メゾン・ド・ヒミコの作品情報・感想・評価

「メゾン・ド・ヒミコ」に投稿された感想・評価

pico

picoの感想・評価

3.3
「触りたいとこがない」って台詞が胸に刺さる。
yuta

yutaの感想・評価

4.0
幼い頃縁を切った父親が、末期の病気に侵されていると知るサオリ。そして父親の恋人であると言う青年から、父親が作ったゲイの為の老人ホーム、メゾン・ド・ヒミコの手伝いに来て欲しいと頼まれる。
良い映画でした。ただやっぱり共感はどうにも難しくて、複雑な性の問題について考えながらも、登場人物の心情を想像して、心がギュッと締め付けられるシーンが多かった。ゲイである事を公にして生きていくのは、やっぱり今の日本じゃどうしてもマイノリティになっちゃうし難しいんだろうな。色んな方法はあるにしても。心と身体のギャップというか、求めるものの違いがあって、そこに本人も周りの人もやり切れない思いがあって。隠す為の嘘に傷付けられる人もいるわけで。複雑でした。色々考えちゃったなあ。でも雰囲気は全然重くないです。ふんわりと、シュールで優しい感じ。
後はめちゃくそイケメンのオダギリジョーと、ずっとしかめっ面の柴咲コウ。
N0SE

N0SEの感想・評価

2.0
ルビーの急激な減衰に気が滅入る。
世界観が自分が見たことないものだったが、男女の難しいところを見やすいものにしていた気がする
とり

とりの感想・評価

3.0
ピキピキピッキー

オダギリジョーは女子の理想を投影されたような王子様的で、柴咲コウはぷんすか不機嫌そう
ゆかこ

ゆかこの感想・評価

4.1
西島さんの映画全制覇への道。
・・・・・・・・のはずが、というかそれは別に嘘でも間違いでも何でもないんやけども、なんせ、なんせ、この映画観始めてすぐにもうオダギリジョーがびっくりするほどかっこよすぎまくりでもうそれはそれは。びっくりした。オダギリジョーが映ってるあいだすべてがかっこよかった。1秒たりともかっこよくないオダギリジョーというか春彦がこの映画の中にはいなかった。なんせやばかった。見た目はなんか昔の少女漫画に出てくるイケメンみたいな。はあ。

それはそれとして。良い映画だった。数本ぶりに良い映画観られて幸せやった。
でもなんとも言えないというか感想は上手く言えない。

ずば!てわかりやすいこととかは全然無かってんけどそれが良かった。なんかなんか泣いちゃうサオリがとても良かった。
ゲイとかホモとかの言葉遣いとかも曖昧な感じなんかなって思ってたけど、それも敢えてああしてたんかなあ。
14年前にこの映画を作ったってことについてもう少し理解できたい私。「語弊を恐れずに言うと」かもしれへんけど私の価値観は何も変わらなかったし、価値観を変えようとするほどの映画じゃない(そういうふうに作った映画じゃない)と思ったけど、当時はそうでもなかったりしたんだろうか。

柴咲コウがちゃんとあんまりかわいくない女のコになっててすごかった。あんな綺麗な人やのに。

こまぎれで観ちゃって残念やった。またいつかもっかい観たい。
スズキ

スズキの感想・評価

3.4
オダギリジョー
優しさや愛がある場所。
何かが得られるそんな場所。
メゾン・ド・ヒミコ
何だか存在だけで支えられるっていいな。
オダギリジョー、俳優さんとしてすごく好きなんだけど、もうビジュアルでやられてしまった。
何なんだあの魅力、美しさ、表情、見て良かった。
miu

miuの感想・評価

4.0
いいじゃんこれー。
オダギリジョールックススコアに4.0
柴咲コウのノーメイクもかわいい
a

aの感想・評価

3.3
オダジョー史上1番かっけくて無理
惚れた
>|