ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

飛行機の中で。
事業承継マターの見方をね、タイミング的に。
報道の自由のために、どう行動すべきか。知る権利をいかに守るか。ワシントンポストにこういった歴史があったんですね。
cindy

cindyの感想・評価

2.4
研修中に。言うべきことを言うジャーナリストになりたい
OT

OTの感想・評価

4.5
ウォーターゲート事件が起こる直前の話
ニクソン政権下において、ベトナム戦争は意味がないことを示す客観的な文書が作成されたが、存在すら国民から隠匿された

政府の弾圧に屈せず報道したジャーナリズム精神は時代を超えて讃えられるべきで、"ポスト"一社のみならず競合他社と連帯し立ち向かった歴史があるからこそアメリカ新聞社は強い影響力を持っていることが伺える

翻って今の日本はどうだろう
この作品が遠いアメリカの過去の話だと引いた目で見ることができないのは僕だけだろうか
メディアを考える上でとても良い!
き

きの感想・評価

4.8
08.12。2018
どうしても見たくて急遽見に行くことに!!!
メリル ストリープとトム ハンクスの演技の掛け合いがとても良い!トム ハンクスが情熱を持って仕事する記者を熱演している。
たった1つの新聞社が、記者の威厳と限定か誇りをかけ、報道の自由を貫いていく実話を映画化した作品。社会背景を見る前にもっと調べておけばよかったと思った。
misa

misaの感想・評価

3.0
敏腕女社長を想像してたけど違った。あと登場人物たちの立ち位置が最初分からなくて困った…観る前に想像膨らませすぎたのもあるけど…
ベン(名前うろ覚え)の奥さん(マーサさん)の言葉が好き。
>|