勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

mcha

mchaの感想・評価

4.0
原作未読、綿矢りさ作品は暫く読んでいない上に
あまり好みではなく良さがわからないのだが
今作は面白かったと思う。松岡茉優だからこそ
鑑賞しようと思えた。配役がとても良い。
松岡茉優の演技あってこその面白さだった。

二が気持ち悪くて気持ち悪くて…(笑)
ああもうこういうの無理無理って思いながらも
最終的に変化していくのは共感できる人も多いこではないかと思う。
片桐はいりのオカリナも良い。
どのキャラクターも最高に合ってると思った。

最後に結ばれるのって結局そう。
そういうところ、弱いんだよなあ、女って(笑)
aoi

aoiの感想・評価

3.8

想像以上に面白かった
松岡茉優ちゃんのこじらせ具合がキュート
ほしな

ほしなの感想・評価

4.0
西野カナのアンサーではなくはないのかな〜?って思った、

名前って呪いみたいだなと

処女が好きな男にろくなやつ居ないとか、
好きなんだから受け入れてってワザと傲慢に言いたい放題なっちゃうの良くないね←


黒猫チェルシーの渡辺さん好きだったから、私にとってキュンでしかなかった…
松岡ちゃんの演技にのめりこんだ

最初は二がキモいなって思ってたんだけどだんだんよく見えてくるのはヨシカが変わっていったからなの⁇

最後こんなふうに面と向かって言い合えてたらねとふと思い出したよ
たじま

たじまの感想・評価

3.2
共感性羞恥持ちなので鑑賞中めっちゃ恥ずかしかった5回くらいに分けて観た
やっと見た。ところどころのシークエンスに仕掛けられるハッとさせる視点の転換が見事。東京の景色のショットや最後の締まり方も最高。面白かった。
hicari

hicariの感想・評価

4.8
こんな私じゃ種は残せないよな。
弱いものは死ぬ。
進化しなかったらくたばる。
これが地球。
バンザイ\(^-^)/
でもさ〜、生きるの下手すぎて
絶滅しちゃった生き物とか可愛すぎ。
愛しすぎない?
だから私は…アンモナイトでいいし
アンモナイトがいい…
化石になりたい…
こんな考えは子供なんだろうか。
(他の方の素敵なレビューを見て思った。)

ヨシカは生きる道を選んだのかな〜
えらいなあ。
こじらせてるのって楽だから🥺💓
人は誰しも脳内でヨシカと二とイチ、全員と同居して生きている。松岡茉優が痛烈キュートにその内なる主人公を演じてくれることで、観ている私たちをその時だけちょっと無敵にしてくれたのだと思った。この映画の感想を書くにあたって、どういう映画だったという完全なる第三者目線というより、もう完全に私ならという主線で話したくさせるので監督があっぱれ。

主役が二人いる。もう一人は完璧に二。冒頭でヨシカが言っていた言葉、あれが異常巻きオタ女の理想戯言の全てで私もいまだにそんなこと言いそうになるよ。それでも私は自分と同じ趣味を共有して絶滅した動物に二人想いを馳せて同じ所でで笑い泣き特別を共有していきたい…と。絶妙にスカしてて恥ずかしくて、バカバカしくて、二を異性として好きにはならないんですよ。と、一昔前なら思ってたけど今はちげえ。生き物は進化すっから。

二がヨシカに玄関先で言っていたこと、ああやって自分を諭して生活できたら情緒なんて安定しっぱなしだし、加工アプリで撮った自分の顔面ネットに上げ続けられるよね。いやそんなことしなくなるよね十分幸せだよね道草のタンポポ食ってやろうか。剥き出しの心を世に放つことなんて出来なくて、ジャンヌダルクになれないと分かっていても普通が出来なくてなりたくなくて誰かにいつもちょっとだけ憧れ続けている。そんなことわかってんだよ!とアンモナイトで頭カチ割りたくなるけど、でも、それを他者から言われたヨシカはああして救われたわけだ。全部剥き出しで相手にしなだれるのは間違ってる、もう少し早くこの例えの言葉を知っていたら良かったと思いました。

あの高いヒールで駆け出す恋は終わって、次はその靴下で地面蹴っ飛ばしてこう。
kiku

kikuの感想・評価

5.0
なんだこれ、意味わかんない。

分からないから、好き。

そういうもんだーーー
まだ愛してはいない!好きのレベルだ!のセリフがまじでツボ(笑)一回言われてみたい(笑)ニは、最初アプローチの仕方とか下手すぎてあ~こういう人無理〜ってなってたけど、見ていくうちに一周回って好きになった(笑)最後のシーンは必見です
これが綿矢りさの原作だったのか。本を読みたくなった。
肝心の作品は、松岡茉優の演技力が素晴らしく、主人公の能天気な妄想女子な所を好演していた。相手役の渡辺大知のストーカー的なうざい演技も本人がああなんじゃないかと思わせる出来であった。
前半のテンポ良いコメディ色強めの演出に対しての後半はヨシカの拗らせ具合が酷くなり自己中の被害者意識丸出しな感じの閉口感が中々濃いコントラストになっている演出が好きだ。
主人公が拗らせ惚れられた男の一言で大人に成長していくストーリー。
大九明子監督作品は初めての鑑賞となるが新作を見るのが楽しみな監督となったね。
>|