ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

FT

FTの感想・評価

4.2
女社長のセリフアツかったなー、もはやイケメンにしか見えない🤣

ストーリーは、ベトナム戦争においてアメリカが予め敗北するであろうことが書かれた機密文書を新聞社関係の人間が入手する。それをスクープする事でその出版社の注目度があがりアメリカ政府の汚職も暴けるが、当然のことながら政府からその新聞社に圧力がかかる。暗い部分には目を伏せ、会社を存続させるか、それとも会社を倒産させるリスクを背負ってでも正義を貫くか。果たして出版社の社長はどちらを選択するのか…

結構前に見たのに、レビューを読んでるとまあまあ覚えてる。やっぱりおもろかったんだなー🤔。この映画を見てるとき、自分ならどうするかなあと思いながら見てて、リスクを背負うのが自分1人ならまだ正義を貫こうと思うけど、その選択により何百人の人が路頭に迷うかもしれないと思うとやっぱり難しいなと思ってた😣。そういう究極の状況になってくると、やっぱりの自分の中にある芯みたいなものがその決断に大きく作用するから、いい芯をつくっていこーっと😙
あず

あずの感想・評価

3.9
2018年公開作36作目

さすがのクォリティだったけどこのメンツで作品作ったらこのくらいにはなるだろうなって感じ

シンプルでわかりやすい作品。
はる

はるの感想・評価

3.3
もう少し盛り上がりたかった気がする。
トムハンクスの顔が見切れてるのが多いのはわざとなのかなぁ?
see1680

see1680の感想・評価

3.6
妻)メリル、オーバーな演技らしい演技。
Sentokun

Sentokunの感想・評価

3.5
内容はさておき、映画としては個人的にはそこそこ。

仕事に対するモチベーション、パッションは強く感銘を受けた。

明日から仕事頑張ろう!
スティーブン・スピルバーグの新作と聞いて、速攻映画館行った。
新聞社の報道についての物語。
「報道の自由は、報道することでしか守れない」ってのがなー。いいよね。
アメリカの時代背景知ってから観ないと、訳わかんないと思う。世界史好きでよかった。
まい

まいの感想・評価

3.9
正直内容は難しくて調べながら見たりもうアメリカ的には周知の事実なんだろうけど私は知らなかった事もあったけど、さすがスピルバーグはスピード感や音楽で、俳優さんたちの素晴らしい演技ですごく引き込まれた!SF作品もいいけどやっぱスピルバーグの社会派ムービーもよくできてるなって感じた作品!
2018.10.15…(91)
speedmania

speedmaniaの感想・評価

4.0
ハラハラ感とドキドキ感がいい感じで持続して見ることができる作品でした。日本のマスコミもこの映画から見習うところ 多いハズ。
同じような話を 邦画の「クライマーズ・ハイ」で感じたことがあるなぁと思いました。(スクープ主義と正義・信念の間で動く記者の話)

自分自身を見直すきっかけとして大切にしたい作品ですね。
>|