勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

ダン

ダンの感想・評価

4.3
久しぶりに素晴らしい邦画を観たよ。日本のラブコメだと思って正直舐めてた。松岡茉優と渡辺大知、最高
ひでG

ひでGの感想・評価

4.0
こーゆージャンルで、日本映画では珍しい成功例!

こーゆーの中身を持つ少し詳しく😊

①20代の女の子が単独で主役
②コンプレックスやマイノリティ思考が大切な柱になっている
③恋愛がテーマ
④コメディタッチ

まあ、僕が巡り合った日本映画に限るけど、④テイストではないけど、
蒼井優の「百万円〜」が近い感じだけど、

この映画は、ダントツ!成功!
面白かった!
松岡茉優サイコ!

この映画、なんと言っても松岡茉優!

「あまちゃん」の地下アイドル役から一気に露出度アップ!
テレビドラマからお笑い番組の司会までオールラウンダーとして大活躍。
あの是枝作品にまで大抜擢。
同年代若手女優のトップに躍り出た!

松岡茉優の良さは、天性の幅の広さ。

この映画でも、その特性が最大限に発揮されている映画。
というか、松岡茉優を想定して動き出した企画なのかもしれない。

この映画でも、めっちゃ可愛いな、そう
あの彼氏みたいに
「君の可愛さを見つけた僕は相当イケてると思ったよ!」て、思えるくらい愛しい瞬間の後、
「何?この女、ウザ!」て、にくさや面倒くささを表出する場面も交互に演じて分ける。

でも、ここが大事!肝なんだけど、
最後は「やっぱ可愛いよ!」て、
ちょうどあの同僚の若手営業マンのように
思える、観客に思わせる力がないと!

それが松岡茉優にはあるんだよ!

だから、営業マンの彼の目線は、観客の
松岡茉優を見る目線とおんなじなんだと思う。

この映画の成功は、松岡茉優なんだけど、
その周りの描写。
つまり、松岡茉優の見た世界、見ていた人物たちの描写も実に上手い!

彼女の心象に映る人物と実際の人物とのギャップには、ちょっと涙出たし、

あの「イチくん」の描き方が、サイコーに
上手だったよ!

憧れとしての気品とその表面的な部分→彼女の思いとしての意味も含めて

それが彼女の数少ない趣味である「絶滅して動物」とうまくリンクしている構成の妙!

最後に彼女は、自分の意思で、
「かっこよく絶滅」ではなく、
「かっこ悪くても生きている」種を選んだんだよね。

松岡茉優が普通じゃない対比の石橋杏奈の同僚も可愛かった!
み

みの感想・評価

3.7
女子校出身こじらせ仲良し友達と3人でノリで観たのがすごい良かった
シ

シの感想・評価

4.6
主人公の気持ち悪いオタク感がリアルで、同類として見ててしんどくて応援してしまう。共感しかない
もっと気兼ねなく笑えるギャグ要素たっぷりのやつかな思たけど、終盤ホラーでやべーやつやんで終わった。
いやなんか分からんでもないけど、そこはもー良くないかと思ってしまう場面が多く感じてしまった、、
horry

horryの感想・評価

4.0
面白かった。声出して笑っちゃったシーンも何度か。

この女の子の描き方は、これから増えるだろうなあ。『フランシス・ハ』系というか。
台詞メインのキャラ説明が結構長いのが(『フランシス・ハ』も長かった)、面白さは分かるだけど、ちょっとしんどい。もうちょっと演技で見たいかな。
あと、アパートのあのリアルな感じと、おしゃれでお金かかってる服装とのバランスは気になった。

とにかく松岡茉優が素晴らしかった。渡辺大知も良かった。あのバカさ加減はバンドマンっぽいなーと思ってたら、本当にそうで驚いた。
seven

sevenの感想・評価

4.0
最後の二の言葉がいちいちぐさっときて痛かった。
自意識しんどいー。しんどいよー。

オカリナさんみたいなご近所さんが欲しい。
sugazo

sugazoの感想・評価

3.7
色々こじらせてる女子が主役のお話。登場人物もクセ強い人多め。

松岡茉優はそこまで好きな女優ではなかったけど、中盤以降、こういう考え方をする女の子を好きになったらどういう風にアプローチするのが良いか、ということばかり考えていて、何気にハマってしまったのか…
勝手にふるえてろ
だれが、だれに、どういう状況で、どういう理由で発せられる言葉なのか。
一歩を踏み出せない自分に対しての勝手にふるえてろ だったのかと。

自分も主人公ヨシカと同じく、あれこれ考えすぎるし、拗らせてる(とよく言われる)タイプなので共感する部分も多々あり。
そのヨシカを演じきった松岡茉優、素晴らしかった。
変な趣味に没頭する表情、会話のテンポ、言葉遣いなどヲタ全開。
ふぁっくふぁっくふぁっくふぁっくふぁっk…!!!

それと、渡辺大知のあの無神経でウザいけど憎めない感じね。
「ヨシカのこと分からないことだらけ。だから好き。」
って言葉も染みる・・・

【自分に似ている人、自分とは違う人。どちらが好きなのか】
自分はどうかなあ。
似ている人は一緒にいて楽だし落ち着く、
違う人は新たな発見があってワクワクする。

これに付随して、人を好きになる瞬間もいろんな人の意見を聞きたいなあと思う。



最後の言い合い~エンディングまでのシーンは1つ1つが印象的だった。

✔初めて真正面から言い合えたこと
✔自分の領域に相手が入ることを許した瞬間に溢れ出す感情。
✔赤い付箋が落ちて、染みていくシーン。


「1は消去。2は保存。2は保存です。」「2…」
からの二へ電話。まさかの着信拒否。
ふぁーーーっっっっっっっく!!!
も好きなシーン。
yokodonn

yokodonnの感想・評価

3.7
何とも言えないキャラの演技上手いですね


2の役の人も
すんごい絶妙にムカつく男役上手いww

笑いありでなかなか良かったです!

ちょっと長く感じましたが。。
>|