勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 631ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

3.6
観る前に想像してた感じとは違ったけど面白かった!
原作読んでみたくなりました。
あきと

あきとの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

filmarksの試写会当たったので行ってきました。主演松岡茉優ってことで気になって応募したけど原作小説は読んだことないし、完全にフラットな状態で見た感想は自分の想像してた感じとは違っていい意味で予想を裏切られて面白かった。

一とヨシカのベランダのシーンは結構苦しかった…
二は正直最初嫌いなタイプだなーと思ってたけど一途で正直で後半になるにつれてかっこいい!ってなった笑

終始一貫して思ったのは松岡茉優さんの演技力すごいって素人目に思った。どんどん雰囲気を変えていろんなタイプを演じていてただただすごいと感じた。

展開が読めない不思議な世界観の映画で終始飽きることなく見ることが出来たのでよかった!
試写会にて鑑賞。一つ一つの意味を台詞で説明してくれたので、とても見やすく家族でも恋人でも見れる面白い娯楽映画だと思った。話も途中までは、少し異常な片思いの女性の話だが、あるきっかけを境に一変。そこからがまた面白かった。誰にでも一度は体験した事のあるだろう気持ちや行動を画面上で表現してくれていて、とても共感できた。
会社員

会社員の感想・評価

4.0
10年もの間学生時代の憧れの人に片想いを続ける、妄想こじらせ女子のラブコメディ。Filmarks試写会にて鑑賞させていただきました。


脳内にイチを召喚、絶滅した動物が好きという一風変わった主人公ヨシカ。他人に興味を示さない、クールな皆の人気者イチ。暑苦しい程のアプローチでヨシカを追いかける二。脚本に合わせてオファーをしたと監督が言う通り、三人ともぴったりなキャスティングだった。
特にファンである松岡茉優の、 コロコロと変わる表情や感情の演技には目を牽かれる。


公開前ということで深くは語れないが、妄想こじらせ女子のラブコメにはとどまらない、あらゆる層に訴えかける、もっと普遍的なメッセージが込められている印象を受けた。
主人公ヨシカには、社会や他人との距離感をうまくつかめないまま大人になってしまった人々全員に通じる部分がある。かくいう自分も、男でありながらイチや二ではなくヨシカに共感することが多かった。心の中にアンモナイトを抱えている人は少なくないのではないか。


キャストの面でどうしても贔屓目に見てしまうものの、それを差し引いても作品としての完成度は非常に高く、公開後もぜひ何度も鑑賞したい。
ポンず

ポンずの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会でみました!

OLヨシカの感情の起伏がたっぷりあって、ストーリーの緩急も楽しませてもらいました。

話の中に、小ネタが挟まれて来て、じわじわくる感じがたまんなかったです。(ヨシカん家のお隣りさん、会社の部長(?)、同窓会のお店の店員さん、、、)

ヨシカとアンモナイトの関連性が性格や効果音や存在感に絡み合っていて、アンモナイト詳しく調べてみたくもなりました。

もう一度みたいです。
原作ももう一回読んでみようと思いました!
試写会にて観賞。
ストーリーはもちろん、細かな演出や映像表現にかなり工夫がされていて、単なる長編ドラマとは違う、「映画」として非常に見応えのある作品でした。
原作を大胆にアレンジした作品になっており、初見の人、原作ファン共に楽しめると思います。
もちろん初主演の松岡茉優は出ずっぱりで、多彩な彼女の様々な顔を観ることができます。ファンにはたまらない117分です。
かな

かなの感想・評価

5.0
切なかったり面白かったり素敵な映画でした。自分と重なる部分もあって、見てて楽しかったです。
zoe

zoeの感想・評価

3.9
Filmarksの試写会に当選し、監督のトークセッションも観させていただいて、監督の人柄の良さも感じたし、映画に込めた思いや、撮影のお話も聞けてとっても素敵な時間でした!公開されたらそれを踏まえてもう一度観たい。

個人的に二がすごく好き、不器用でかっこ悪いんだけど素直で真っ直ぐで愛してくれて…!ラストのシーンがすごく好き。

もうなんかわかんないけど映画終わった後ドキドキニヤニヤしながらスキップしたくなるような気分になって帰った!笑
ueue

ueueの感想・評価

-
試写会にて鑑賞。
ヨシカのひとつひとつの行動があるあるで、結構誰にでもあてはまる部分があるのではないかなと感じました。物語もテンポよく進んでいって、音楽も効果的であっというまに終わってしまいました。ヨシカと一緒に落ち込んだり怒ったりハラハラしたりそんな気分でした。主役の松岡茉優さんの自己を卑下している感じとか、本当にいるよなこういう人!と思いました。笑
ニの渡辺大知さんの暑苦しさと、それでも憎めない感じが好きでした。
脇を固める俳優陣もすごく素敵でした。あと部屋とか出てくるお店とか小道具もかわいくて好きです。
また観たいと思います。

今日は監督のお話も聞けて楽しかったです。人を笑わすのと泣かすのは近似だとかなるほどな〜と思いました。
試写会にて鑑賞


私もどちらかというと自分のなかで妄想したり簡潔させたりしてしまうタイプだから、主人公に感情移入できた。
でもだからこそ二みたいな空気読めない感情むき出しの人は苦手。なんで主人公は付き合おうと思ったんだろうね?

でも2時間という上映時間自体や俳優さんたちの掛け合いもテンポがよくて楽しめました。