勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

松岡茉優をこれ以上なく魅力的に映し出してる。
役柄もどこか本人を思わせる、松岡茉優のPVとして最高の出来だ!!異論は受け付けない!!
じゅ

じゅの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ぐはぁってなる
一くんとの展開に期待してしまった
二が生理的に受け付けなかったけど
イチカはそーでもなかったみたいで途中からついてけなくなった、
ゴミ回収するおばさんとのやりとりがなんだか現実ってこんなもんだよなあて感じだった
初めは全くついていけなかったけど、三角関係から面白くなってきた。世界は自分を中心に回ってると思ってる主人公。でもみんなそうだよね。好きな人も自分と同じ物が好きでいてほしい。でも本当は、好きなものが違ってもそれを理解してあげるのが愛してるってことかな。
みさま

みさまの感想・評価

3.7
松岡茉優が素晴らしい。役がすごくあっていました。
妄想、そして暴走。ラストはそれはまあ震えました。(いろんな意味で)
みーや

みーやの感想・評価

4.0
なかなかクセの話でしたが!
ラブコメですごく面白かったです!
自分を見つめ直そうと思いました
(小並感)
tomi

tomiの感想・評価

3.5
主人公のこじらせ具合が凄いなと思いつつも、妄想では可愛い女の子と仲が良かったりみんなの王子が振り向いてくれたり、それでも現実では私なんて...と思ってしまうその暗さには共感でしかない。
本音をぶつけあえるって最高だな。
体当たりな松岡茉優の演技も良かった。
ぬる

ぬるの感想・評価

-
やっぱり裏切らない東京国際映画祭観客賞。
とりあえず観た後に松岡美優の喋り方真似したくなるし
こじらせたくなる。
性格分かれそうだけど私は結末悔しかった。
まだまだ夢は見ていたいんだなあ
kumako

kumakoの感想・評価

3.7
こじらせ女子の素敵な話。
奇声あげたりボロボロになるシーンで、どこか魅力がある松岡茉優は、安藤サクラの演技のような一面があると思った。
人生は失敗や回り道の連続で、泣いて笑って過ぎて行くものだなあ。
拗らせてる女子の話だった。自意識って増幅しやすいし怖いなって思った。それに結構、分かるなぁって部分も多かった。他人の気持ちに触れる生き方の楽しさが分かったと思う。思っていた感じと違って、メッセージ性が強い一作だった。
松岡茉優の演技が上手すぎた。
tatu

tatuの感想・評価

3.0
かなり以前に綿矢りさの小説を読んでいた。ストーリー的には小説を上手くまとめている。綿矢りさの他の小説にもみられるように、かなり変わったオタク系の女子の内面を表している。前半で語りかけていた周りの人たちが実はそうではなかったというところの表現が小説にはない深いものがあった。
>|