レク

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のレクのレビュー・感想・評価

4.0
政府による隠蔽工作、その圧力に屈せず報道の自由の元、真実を公表する。
女性の社会的地位、フェミニズムを軸に一人の女性の勇気ある決断が米国のみならず世界の歴史を変えた。
この手の映画を撮らせたらやばすぎるスピルバーグの手腕を見せつけられた傑作。

淡々と進行する中で描かれる緊迫感の緩急のバランスが秀逸。
静寂の中にも感じる熱量と役者陣のひとつひとつの所作や細かな演出、スムーズな展開、そして不可視なものを可視化することの意味を問い、胸を打つ。
今こそ、今だからこそ、過去から学ぶことの大切さを知る時ではないだろうか。