勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 481ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

msd

msdの感想・評価

4.2
ひたすら松岡茉優の良さが際立つ。
悲劇のミュージカルシーンが最高。
渡辺大知もああいう男子特有の痛々しさ・キモさが上手くて表現出来ていた。
イチだからいいのか、ニはダメなのか?人として生まれたからにはイチがいいに決まってる。しかしそこに絶対的に欠けているものがあったとしたら…?人は承認欲求がある。そこを満たさないものはやはりダメなのだ。

松岡茉優ってやっぱり上手いし可愛いと素直に思う。生きていると頻繁に感じる「その程度なのね感」の入り方もちょうど良かったし、経理あるあるも笑えた。間の取り方もユーモラスというか、ツボにちゃんと入ってくる。

お昼休みに、ゴロンと寝っ転がれる会社なんて、いいよなあ。お昼寝したい!
r1ace

r1aceの感想・評価

4.3
今年1発目から良いものを見させてもらいました。

松岡茉優のひねくれっぷり、
拗らせっぷり、歪みっぷりが凄い。
この性格に共感できてしまう
俺も相当おかしいのかなーとも思った(笑)

登場人物も少なめ、尺も短くは無いこの映画、
なのに長さを感じさせないのは
松岡茉優の存在感と脚本の妙。
着地がどうなるか、最後まで分からない映画で
色んな意味でハラハラした、
唐突に登場するオカリナさんとかねw

万人受けはしない映画だとは思うけど、
この映画を最高と胸を張って言ってくれる、
アンモナイトみたいな人と出会いたい。
…と思った今日この頃。
松岡茉優が突然歌い出すミュージカル風なシーンが抜群によかった。みんな自分の世界を持っていて、そこでは自分が主人公だけど、他人の世界では脇役でしかないということを痛快な笑いと残酷さとそして少しの優しさで見事に描き出している。
saccharin

saccharinの感想・評価

4.8
これだけは言わせてくれ、、

松岡茉優 最高ぉぉー!!
そして知らなかったけど、渡辺大知も最高ぉ〰️!

特に松岡茉優は一人芝居でも2時間行けるんじゃないか?って位凄い👍
こじらせっぷりがホントにこういう人なんじゃないか?って思わせてしまうほど(そういやこの人モー娘。オタクだよね笑)
本物の女優だと思う。
あと、タモリ倶楽部の空耳好きならニヤってしちゃう箇所が(結構細かいぞ!)笑

本気で渡辺さんを応援してしまうんだ。
この人が大好きになってしまう役柄と演技。
真っ直ぐっていいなって思う。

あんまり言うとネタバレになるから控えるけど。

終盤ちょっと不安にさせたけど見事なラストだった!

なんつー素晴らしいラブストーリー!
つらい、、渡辺大知の沼にハマる予感しかしない、、、、、1番いいたいのはコレ

ワードセンス、俳優のドハマり感で好きにさせられた映画だった
隠れた良作。

メジャーな映画には出せないリアリティのあるキャラクター描写とストーリーが良かった。

女性が主役の映画ではあるけれども、男性が見ても楽しめるアラサー女子の青春映画。

松岡茉優のドライなツッコミ、個性的なキャラクターの影響で笑えるし、恋愛面で共感できるところもあり、見応えがあった。

なにより松岡茉優の演技力に脱帽する作品だった。
ドライなツッコミ、イタイ社会人の表現が素晴らしい。
主人公の生き様を、引き続き見守りたくなるほど愛着が湧いた。

松岡茉優だけでなく、サブの北村匠海と渡辺大知も良かった。
北村匠海と渡辺大知は対照的なキャラクターではあるけれど、憎めないキャラクターであり、個人的には渡辺大知のキャラクターが好きだった。

出番は少なかったけど、去年から話題作に出ている北村匠海の存在感が凄いなと。
男から見てもかっこいいなと思った笑

個人的に好きなシーンは、
タワーマンションでのベランダシーン。
恋愛面で嬉しい瞬間が一気に変わる。

理想の恋愛よりも、自然体でいられる恋愛を勧められたような作品。
松岡茉優見てるだけでも名作
松岡茉優が映ってないコマがほとんどない笑

序盤の楽しさも中盤からの展開も最後も完璧
原作は読んだことあったので、よく綿矢りさのこじらせ心理小説的なものを映画として表現できたなと感服。

最初は設定変えたのかなと思ったんですが、そう来たかと。役者はみんな良かったですね。ちょっと面白かったのは、石橋杏奈さん演じる役を普通に良い子にしていたこと。原作も悪くは書いてなかったと記憶していますが、昼寝シーンがあったり、柔らかい演技だったりして、印象として良い気分で観終えられました。

ギャグも面白くて笑えるし、女性を中心にハマる人がいるのもわかります。逆に映画だと小説と違って画がある関係上閉塞感はそんなにないので、気楽に観られて抉られる感じはあんまりなかったです。
necoze

necozeの感想・評価

4.7
しばらくゲラゲラ笑いながら「松岡茉優すごいなー!最高のコメディエンヌだなー!」って思って見てたら、終盤になってスクリーンが写し鏡になって笑ってた自分を蜂の巣にする的な映画。演出のコントラストが見事過ぎた。