さめむね

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のさめむねのネタバレレビュー・内容・結末

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「報道の自由を守るのは報道しかない」めちゃめちゃかっこよかったです。

メリル・ストリープ演じるグラハムさん
が報道することを決断するシーンは圧巻だった。歴史的に決断することを知っているとはいえ、彼女の板挟みの立場や苦悩をみると報道することだけが正解とは言えなくなり、どちらをどう決断するのかハラハラとした。
女性がこの決断をした、というのも歴史的に大きな出来事のひとつだと思う。当時の女性の立場の弱さも描かれているので、ジェンダー的にも関心がわいた。