勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

ヒロインとレビューの高さに惹かれて観てみた。原作も読んだことがあったので、ストーリーの想像はついていたが、主人公のイタい感じは、自分にも照らし合わせて、目をそむけたくなるような感じ。二の人間ってそんなものだろというセリフに救われた。
松岡茉優の記念すべき初主演ですね

満を持しての初主演か
この若さで貫禄さえ感じる
この作品を見る前に『万引家族』の堂々とした芝居を見ているからか
この原作の世界観を監督の創意工夫と共に
脳内恋愛という表現の難しさをしっかりと
表現していた アンモナイトを登場させ
台詞で語らせるのでなく 唄わせる手法が
説明的でなく 滑稽だけど すんなりと心情を受け止めている私がいた
頭でっかちで 経験の乏しさから なかなか
行動に移せない ジレンマ 脳内なら幾らでも会話できる この脳内妄想は 夜眠りに着くまでのパラダイスなのは 経験済み
故に 現実の厳しさを味わう下りでは 彼女の絶望感がより身に沁みて辛かった
明るくもあり 情けなくもあり 愛しくもある 松岡茉優 あっぱれである

他の方の感想にもあった 実は私も 『視野見』がツボ 百年前に私が学生だった頃 似たような経験をしていた 同じ痛い思いが幾つか重なるそのお陰で懐かしい記憶を呼び覚まされたのは言うまでもない
コミカルな演出とは裏腹に
妙な現実味と孤独さが
際立って感じた。
西野カナに見てほしい。
yayaya

yayayaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


ワードセンスが素敵な邦画、
「勝手にふるえてろ」
「セトウツミ」
「花とアリス」
かな…、もっとあった気もするけどなぁ

「勝手にふるえてろ」って、どういう意味なんやろ

妄想との決別かなぁ
ringo

ringoの感想・評価

4.0
めっちゃ良かったのになんで良かったかこんなに説明できんことない。コメディよし、恋愛よし、話の流れよしなのは当然やねんけど、プラスアルファで謎の加点分がある。笑
綿矢りさ100点!
松岡茉優200点!!
黒猫チェルシーとかいう糞-5万点!!!

でもしょうがないから、4.9です。
(同じ現象は石原さとみと峯田にも見られます)
拗らせすぎて、無理でした、、
評価がすごく高くて期待しすぎたのかも

二の中二病すぎるところが、無理。
クルミみたいな女も、無理。

唯一共感できたのは、いいことがあったとき、みんなに手を振りたくなるくらいテンションが上がったところ。
sary

saryの感想・評価

4.6
拗らせてるなー!!!って感じがもうたまらなく最高
松岡茉優ちゃんの良さが溢れてて。可愛くて。
にやにや、声出して笑っちゃった
こういう映画、大好物。
shiho

shihoの感想・評価

4.0
原作も好きだけどそれを超えてくる映画。
終始ぶっ飛んでて最後感動。
松岡茉優ハマりすぎ素晴らしい!
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

3.9
平均評価が高評価だったのと、松岡茉優ちゃん目当てで鑑賞。
細かいところがどうのというより、展開にスピード感があって最後まで楽しめました。
>|