りんとん

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書のりんとんのレビュー・感想・評価

3.5
自らの利益を守るために、嘘や欺瞞で多くのものを騙すやつらを暴く…こういうストーリー大好きだ。

前知識がないと、最初の方はてなマークが頭の中を飛び交いますが、大方つかめればオッケー!

女性の社会進出がまだ舐められていた頃、経験も浅いのに良く飛び込んでいかれたなぁ…尊敬です。
45歳まで仕事したことがなかったなんて。
周りには手厚いサポートがいたとはいえ、メンタルがタフでなければやっていけないですよね。

控えめで上品な雰囲気を、メリル・ストリープが美しく演じていましたね…!
男にも負けない勇ましさ!っていう感じじゃなくて、まだ男社会の中で経営者として戦うことへの戸惑いも感じられて。
ドアをガチャって開けた後の、男性たちからの視線…私なら怯えきってしまうわ。
演技力すごいな。

トム・ハンクスは、どんな映画の主演をしても、トム!っていう感じではなくて、役を演じ切りますよね…(伝わるかな…)

新聞の印刷の仕方とか、まだパソコンやインターネットが普及していないとこんな感じなのかー
イエッサー!ってかっこよかった。

ラスト、あの静かなシーンだけで、政権の愚かな行動を知らせてくれる。面白い!