勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

okapy

okapyの感想・評価

3.9
前半のテンポの良さから、意図的だとは思うけど後半少し失速気味になって、今時のミュージカル調の演出を入れたりしたのは残念だったけど、まぁ総じて面白かったとおもいます。特にキャスティングと役者の演技は眼を見張るものがあった。松岡茉優も然りなんだけど、個人的には黒猫チェルシーの渡辺大知はいろんな映画に触れて育っただけあってさすがの役作りだったので賞賛したいです。松岡茉優の出演作をそこまで見たわけではないけど、本作で新境地が拓けたような気がします。それくらい魂のこもった演技でした。
ShuOkamoto

ShuOkamotoの感想・評価

4.0
松岡茉優の小物やファッションや趣味にしていることのセンスが良すぎてもはやただの自分をちゃんと持ってる可愛い子。
彼女は芸大に来たら良いと思った。

なんとなくニのウザさの方に感情移入してしまった。
2018年1本目!
松岡茉優を楽しむための映画。

会社の雰囲気とか、お昼休みとか、
なかなか現実味があって、
同世代としてリアルな目線で楽しめた。

不器用でわがままなヨシカが
どこか昔の私に似ているからか、
苛立ち半分、応援したい気持ち半分。笑
せいか

せいかの感想・評価

3.5
お出かけ着から部屋着までとことん可愛い。おでこの前髪と産毛の間みたいなところが愛おしかった。しかしまあ、玄関が素敵に見えちゃって困るよ!
maru

maruの感想・評価

3.9
こじらせ女子ラブコメ。
なんて他人事のように観てたらハッとさせられるシーンがあり、本当にこじらせてるやつは傷口に塩をすりこまれるような2時間になりそう。
みんながこれは私の映画だって取り合う共感映画。
付箋のくだりは下品なのかおしゃれなのか…
「勝手にふるえてろ」面白かった~❗️松岡茉優さん、かなりリアルっぽいこじらせ女子を好演❗️渡辺大知さん、もっと他の作品も見てみたくなるね❗️俳優さんとしても期待大かな❗️
言葉に出来ないし、したら嘘になりそうで、誰とも感想を語り合いたくない系映画
松岡茉優も素晴らしいのだけど、黒猫チェルシー。ここぞのここぞまで自己酔いと顔筋笑いと勝ち目51%をのぞかせる嫌らしさが最高。ありきたりな人生破れ鍋に綴じ蓋に、ありえない付箋の湿り方。オタクだけど、オタクに頼らない緩急自在な明るい自己肥大処女映画、飽きなかった
0v0

0v0の感想・評価

4.0
ふわふわな頭のなかと実際の現実のずれはいつか見て見ぬふりは出来なくなるから向き合わなきゃだ24歳てのがまたリアルできっついでもこのタイミングでこの映画と出会えてよかった2018
観る前に勝手にふるえてろ、原作を読んでしまったのです。
だから、映画は茉優ちゃん仕様に改変されてるなってのがすごくて。いや、よかったんだ!魅力が満載でこちらもテンションあがって、楽しかったんだ。でも、前評判高すぎて、本読んだのも含めて期待値上げてしまったんだ。

これを観て世間のこじらせ女子が救われるならね、いいの。でもこんな奴、大人としてだめだろ、踏み出さなすぎたからだろって少しイラッとしちゃったんだよ。本だと思わなかったんだよ。

茉優ちゃんの魅力は満載。イチとヨシカがもっと好きになれる脚本にしてほしかったな〜。ちなみに原作本読んだとき、キャスティングは茉優ちゃんと匠海くんで浮かんだほどぴったり。ぴったり過ぎて欲出てる。