、、私も二みたいな人が現れて欲しい、
ヨシカちゃんが処女をバラされてパニックになる所は共感しかなかった。親友いい人すぎる
歌も好き!
ちょっと湿っぽくて、日本映画っって感じ最高!!
やはり人間には居場所が大事なんだよな。
mikandy

mikandyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヨシカはひとりよがりな考え方をしがちで拗らせており、たまに理解できないシーンもありましたが、共感できる部分もありました。
最初のクリスマスプレゼントで赤い付箋を二がヨシカにプレゼントしたときは、さすがに斜め上すぎて笑ってしまいました。でも、二の一途な気持ちがヨシカを変えていきました。好きという気持ちはその相手を変えることができるパワーを持っているんだなと感じました。
最も印象に残ったシーンはヨシカが自分自身を透明人間なのではないかと考える場面です。私からすると知らない他人は透明人間であり、私を知らない他人からしても私は透明人間です。自分と他人との間に何か出来事があって、はじめてその人に色がつきます。人と関わらない、つまり透明人間すぎると独りよがりの考え方に偏りがちになってしまうのかなと感じました。皆、1人でいる時間は自分の色がついていない(自分に色をつけている人がいない)状態なので、その時間もストレスがない重要な時間なのかなと思いました。
あまい

あまいの感想・評価

4.5
非常に面白かった
わたしもそーいうとこあるから、わたしのことが好きな人と幸せになろうと思う。
いないけど……
つばめ

つばめの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

松岡茉優の演技に圧巻された。途中のボロクソ言う本音は見ててスカッとする。付箋はロマンティックだなあ
私をくいとめて、が想像以上に良かったのでこちらも視聴(^ ^)
すんごいクセがある主人公でびっくりしたし、基本的にはずっとドン引きします笑笑

本当に痛い。主人公のこと、全然理解出来ないけど、でもきっとこういう人ってすごくいるんだろうなって想像がつく感じが何とも言えず凄い。

二が最初の方はなんとも気持ち悪いのに後半は人としていいなって感じたのは私だけじゃないはず。二には幸せになってほしい。

なんかこの監督さんと原作者さんのコラボ映画は何かを削られながら映画を観る感じですね。
う〜ん他にはないと思う。
もやもやイライラするところもあったけど観て良かった!