勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価 - 718ページ目

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

Midori

Midoriの感想・評価

4.5
中規模の商業邦画の中では断トツに今年のベスト。東京国際映画祭のプレス上映で一足先に鑑賞したが、すべての女子たちにとってこれはわたしたちの映画だと叫びたい。
miiya

miiyaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

うわ〜 こりゃ痛いほど分かる。
笑ってみれないほど、絶妙にや〜なかんじだったから もっと笑えるかんじに振り切ってくれたらなー!
いや、充分笑える小ネタも溢れてたけど、
タモリとかオカリナとか、、
片桐はいり持ってくるのズルいよな〜 絶対笑っちゃうもん。

そこに引けを取らないインパクトを放ってた柳俊太郎 絡ませてきたのがいっちゃんの笑いポイントでした。

しかし、話が 雪山の小屋のような厳しさで胃がキリキリしたほんと。


二の絶妙に気持ち悪くて痛ーいかんじとか うげ〜 いるよな、、。

一もなかなかの糞野郎だったけど、
なんか話合いそうで信じてた目に見えないものを確信しかけたところで一気に落とされるかんじな、、。。

名前ごとき、なんだけど、すごいショックなん分かるわ、、

一気に突き放された気分になる。

ラストは そうかあ〜 てかんじだけど、まあそうだよな、、
試写会にて鑑賞。
原作は未読です。

主人公の言動に共感する部分もあるのだけど。
やはり女性目線の作品なので、女子にはかなり響くのではないでしょうか。

モテない男としては、今までの自分の経験を重ねて、なるほどとミョーに感心したりもする。(笑)

全体的に、元気ももらえるし、季節がらデートにはピッタリだなあ。

主演の松岡茉優の演技も、大九監督の演出も文句なし。

東京国際映画祭で観客賞を受賞したのも納得です。
Naoya

Naoyaの感想・評価

3.0
24歳のOLは、会社で経理として働きながら、妄想で恋をしている。中学の同級生に片思いし、〝脳内恋愛〟している最中、突如〝リアル恋愛〟が訪れる、ラブコメ・エンターテインメント作。コミュ障の女性を松岡茉優が演じています。とにかく独特で強烈なキャラが印象的で、演技一つ一つが印象的で、一つたりとも同じ姿がないと言える様な、バラエティに富んだ演技力は素晴らしい。喜怒哀楽だけではなく、様々な個性を爆発させたような振り切った演技の数々は魅力的でもあり、時には不快さもありで、様々な感情を抱かせる、稀有なキャラクターながらも、あるあるな個性なのが凄い印象。普段の日々の生活が描かれながら、主人公の深み、時には浅さを余すことなくふんだんに描かれており、主人公独特の人間らしさに引き込まれます。キャラクターだけでなく、物語もドラマ要素がしっかり入れこまれており、ラブコメらしく個性豊かなキャラも多数登場し、より日本映画たる雰囲気が滲み出ていて良い。

このレビューはネタバレを含みます

一言にまとめると
「孤独な女の妄想と勘違い」です

ただこの映画にこの言葉で終わらせると何も語っていないのと同じです
違う視点から観たら孤独が上に妄想や自分の世界に入り勘違いし、好きだった男の子に同窓会の時に名前すら言って貰えなくなり周りを信頼出来なくなる
何か吹っ切れたのを腹いせ?に大事を自分で起こしてしまう
周りも周りで悪いとは思うが確かにありがちな事であった

主演の松岡茉優、役的にはよくしており勘違い女役とはいいませんが顔が面白かった
なんか二役の人?この人が前の会社の隣の部署の人に似ていて笑えたって言う身内ばなし

賞を取っているみたいなので気になったら見てみてくださいね
momoka

momokaの感想・評価

3.6
作りや演出はまったく好みじゃないんだけど、松岡茉優がめちゃくちゃ良かったのでこの点数。毒のあるセリフがこんなにハマる人ってなかなかいない。あー、二、可愛かったなあー。
lp

lpの感想・評価

3.5
第30回東京国際映画祭にて鑑賞。コンペ部門に出品された日本映画。

「ラブコメ」と思っていたので、最初は主人公を筆頭に共感出来ない登場人物達に戸惑う。ただ、途中で今作が「ラブコメ」ではなく、「人と交わることに不得手な主人公が、自分の想いや周囲の人にどう折り合いを付けるか」を描くドラマと分かり、そこからは一気に引き込まれた。

主演の松岡茉優が抜群に素晴らしい。行動・言動は全肯定出来ない主人公だったけど、それでも何処か魅力的に映るのは、松岡茉優の演技によるところが大きい。特にコメディエンヌとしての才能に驚かされた!惜しむらくは、松岡茉優の演技だけで推せそうなシーンにも、効果音が足されていたこと。少し演出が過剰に感じられた。

周囲と馴染めない主人公へ希望を用意する今作の方向性は好きだったけど、「単に松岡茉優が可愛いから救われてるのでは?」という冷静な突っ込みも思い浮かび、大絶賛には今一歩いかない状態。ただ、今作が東京国際映画祭のコンペに出品されたことは大いに納得。

観客賞を受賞したことにも納得だけど、願わくば審査員から与えられる賞も何か1つ欲しかった!国際映画祭とは言え、日本人の観客が圧倒的に多い東京国際映画祭。日本映画が観客賞のみを獲得では、少し物足りなく思う。
TIFF観客賞おめでとう!2回観ることができました。松岡茉優の渾身の喜怒哀楽の演技にふるえずにいられませんでした。痛々しいけど最高です。眉間にシワが寄るほどの崩壊の演出には胸を締め付けられ、吐き出すような黒い暴走には笑えました。主人公ヨシカと共通点があるか否かで感じ方が違うと思います。あと、職場に松岡茉優がいたら最高だなと思いました。公開初日はクリスマス直前だけどまた独りで観に行きますね。
キャスティングがドンピシャにハマってるなぁと思いました。個人的にはああいう女性はイラッとしますけど(笑)それでもとても魅力的に映ったし、他の人物との絡みもとても楽しめました。
Hirosay

Hirosayの感想・評価

3.9
東京国際映画祭観客賞上映にて鑑賞。面白かったです。
松岡茉優のキレた演技がとにかく可愛い。原作、監督、プロデューサー全て女性ということもあって、いかに彼女の魅力を引き出すかを考えてるなと思って見てました(多分半分くらいは素のような気がしますけど笑)。
渡辺大知が、暑苦しくて、イタイ同僚「二」を好演。最初見たとき、スキマスイッチのヴォーカルの人痩せたなぁと思ってましたが(笑)、失礼しました。