勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 679ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

cano

canoの感想・評価

3.9
パッケージや予告からは想像つかない、序盤はその強烈な世界観に入り込めなかった。
気づくとびっくりするほど主人公の気持ちに自分が寄せられる、すごい映画。すごい松岡茉優。すごい監督。すごい綿矢りさ。
終始なんだこれ状態で興奮しとりました。気持ち、ぜんぶ持ってかれました。イチ、だいすき。くるみ、まつげ長い。二、うざい。…

独り喜劇役者みたいな松岡茉優がやっぱり最高で、ヨシカの世界観を完璧に作り込んでる演出と、主人公と同じ感情にさせてくる脚本に胸を掴まれ、まだまだ泣けそう。
若者や特に女性は、感情移入しちゃうのではないでしょうか。
クリスマスイブイブ公開に相応しい、ラブストーリーです。

フィルマの試写会だったのですが、監督がお話しされていたように、普段大切にされている「人を笑わせること、泣かせること」を、息つく間もなく激しくぶつけられて、まさに、ふるえた。
ヨシカのこと、ちゃんと分かりました。ヨシカがどういう人だっていうのは、監督の狙い通り、映画2時間みてやっと理解できます。


そしてめきめき可愛くなってく松岡茉優ちゃんの、痛々しかったり色んな表情が見れるので(むしろ私は松岡茉優のこういうのが見たかった…!)、ファンにも嬉しい作品だと思います。
e

eの感想・評価

3.9
松岡茉優さんのエネルギー溢れる喜怒哀楽の表情が何より美しく、随時脇を固める俳優さん達のキャラクターに惹きつけられる2時間でした。

クスッと笑う次の瞬間にはふと涙が流れ、またすぐ笑ってしまうシーンなど感情移入せざるを得ないセリフや演技も楽しかったです。

真正面に現実と向き合うことがキツくなったときにヨシカと共にゆっくり考え元気をもらいにこの映画を観たいです。
ちょす

ちょすの感想・評価

4.4
松岡茉優ちゃんの表情や動きがとってもリアルで、観ているこちら側も同じ感情を持って観ることができました。
うざっ!と思ったりきゅんっ!てなったり、あーわかるわかる!それなー!と思いながらあっという間に終わっていったような気がします。

二を演じる渡辺大知くんもほんとナイスキャラで一生懸命でずっと応援していました(笑)ちょうど心地よいウザさが最後まで薄まることなく、どストレートな言葉1つひとつに胸打たれました!
イチを演じる北村匠海くんはあの優しい声から出てくる冷たい言葉にぐさっと心を刺され、さすが役者だなあと思いました。とにかくかっこいい!

ところどころに出てくる小ネタにいちいち笑ってしまいました(笑)ヨシカの発するシュールな一言や表情、ヨシカの周りの人物も面白い人ばかりでした(笑)

撮影秘話なども聞けて、とても嬉しかったです!
zuzu

zuzuの感想・評価

4.0
試写会でみました。キャスティングが絶妙!主人公のセリフが小気味良くてぐいぐい引き込まれました。劇伴も美術も作品の世界観に合ってて色調が美しいのが印象的。
松岡茉優のチャーミングさを楽しみ、笑いながら、「自分もこのままじゃいけないな」と思わされるストーリーでした。
恋愛に限らず、綺麗な理想を脳内再生しながら、ハードルの高い現実を煩わしく感じることはある。それでいいのか、現実の人生をどうしよう、という悩みを、「昔の同級生」と「いま目の前にいる男」の間で揺れる女の子の恋愛模様を通じて、一緒に悩んで、ヒントをくれる映画でした。
すぐ観たかったが、近くの映画館ではやってなくて、やっと、01/21に行った。
ここのレビューでも高評価だったし、松岡ちゃん主役だったから、かなり期待していたが、何故か寝てしまった。なので、スコアは付けません。
Daichi

Daichiの感想・評価

4.0
松岡茉優の喜怒哀楽の表現が凄い!
テンポも良くあっという間の2時間
mi

miの感想・評価

4.0
学生時代の印象とその後の人間関係っていつまでも変えられなくて切ない

#Filmarks試写会
taaaka

taaakaの感想・評価

3.9
試写会に参加させていただきました。

なんといっても松岡茉優がはまり役すぎて最高でした。
原作は未読なのですが、これって当て書きなのでは?彼女以外の同世代の女優が演じたのでは全く違う作品になっていたり、台無しにすらなっていたのでは?、、とエンドロールを見ながら妄想してました。
それくらい、松岡茉優だからこその色とヨシカ像を見せつけられた、そんな強烈な感覚を受けました。

こじらせ女子が爆発してからのヨシカと2のセリフとして言語化される価値観が、個人的にはどんどん共感と新たな気づきを与えてくれて、
気づけば口が開けっ放しになってたりニヤニヤしたり、最後までどっぷり作品に魅了されました。
なぎ

なぎの感想・評価

3.0
試写会にてこちらの作品拝見させていただきました。全体を通して独特な雰囲気が流れていて最後まで展開が気になって飽きることがなかったです。シュールな小ネタが所々に散りばめられていて思わず笑ってしまいました。
松岡茉優さんの演技も何処と無く可愛げのない女子感がリアルでとても良かったです。イチ役の北村匠海さんは人間を人間と見てないかなり冷血な演技がよかったです。
この作品を見終わって1週間ぐらい経った後に、ふとあの不思議な雰囲気の空間にまた行きたいと思うことがあり中毒性がありました